5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ラブライブ!】星空凛ちゃんかわいい [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/12(金) 17:19:52.30 ID:UI/tjSG60
まじえんじぇー

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/13(土) 09:30:58.80 ID:ZuSZcXCVO
凛ちゃんが一番かわいいですっ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/14(日) 00:16:13.92 ID:8inaNWcv0
星空にゃ!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。(愛知県):2016/02/15(月) 03:51:49.42 ID:tO75T8b60
誘導【注意!IP強制表示です】
【ラブライブ!】星空凛はドームでも大活躍にゃ!可愛い>ω</47 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1455474728/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/18(木) 07:39:11.70 ID:0m4yUq8HO
花陽(…凛ちゃん)

凛(かよちん…遠慮はいらないにゃ!)ブンブン

真姫(凛は打ち気満々ね。初球で打ち取りましょう)スッ

花陽「…」フルフル

真姫(ヴェぇ…まさかストレートで勝負するつもりじゃないでしょうね?)スッ

花陽「…」コク

真姫(はぁ…まったく。どうなっても知らないわよ!)

花陽(凛ちゃんと敵味方に分かれて最初の対決…その初球は私の渾身の一球でって…決めてたの!)ビュン

凛(かよちんならそう来るって…凛知ってるよ!)ブン

カーン

花陽「ああっ!?」

真姫「もう!だから初球は変化球にしようってサイン出したのに!」

凛「やったにゃー!」

モブ眼鏡(放送部)「なんという幕開け!プレーボールの声の直後に快音が響き渡りました!まさか、まさかの開幕初回先頭打者初球ホームラン!先制点はわずか一球で、星空凛のフルスイングによって満員のスタンドへと運ばれましたっ!今ゆっくりとホームイン!」

凛「っていう夢!」

花陽「そ、そうなんだ…」

真姫「なんでそんなことになってるのよ…」

凛「凛がドームで大活躍!って書いてあったから…」

花陽「アハハ…確かに凛ちゃんなら野球でも大活躍しそうだね」

凛「かよちんとライバルになって、数々の名勝負を繰り広げるんだー♪」

真姫「花陽がいつも打たれるイメージしかわかないけど…」カミノケクルクル

凛「そんなことないにゃ。かよちんは凛の弱点だって誰よりもよく知ってるもんねー?」

花陽「そ、そうかなぁ?…えへへ」

真姫「はいはい。…まったく、朝から惚気てるんじゃないわよ」

凛「かよちーん♪」ギュー

花陽「り、凛ちゃん…やめてよぉ///」

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/21(日) 07:01:11.48 ID:8gMgl49JO
凛「ドームといえば、1997年の2月20日に大阪ドームが完成したんだって」

花陽「へえ…そうなんだ」

真姫「ふーん…」カミノケクルクル

まきりんぱな「…」

凛「って、なんで二人とも興味なさそうなの!><」

花陽「えーと…大阪ってあんまり行ったことないし…」

真姫「近くにある東京ドームでさえ滅多に行かないのに、大阪ドームなんて知らないわよ」

凛「そういえば凛も全然知らないにゃ…大阪のことを知ってそうな人は…」

希「えっ。大阪ドーム?」

凛「うん。希ちゃんなら関西のこと詳しいんじゃないかにゃーって」

希「いや、そう言われても…ウチは別に関西人やないし…」

凛「…」ジーッ

希(ううっ…期待されとるなぁ…なんか適当に話してあげなアカンかな?)

希「えーと…プロ野球の公式戦があるんよ。オリックスや阪神がホームとして使うん」

凛「そっかぁ!希ちゃんはどっちを応援してるのー?」

希「いやぁ、ウチは関西人やないし…ヤクルトと巨人くらいしか…」

海未「なるほど。ビジター側の応援というわけですか」

希「う、うん。まあね」

凛「希ちゃんは占いもできるし、きっと見に行った試合は全部勝っちゃうんだよねー?」

希「えっ…そ、そやね(試合の結果なんて占ったことないけど)」

海未「何言ってるんですか。先に結果がわかっていたらスポーツの楽しみが半減してしまいますよ」

凛「そうなのー?><」

希「あっ、そうそう。占うのは簡単だけど、あえて占わないっていうか…」

凛「ふーん。そうなんだ…」

海未「でも開幕前に予想するのは定番ですよね。希の直感では、今年はどこが優勝しそうですか?」

希「えっ。優勝は…えーと…オリックスかな?」

凛「オリックスって強いのー?」

海未「たびたび優勝“候補”と言われながら結局いつも優勝できないんですけどね…希が言うなら今年は期待してもいいんじゃないでしょうか」

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/21(日) 07:02:03.72 ID:8gMgl49JO
凛「希ちゃんのスピリチュアルパワーでオリックスが優勝するんだね!」

希「いやぁ、そこまでは…」

海未「開幕が楽しみですね」

凛「その前に凛たちもラブライブ優勝するにゃ!」

希「あ…そやね。頑張ろ」

凛「希ちゃんたちは卒業しちゃうんだよね…」

海未「凛…それは仕方ないですよ」

凛「卒業しちゃっても…凛たちと遊んでくれる?」ウルウル

希「凛ちゃん…よし、今年はみんなで大阪へ行こっか!」

凛「ほんと!?」

海未「いいんですか?希…」

希「うん。みんなにも話して、いろいろ相談しよ」

凛「わー!楽しみ♪関西に強い希ちゃんがいれば安心だよねー?」

希(…いや、ホンマはほとんど何も知らんけど…今のうちに予習しとこ)

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/22(月) 05:59:41.83 ID:kDnzhAkFO
凛「ねえねえ真姫ちゃん!今日は何の日だか知ってるー?」

真姫「当たり前でしょ。こんな大事な日を忘れるわけないじゃない」

凛「さっすが真姫ちゃん!…そう、今日はn」
真姫「ガリレオ・ガリレイ著『二つの宇宙体系すなわちプトレマイオスとコペルニクス説に関する対話』が1632年に刊行された日よね」

凛「が、ガリレオ…?」

真姫「そうよ。天動説と地動説をあくまで仮説の一つとしてその根拠を」
凛「ちょっと待って、待って!…何の話をしてるにゃ?」

真姫「天文学に決まってるじゃない。ガリレオは物理学者であると同時に天文学の研究にも深く関わり、生涯を懸けて多大な功績を残したのよ!」

凛「えーと…真姫ちゃんはお医者さんになるんじゃなかったかにゃ?」

真姫「そうだけど…個人的な趣味で天体観測もするから」

凛「へー。真姫ちゃんにそんな趣味があったなんて…」

『頑張って流れ星を探すよー!』

真姫(…正直、そんな余裕なくて忘れかけてたけど…穂乃果と温泉に入って思い出したって感じね)

凛「ガリレオはわかったけど…今日は猫の日だよ!><」

真姫「あぁ…そういえば言ってたわね。この間」

凛「物理学者や天文学者じゃなくて、真姫ちゃんは宇宙一のお医者さんになってくれなきゃ!」

真姫「宇宙?」

凛「そしたら凛の猫アレルギーも治してくれるよねー?」

真姫「うーん…それはちょっと自信ないけど…」

凛「むーっ…」

真姫「いや、わかったわよ。努力するわ」ナデナデ

凛「約束だよっ!」

真姫(やれやれ…頑張らないとね。凛のためにも)

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/23(火) 05:08:34.25 ID:BBQll4oTO
凛「猫の日も終わっちゃったにゃぁ…」

穂乃果「ふっふっふ…そう、今日からは犬が天下を取る時代の幕開けだよっ!」

凛「何言ってるにゃ。犬の日はワンワンワンの1月11日でしょー?今日は犬とは全然関係ないよ!」

穂乃果「フッ、甘いな凛ちゃん…今日が何の日だか知らないの?」

凛「知ってるよ。今日は火曜日!かよちんの日」

穂乃果「いや、そういうことじゃなくて…今日は日本で一番有名と言っても過言ではない、あの犬と深い関係がある日なんだよ」

凛「日本で一番有名な犬?…ソースのブルドッグ?」

穂乃果「そ、それも確かに有名だけど…違うよ。今日は北大路欣也さんの誕生日なんだよっ」

凛「きたおーじ?」

穂乃果「ほら、ソフトバンクのお父さん」

凛「あー!あのCMの白い犬!?」

穂乃果「…の、声の人のほうだけどね」

凛「声の人?」

穂乃果「いや、そこはあんまり深く追及しないでおくけど」

凛「ふーん…まあ、あの犬は可愛いけど…だからって凛は犬派になったりしないもんね!」

穂乃果「でも凛ちゃん、猫アレルギーなんでしょ?…猫より犬好きになったほうが幸せだと思うけど」

凛「猫がダメでも、だから犬っていうのは話が別でしょー?穂乃果ちゃんだってアイドルやめても結局ほかにやることなかったじゃん!」

穂乃果「うぐっ…そんな古傷をえぐるようなことを…」

凛「あ…ごめんにゃ」

穂乃果「いや、まあ…あれは私が悪かったんだけどさ」シクシク

凛「えっと…凛には穂乃果ちゃんがいればいいよ。犬より可愛いもん♪」ナデナデ

穂乃果「…それ、ほめてる?」

凛「ほめてるよー」

穂乃果「んー。じゃあ猫よりは?」

凛「さーてと…ラーメンでも食べに行くにゃー」

穂乃果「ちょっと!凛ちゃーん!」プンプン

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 01:41:42.10 ID:UXz6Tft5O
穂乃果「え…? わ、私!?」

凛「うん♪穂乃果ちゃん。凛のお嫁さんになってくれる?」

穂乃果「凛ちゃん…嬉しいけど、私はネズミだし…猫の凛ちゃんと一緒に暮らすなんて…」

凛「大好きなの!絶対大事にするから…お願い!穂乃果ちゃん」ギュ

穂乃果「ホントに…私でいいの?」フルフル

凛「もちろんだよ!じゃあ、決まりね♪」チュ

穂乃果「うん…嬉しい///…えへへ。よろしくね。凛ちゃん♪」

穂乃果(凛ちゃんと一緒に暮らして、家事は基本的に私がやることになったよ)

凛「冬の間は食べ物を探すのが大変だから、今のうちに蓄えておくにゃ」

穂乃果「そうだね。じゃあパンを」
凛「ラーメン!」

穂乃果「えっ…でも凛ちゃんは猫」
凛「パンは長持ちしないでしょー?安くていっぱい入ってる袋めんを買っておこうよ」

穂乃果「そっかぁ…そうだね」

穂乃果「袋めんを買ったけど…どこに置いておけばいいかなぁ?」

凛「部室がいいにゃ」

穂乃果「え!?…でも部室にあったら誰かが食べちゃうんじゃ…」

凛「大丈夫にゃ!」ピョーン

凛「ほら、物置みたいになってるところがあるでしょ?あの奥にしまっておけば誰にも見つからないよ♪」

穂乃果「なるほど。確かにそうかもね」

パタン

凛「これでよし…っと。…さ、帰ろう穂乃果ちゃん♪」ギュ

穂乃果「うん」

穂乃果(寒くなってきたけど、凛ちゃんは猫だからとってもあったかい…幸せ♪)

(11月)

凛(ちょっと寒いにゃー。ラーメンが食べたい気分…)

凛(冬のために買っておいたラーメン…こっそり食べちゃおっかにゃー)

穂乃果「凛ちゃん?…どこ行くの?」

凛「えっ。えーと…ちょっと先輩に会ってくるにゃ」

穂乃果「音ノ木坂へ行くの? 私も行きたいな♪」

凛「穂乃果ちゃんには留守番をお願いしたいにゃ。家事とかあるでしょー?」

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 01:49:22.71 ID:UXz6Tft5O
穂乃果「そっか…わかった。行ってらっしゃい、凛ちゃん」

凛「行ってきます…なるべく早く帰るからね」チュ

穂乃果「うん///」

凛(音ノ木坂へ行く口実もできたし…こっそり部室に行ってラーメン食べるにゃ)

凛「おいしい♪(もう一個くらい食べたいにゃ)」ツルツル

凛(つい、二個も食べちゃった…でもまだたくさんあるし)

穂乃果「おかえりなさい凛ちゃん。どうだった?」

凛「えっ。えーと…に、二個」

穂乃果「え?…ああ、にこちゃんに会ったの?」

凛「そ、そうそう。にこちゃん」

凛(バレてないよね?…うん、大丈夫にゃ)

(12月)

凛(はぁー。すっかり寒くなったにゃ…今日もラーメンが食べたい)

穂乃果「凛ちゃん?…また出かけるの?」

凛「うん。サッカー部に助っ人を頼まれちゃったにゃ」

穂乃果「そうなんだ…私も応援に行きたいな♪」

凛「穂乃果ちゃんには留守番をお願いするにゃ。ほら、もうすぐクリスマスだし…いろいろ準備も必要でしょー?」

穂乃果「そっか…わかった。凛ちゃん、ファイトだよっ!」

凛(信じてくれたみたい…穂乃果ちゃんは素直でいい子だにゃ…)

凛「ラーメン、ラーメン♪」ツルツル

凛(今日は三個も食べちゃった…さすがに食べすぎかも)

穂乃果「おかえりなさい凛ちゃん。サッカーどうだった?大活躍したのかな?」

凛「えっと…ハットトリック…」

穂乃果「ほんと!?すごーい!さすが凛ちゃんだねっ♪」

凛(ちょっと心が痛むにゃ…)

(クリスマス)

穂乃果「ねえ、凛ちゃん。そろそろあのラーメン食べてもいいんじゃないかなぁ?」

凛「えっ。…な、何言ってるにゃ。クリスマスはケーキとかチキンでしょー?」

穂乃果「うん…そうだね。私が作ったケーキでいい?」

凛「もちろんだよ♪穂乃果ちゃんの手作りケーキ、楽しみだにゃー♪」

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 01:52:34.76 ID:UXz6Tft5O
穂乃果(ラーメンよりも私の料理かぁ…エヘヘ。嬉しいな♪)

(1月)

凛(うぅ…今日は一段と冷えるにゃ…またラーメン食べたくなっちゃった)

穂乃果「凛ちゃん?…初売りに行くの?」

凛「う、うん。早く行かないと売り切れちゃう福袋があるにゃ」

穂乃果「そっか。じゃあ私も」
凛「だ、ダメっ!」

穂乃果「え?…どうして?」

凛「えっと…福袋を求めて殺気立ってる怖い人がいっぱいいて危険なの!穂乃果ちゃんは家で待ってて」

穂乃果「そ、そうなんだ…わかったよ。でも凛ちゃんも気をつけてね?」

凛「大丈夫にゃ!」ピョーン

凛(さてと…ラーメン、ラーメン♪)

凛「至福のひとときにゃ」ツルツル

凛「もう一個くらい食べても…あれ?」

凛(ど、どうしよう…もう全部食べちゃった)

穂乃果「おかえりなさい凛ちゃん。どうだった?」

凛「…なくなっちゃったにゃ」

穂乃果「え?…福袋売り切れちゃってたの?」

凛「へ?…あ、あー。そうそう、買えなかったにゃ」

穂乃果「そっか…残念だったね」

凛「いやぁ、凛は満足だよ。アハハ(…ラーメン食べたから)」

凛(でも食糧の蓄えがなくなっちゃった…)

(今月)

穂乃果「凛ちゃん。そろそろあのラーメン食べたくない?」

凛「えっ。…い、いや…ほら、バレンタインの残りのチョコとかあるし」

穂乃果「凛ちゃんは猫だからチョコレート食べちゃダメだよ」

凛「うぐっ…そうだったにゃ」

穂乃果「一緒にラーメン食べようよ♪そのために買っておいたんだから」

凛「アハハ…そうだね…(これ以上ごまかせないかも…)」

穂乃果「えーと、確かここに…あれ?」

穂乃果「空っぽになってる…なんで!?…まさか」チラ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/02/25(木) 01:53:59.96 ID:UXz6Tft5O
凛「え?…り、凛は知らないよー?」

穂乃果「凛ちゃん…何度も一人で音ノ木坂に来てたよね?」

『先輩に会ってくるにゃ』

穂乃果「二個…」

凛「」ビクッ

穂乃果「ハットトリック…」

凛「え、えーと…」ヒヤアセ

『なくなっちゃったにゃ』

穂乃果「…あれってラーメンのことだったんだね? 福袋とか言ってたけど」

凛「そ、それ以上言わないで!言ったら穂乃果ちゃんを食べちゃうにゃ!」

穂乃果「何言ってるの。私はネズミだけど、凛ちゃんはネズミなんて食べないでしょ。ラーメンばっかり食べて!一人で全部──」

凛「しゃーっ!」ガバッ

穂乃果「きゃぁー!?」

凛(穂乃果ちゃんを食べちゃった…)

穂乃果「凛ちゃん…///」ギュ

凛(そして…)

穂乃果「…女の子だって」

凛「わあ♪…じゃ、じゃあ名前は…」

穂乃果「凛々果(りりか)。凛ちゃんの凛に、穂乃果の果」

凛「凛々果ちゃん。かぁ…エヘヘ」デレデレ

穂乃果「私と凛ちゃんはいつまでも幸せに暮らしました♪…ってこれ、何の話だっけ?」

凛「なんかの童話だったと思うよ。原作ではネズミが猫に食べられちゃって終わり」

穂乃果「えぇ…ひどい話だなぁ。それに蓄えた食べ物をこっそり食べちゃうのって、どっちかっていうとネズミのほうだよね…」

凛「そうだよねー。凛は穂乃果ちゃんに嘘ついたりしないよ!」

穂乃果「えっと…じゃあ、どこまで本当?」

凛「え?」

穂乃果「あ…ううん。なんでもないよ///」

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/03/19(土) 01:54:57.76 ID:KOvN6OEC0
ほのりんがマグロ
うみりんがハマチ
ことりんがトロ
えりりんがタイ
のぞりんがイクラ
にこりんがシャコ
まきりんがウニ
ぱなりんがシャリ
アリりんがサーモン
ゆきりんがヒラメ

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)