5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第116話 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/02/29(月) 22:32:06.77 0
あたしが出来なかった事

きっと叶えて見せて

115話「見守る ずっと きっと」より

前回のお話はこちら↓
【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第115話
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1455278355/

【用語】@wiki
http://www39.atwiki.jp/resonant/

【過去】第1話〜第20話のログまとめ
http://resonant.web.fc2.com/

【保管1】まとめサイト(仮)※第1話〜第24話の小説は収録完了
http://www45.atwiki.jp/papayaga0226/

【保管2】まとめサイト Ver.2 第25話〜第43話
http://resonanter.blog47.fc2.com/ ※IEで閲覧できない場合は火狐かChromeの導入を推奨
http://www61.atwiki.jp/i914/ IEの方はこちら

【保管3】暫定保管庫(まとめサイト3) 第44話〜最新
http://www35.atwiki.jp/marcher/

【スレのテンプレ・感想・作品のあとがき 他】したらば掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/music/22534/

【上記掲示板のスパム被害を逃れる為の避難所】避難板
http://www3.atchs.jp/resonant/

156 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:12:02.84 0
ボロボロに傷付き、疲れ果てた体を引きずって、辿り着いた先に見つけたもの。
それは、とうに朽ち果てて塵となった主を失って、ここに残されたひと振りの剣だった。
そして、やはり朽ち果てて塵となった主を失って、ここに残されたひとつの帽子だった。
「疲れちゃったね。頑張ったのにね……」
そう、独りごちて、剣と帽子を抱き締めて頬擦りをする。
「待ってて。呼ぶから」

ふわふわと、あてどなく彷徨う。
見えるのは、闇ばかり。
時折きらめいた先に見えるのは、自らが屠った相手の断末魔。
時折耳を掠めて聞こえるのは、断末魔の絶叫、そして呻き声。
いやだ!気が狂いそうだ!見たくない!聞きたくないよ!
そう叫びだしたいのに、声が出ない。
………今はもはや、気が狂って、見えるものや聞こえるものから逃げることすら許されない。


こっちへおいでよ……………


微かにではあるが、突然、異質な声が聞こえる。
(また何か嫌なものを見せられるの?)
気味が悪くなって、声から逃げるように踵を返した。


そっちじゃないよ……………


声が追いかけてくる。
そうか。
そっちがその気なら、“声”を葬ってやればいいんだ。
そうして、この嫌なものを全部消し去ってやればいいんだ!

157 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:12:37.37 0
こっちへおいでよ……………


………あれ?
この声、どっかで聞いたことがある。
優しくて、ふわっと受け止めてくれて、ちょっとだけ微苦笑するけど温かい想いで包み込んでくれて。

吸い寄せられるように、声の方へ進みだした。
……が、漆黒の闇の中、進むべき方向を見失いそうになる。
そもそも、どっちに進んでいっているのか判らなくなってくる。
自分は、こんなにポンコツだったっけ?


こっちへおいでよ……………


キョロキョロと、進む方向を探しているのを見透かされているように、また、声が聞こえる。
照れ隠しにちょっとだけ笑みを浮かべる。
そして、キュッと表情を引き締めて、また、進みだす。
優しい声を見失わないように。その声の主を、なるべく待たせないように。

突然、光が見えてきた。
闇に慣れた目にはあまりにも眩しくて、思わずパチパチと瞬きする。
ようやく目が慣れて、うっすらと涙ぐんで滲んだ視界に映ったものは、懐かしい、あのひとの笑顔。

そういえば、あの笑顔に何度も勇気付けられたんだっけ。
震えてすくむ足を、どうにか進められたんだっけ。
あのときと変わらぬ笑顔に、こっちも自然と笑顔になる。吸い寄せられるように、進んでいく。
魂だけになっても、相変わらずこのひとには惹きつけられるんだな。
そう思いながら進んでいく。そのひとは、変わらぬ笑顔で、両腕を広げた。
「お帰り。りほりほ」
「みっしげさん、ただいま!」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


158 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:13:20.57 0
ふわふわと、あてどなく彷徨う。
自分の周りを包むのは、乳白色の靄。
光では無い。闇でも無い。虚無の空間を包むのは、乳白色の色ばかり。
無論のこと、色彩などある筈も無い。

皮肉なことに、音だけは耳をつんざく。
……心浮き立たせる音など、聞こえはしないのに。
或いは、悲哀。
或いは、嘆き。
或いは、怒り。
或いは、呪詛。
聞きたくも無い音だけが、耳に入ってくる。それも、ありとあらゆる場所から。

もしかしたら、これは今までの“罰”なのかな?
必要だと思ったから使っていたこの能力は、自分には分不相応だったのかな?
それなのに、この能力を使う自分は得意げだったのかな?
……そんな気持ちは持ってなかったつもりだったのに。

こんなことなら、能力なんて使わなきゃ良かった。
こんなことなら、何も聞かなければ良かった。
こんなことなら、いっそ何も聞こえない世界に居れば良かったのかなぁ………?


こっちへおいでよ……………


微かにではあるが、突然、異質な声が聞こえる。
余りの異質さにたじろぐ。ほんの僅か、肌が粟立つ。背筋を貫く寒気が止まらない。
強張って立ち尽くしかけたが気力で何とか動かし、少しだけ、後じさる。

159 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:13:54.17 0
そっちじゃないよ……………


やだ。気味が悪いよ。怖いよ。
今までとは異質過ぎる声じゃん。
こんな声は知らない。こんなに優しくて包み込んでくれるような声は知らな……くなくない??


こっちへおいでよ……………


思い当った瞬間、泣きたくなった。
この声を知ってる。この優しさを知ってる。この温かさを知ってる。
どうしてこの声を“知らない”なんて、“気味が悪い”なんて、思っちゃったんだろ?
あたし、また、この温かさに触れに行っていいの………?

ふらふらと、声の方に向かって進みだした。
だけど、前から聞こえていた“音”の邪気に、進む力が鈍る。
“音”に気を取られて、“声”の方向が判らなくなる。


こっちへおいでよ……………


その度に、“声”が聞こえる。優しい優しい力を伴って。
力が湧いてくる。温かい思いに包まれて安らぎが心に深く深く浸み込んでいく。
突然、色が変わった。
今迄のようなぼんやりした乳白色では無くて、様々な色が彩る優しい世界。
そして、その中央に居るのは、勿論あのひと。そしてもうひとり。
「お帰り、鈴木」
「香音ちゃん、遅ーい!」
「ただいま、道重さん!ごめんね、里保ちゃん!」

160 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:14:23.99 0
ふたりの魂にさゆみが手をかざすと、ふたりの魂は、生前の姿を取った。
「さて……と、ふたり共、今の状況は解ってるよね」
「はい」
「はい勿論です」
さゆみの問いに、里保と香音が競うように声を揃えて答える。
「あんた達が今まであんな世界に居たのは、能力を持ったまま魂が抜けちゃったのが原因、ってこと」
ふたりが頷く。
「だからさ、あんた達の能力を抜いて封印してあげる」
「でもどうやって?」

里保の問いに、さゆみは手に持った分厚くて古い本をかざす。
「これね、魔導書なんだって」
「?」
「これにさ、リッチっていうアンデットを作るページがあってね」
ふたりは眉間にしわを寄せる。さゆみの言うことは、ますます解らない。
「このリッチっていうアンデットはね、モノに魂を封印することで出来るんだって」
「そうなんですか」
「そう。だから、あんた達がもう嫌な世界に行かないように、さゆみが能力を封印してあげる」
「えっ!」
「まぁ、魂じゃ無くて能力だから、暴走しないように封印するには多分モノだけじゃ足りないけど」
「じゃあ、どうやって?」
「さゆみを使えば何とかなるでしょ」

一瞬キョトンとした顔を見せた里保が、次の瞬間、ハッと顔を強張らせ、真っ青になって大きくかぶりを振った。
「そ、それ、絶対、ダメです!」
さゆみを使う。
言わんとすることは、さゆみの能力と、肉体と、魂をすべて使って封印の魔法を使うということ。
封印している間はいいが、もしも封印が解けたら。
さゆみの全てが、自分達の肉体と同様に塵になって消滅してしまうということ。
解放される自分達とは違って、さゆみは虚無の闇の中に沈んでしまうということ……………。

161 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:14:55.31 0
「ダメですよ、道重さん」
その場の雰囲気を変えたのは、破顔した香音の笑顔だった。
「そんなことしたら、あたしも里保ちゃんも道重さんを探してまたあの嫌な世界に帰んなきゃならないじゃないですか」
「でも、他に方法は……」
「あるかもしれませんよ」
香音の笑顔に、悪戯っぽさが加わった。

「でもさ、どうすんの?香音ちゃん」
「里保ちゃんの能力は何だっけ?」
「水軍流剣術と、水限定念動力と、斬体化……」
「そう。そしてあたしの能力は、獣化と超聴覚と非物質化」
「う、うん」
「どっちにも共通するものがあるじゃん」
里保は、ハッとして顔を上げた。
そうだ。
双方に共通するのは“変化”させるという能力!

訝しげな表情のさゆみに、香音は笑顔のまま声を掛ける。
「じゃ、道重さん。先ずはあたし達の能力を封印してください」
「うん。じゃ、いくよ」
目を瞑った里保と香音にそれぞれ手をかざす。
ふわりと、里保と香音から光が抜ける。
それを掌に纏い、里保の剣と香音の帽子をしっかりと握り締める。
さゆみが纏った光は、剣と帽子を光らせる。やがて、光は消え、元の剣と帽子に戻った。

「さ、これで封印はお終い。あとはさゆみが送って……」
「まだです」
香音は、自らの能力を封印した帽子を握り締める。手を離すと、香音の手には拳大の緑の光が残った。
「ほら、里保ちゃんも」
「うん」
里保は、自らの能力を封印した愛剣の柄を握り締める。手を離すと、里保の手には拳大の赤い光が残った。

162 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:15:29.50 0
「……それをどうするつもり?」
「道重さん。あたし達の能力の特性を忘れてませんか?」
「特性?」
「“共鳴”って知ってます?」
今度は、さゆみがハッとした表情を見せる。
「“変化”の“共鳴”を使うってこと!」
「そうです」
「ダメだよ!失敗したら、あんた達も能力に引き摺られて消滅しちゃう!」
「それでも3人一緒です。道重さんには申し訳ないかもですけど」

さゆみは、息をひとつ大きく吐いて、諦めたように首を振った。
「……そう言えば、あんた達も相当頑固だったっけね」
「育ててくれたみっしげさんに似て、ですね」
里保はにやりと笑う。香音はペロリと舌を出す。
「じゃ、道重さん。剣と帽子を持ってそこに座ってください」
「うん」
さゆみは剣と帽子をしっかりと抱き締めて座った。
里保と香音が、それぞれの手を、さゆみの肩にかける。
転瞬、さゆみの体はパアッと光り、やがて、薄紅色の光がさゆみを包んだ。

足先から、さゆみの体が硬度を増していく。
「あーあ。さゆみが自分の声で喋れるのも最後かぁ」
「声は、魂が出せますから大丈夫ですよ。今のあたし達みたいに」
「でも、ウチら同士でしか聞こえないかもしれませんけどね」
「ま、それはそれで良いかな。りほりほとはずっと喋れるもんね」
「えー!あたしは?」
「嘘々。鈴木だって約束守って10kg痩せたこともあるじゃない。だからさゆみも約束通り可愛がってあげる」
「本当ですか!」
香音は、ちょっと驚いた後、今日一番の笑顔を見せる。
さゆみと里保は、そんな香音を見て吹き出した。
「もう!笑うこと無いじゃないですか!」
「ふふっ。ごめんごめん」

163 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2016/03/05(土) 23:18:46.17 0
「さ、道重さん」
気弱さを纏った大いなる優しさが、さゆみの左手をそっと取る。
「みっしげさん」
少しだけポンコツだが大いなる強さが、さゆみの右手を握り締める。
引っ込み思案な大いなる包容力は、ふたつの手をキュッと握った。すると、ふわっと体が軽くなった。

里保と香音の姿が崩れて、それぞれが光を帯びた球形になる。
さゆみの体から、光を帯びた球形のものがすっと抜けていく。
魂の抜けたさゆみの体は、徐々に薄紅色の水晶に変わっていった。


へえ。綺麗になったね。灰色の岩になっちゃっても仕様が無いかなって思ってたのに。


ま、みっしげさんですからね。


可愛いままにしなきゃ道重さんに怒られそうですからね。


さゆみの言葉が魂に沁み込む。
里保の言葉が魂を揺らす。
香音の言葉が魂を包む。

3つの魂は、ふわりと虚空に浮かび上がった。
そして、虚空を切り裂いて出現した眩しい光に向かって進み、やがて、光の中に消えていった。
後に残ったのは、やや大きな薄紅色の水晶の塊と、それに半ば埋もれた剣がひと振りと帽子がひとつ。
それぞれが残した、それぞれの能力を宿して……………。

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★