5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第121話 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/12(木) 22:09:23.91 0
「敵、で構いませんよ。あなたの部下は私が拘束させていただきましたので、詐術師さん、あなたにも来ていただきます」
「リゾナンターか?きさまも?」
「Resonanntor??」
「まあ、なんでもいい、おいらと会ったことを後悔しな」

 第120話『Chelsy episode0』 より

前回のお話はこちら↓
【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第120話
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1461849241/


【用語】@wiki
http://www39.atwiki.jp/resonant/

【過去】第1話〜第20話のログまとめ
http://resonant.web.fc2.com/

【保管1】まとめサイト(仮)※第1話〜第24話の小説は収録完了
http://www45.atwiki.jp/papayaga0226/

【保管2】まとめサイト Ver.2 第25話〜第43話
http://resonanter.blog47.fc2.com/ ※IEで閲覧できない場合は火狐かChromeの導入を推奨
http://www61.atwiki.jp/i914/ IEの方はこちら

【保管3】暫定保管庫(まとめサイト3) 第44話〜最新
http://www35.atwiki.jp/marcher/

【スレのテンプレ・感想・作品のあとがき 他】したらば掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/music/22534/

【上記掲示板のスパム被害を逃れる為の避難所】避難板
http://www3.atchs.jp/resonant/

108 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/15(日) 12:57:31.94 0
>>91-97 の続きです



「『銀翼の天使』の、帰還を確認いたしました」
「状態は」
「意識レベルにおいては確認できませんが、目立った外傷はないようです」
「結構。すぐに、総合医務室に搬送をお願いします」
「はっ!!」

ダークネス本拠地。
「天使の檻」からの中継画像が消えてゆくのを眺めながら、紺野はゲート発生装置前に待機している構成員に指示
を出す。
装置は本来、紺野以外に操作できる人間はいないのだが、先ごろ開発した技術によりこうして紺野の私室からでも
遠隔操作が可能になっていた。

109 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/15(日) 12:58:04.30 0
さて。あとは…「あの子たちの『帰還』」を迎え入れるだけですかね。

あと、少し。
あと少しで、紺野の思い描く計画の下準備は全て整う。
かつて巨大な電波塔にて実験した、拡散電波の威力。田中れいなから抽出した、共鳴能力。そして、「彼女」たち。
それらの欠けたピースを嵌め込めば。それもじき、手に入る。

「…さすがに無傷、というわけにもいかないんですね」
「あはっ。さすがこんこん。部屋を訪ねる人間には敏感だねえ」
「ここの人たちには、部屋のノックをするという習慣がないみたいですから」

背後に感じる、強い気配。
「黒翼の悪魔」は、体を壁に凭せ掛け、いかにも疲れましたといった表情を作っている。

いつもはシルクのような艶を持った金髪は、埃と汗と血に塗れ、金色の光をくすませていた。
戦闘服だよと嘯くチューブトップやミニスカートも、ところどころが破れ、裂かれている。それは彼女が先程まで
繰り広げていた戦闘の激しさを暗に物語っていた。

110 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/15(日) 12:58:57.39 0
「任務、ご苦労様です。あなたの働きがなければ、『天使』の身柄はあちら側に移されていたかもしれません」
「だねえ。今頃裕ちゃんに詰められてるかも」
「ええ。想像するだけで、生きた心地がしませんよ。研究に没頭できるのはありがたいですが、異空間の牢獄には実
験器具を持ち込むわけにいきませんからね」

冗談はさておき。
そう言いつつ、回転椅子をモニターから反転させた。
紺野の目に、「悪魔」の姿が入る。

「それにしても、ずいぶんと満身創痍なんですね」
「しょうがないじゃん。『キッズ』やら『エッグ』やらとの交戦、なっちとの戦い。つんくさんが総力戦って銘打っ
てただけのことはあるねえ、うん」
「楽しそうでなにより」
「できれば、『まともな状態の』なっちと戦いたかったんだけどね。あとまあ、愛ちゃんやガキさんと一緒に戦うっ
てのも新鮮だったかな」
「ほう。もう、満足ですか?」
「まっさかぁ。ごとーを満足させるには、まだまだ足りないねえ」

言いながら、力こぶを作ってみせる「悪魔」。

「空元気もそこまで出せるなら、心配無用のようですね」
「確かに。早く部屋に帰ってさあ、モンハンの続きやりたいもん」
「…それでは、締めの仕事をお願いしますか」

そう来ると思ったよー、と肩を落としつつ。
「黒翼の悪魔」からは、ある種の力が漲ってくる。

111 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/15(日) 12:59:26.98 0
「『黒翼の悪魔』さんにお願いしたいのは」
「わかってる。『あの子たち』の回収、でしょ」
「やけに乗り気じゃないですか。何か、それ以外の目的があるみたいですね」

是非聞かせてもらいたいものです、そう言う前に。
悪魔の姿は、既に部屋から消えていた。

気の早い人だ。
まだゲートの再起動もしていないと言うのに。

呆れつつも、紺野は「黒翼の悪魔」のために次の転送先を手元の端末装置に入力しはじめる。
自分と、ダークネスの幹部たちは果たして「同じ夢」を見ているのだろうか。
ある時の幹部会議での自分自身へのエクスキューズだ。
答えはある意味イエスで、ある意味ノーだ。そもそも、彼女たちは紺野の本来の目的など、知る由もない。

そして、目的の障害になる人間は悉く排除した。
まずは、目的を達する手段に異を唱えそうな「詐術師」。
さらに、紺野の目的をいずれは予知したであろう「不戦の守護者」。
「赤の粛清」や「黒の粛清」の暴走と敗北は想定の外ではあったが、いなくなって困るかと言えばそうでもない。

「金鴉」と「煙鏡」の敗北もすでに、紺野は把握していた。
このような形の幕引きはさすがに紺野も考えてはいなかったが、高橋愛の意志と力を引き継ぎし若きリゾナンターた
ちなら、乗り越えられない壁ではなかったのかもしれない。彼女たちにも、引き続き自分の演出する「舞台」に上が
ってもらうつもりだ。となれば、役者に力が伴っている方が都合がいい。

112 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/05/15(日) 12:59:55.02 0
つんくは。
かつて紺野が師と仰いだ人物は。
持てる才覚をフルに使い、自らが演出していた「舞台」を盛り上げようとしていたように、紺野の目に映っ
ていた。
だが、彼は気付いていなかった。彼もまた、「舞台」を構成するただのいち役者に過ぎなかったことに。だ
から、志半ばで「舞台」を降りることになるのだ。今回のつんくの失態を、紺野はそう分析していた。

だが、紺野は自分自身を舞台のいち役者。ゲーム盤の「駒」に過ぎないことを自覚していた。
逆に言えば、「駒」だからできること。「駒」にしかできないことも、理解している。

最良の一手(チェックメイト)は、すぐそこだ。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★