5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第123話 [無断転載禁止]©2ch.net

104 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/06/11(土) 20:56:53.36 0
班長の部屋から出てくるのを待っていたのだろう、ジョニーが声をかけてきた
「研究室に来てくれっていったのはジョニーじゃなかった?」
「アハハ、チェルシー、待っていられなくてね、来てしまったよ」
白衣姿の彼からオレンジジュースを渡され、私達は横に並んで歩きだした
「それで何の話だったの?」
「・・・いつもどおりに報告書をもう少し付け加えてほしいってこと」
「大変だね〜うちのエースポジション様は」

その表現を私は嫌いなのだが、ジョニーは好んで使う
というのも技術部として私を担当しているのがジョニーだからだ
私はエージェントとして戦場に赴き、彼は本部で装備の調整に勤しむ
ジョニーは機関の中では「腕のいい技術屋」として評価されており、それは私が保証する
彼の装備・技術で危機を脱したのが一回や二回ではない
私の業績はすなわち、彼自身の協力あってのもの、なのだ

だからこそ、ジョニーは私の実績は、彼自身の業績として誇りにしているようだ
それはまったくの見当違いではなく、真実であり、だからこそ、私は何も不満はない
私も正当に評価されており、機関からの信頼も厚く、次々と仕事が廻され、彼も仕事は尽きない
それも・・・前の仕事が終わっていないにもかかわらずだ
・・・だから
「そんなところ悪いんだけど、チェルシー、またね、ここに赴いてくれないか?」
こうやって勝手に予定を組んでくる
「・・・・また、新しい任務引き受けてきたの?」
「大丈夫さっ、ちぇるならできるよ。そのためにまた装備を改良したんだから」
「・・・忙しいんだけど」
「断らないだろ?」
悔しいが私のことを彼は知り尽くしているようだ。文句を言いながらも結局は受け入れることを
「・・・やるけど。でも、お願いもある」
「スーツならサイズを合わせておいたよ。少し女性として魅力的な君にあわせておいたから」
「・・・」
いつかこいつを殴ってやる。    (Chelsy

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★