5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第128話 [無断転載禁止]©2ch.net

80 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/08/18(木) 00:46:57.89 0
「・・・チェル・・・シー・・・チェルシー・・・」
ノイズに紛れて安心する声が通信機から届いた
「ジョニー?どうかしたの?」
「どうかした、じゃないよ。さっきからレーダーを見ているが、なんだか囲まれているみたいじゃないか」
「みたいじゃなくて、囲まれているのよ。そんなことよりいつからみていたの?」
「ひどいな、そんなストーカーみたいな言い方をしなくても」

ジョニーと言葉を交わしながらも、磁場を狂わせるために手元のタブレットを操作する
相手の位置を把握し、どこに磁場のゆがみを作るのか
どこに足場を作って、どこに爆弾を設置して、どこから攻撃すれば・・・
電磁銃も安全装置を外し、いつでも撃てるように整えた

「チェルシーが『ウル』を追うといっていたんだから、大抵どこを探すかはわかるよ
 大方、その売人でも張っていたんだろ?マーキングしていたんだろ?
 僕のところにもそれくらい情報は入ってくるんだからね」
「データベースから検索したのね」
「That’s right」

モニターに移される金属反応から敵のおおよその位置を掴みながら、位置関係を把握する
銃弾の飛んでくる方向と速度から大体の拳銃、銃弾の数を把握する
動かない金属反応は大方、ナイフであろうか?

「良い趣味とはいえないわね」
「おいおい、君のことを心配しているんだぜ、僕なりに」
「それなら、少し黙っていてくれるとありがたいんだけどね」
「Oh! 厳しいね。でもわかった。それだけ、真剣だということだね」
「・・・」
「でも、これだけは言わせてね。殺してはだめだよ」
「わかっているわ。情報を得ないといけないんだからね
 ・・・終わったら、連絡を入れるわ。それまで私の無事を祈っていて」  (Chelsy

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★