5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第130話 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/09/10(土) 23:00:56.28 0
ただの気晴らしだ。一杯、付き合えよ。

誰に言うとでもなく、「鋼脚」はドアノブに手を掛ける。


第129話 『リゾナンター爻(シャオ)』番外編「探る、闇」 より

前回のお話はこちら↓
【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第129話
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1472646218/

【用語】@wiki
http://www39.atwiki.jp/resonant/

【過去】第1話〜第20話のログまとめ
http://resonant.web.fc2.com/

【保管1】まとめサイト(仮)※第1話〜第24話の小説は収録完了
http://www45.atwiki.jp/papayaga0226/

【保管2】まとめサイト Ver.2 第25話〜第43話
http://resonanter.blog47.fc2.com/ ※IEで閲覧できない場合は火狐かChromeの導入を推奨
http://www61.atwiki.jp/i914/ IEの方はこちら

【保管3】暫定保管庫(まとめサイト3) 第44話〜第104話
http://www35.atwiki.jp/marcher/

【保管4】まとめサイト Ver.4 過去ログ保管・編集中 第105話〜128話収録完了
http://resonant4.cloud-line.com

【スレのテンプレ・感想・作品のあとがき 他】したらば掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/music/22534/

102 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/09/13(火) 20:51:33.18 0
「能力……者、ってなんの事ですか?」

知られちゃいけないの!
バレたら私……
もう、あの店に行けない!

「私には、なんの話か、わかりません……」
「ごまかすなよ。ハルにはわかってんだよ」

……わかってる?
まさか

「もしかして、あなたも?」
「そう、能力者さ!」

目の前に居る小さな女の子は、テストで100点を採った事を自慢する様に言い切った

こんな小さい子が、能力者?
どうしてそんなに堂々としてるの?
他人とは違う自分に、絶望していない?

「あなたも、私と同じ能力を持ってるんですか?」
「違うよ。コッチは透視#\力」

女の子は、笑顔で自分に眼を指差した

透視って事は、物が透けて見えるのかな

「私と全然違うんですね……私の能力は
「物を動かすチカラ、念動力だろ?」

103 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/09/13(火) 20:52:22.72 0
え?

「どう? 当たってる?」
「はい……でも、どうして?」
「土だよ」

女の子は腕組みをして、探偵が推理を披露する様に歩き始めた

「アンタが店に入った時、入り口は綺麗だった。ハルが掃除してたからね。もちろん、後からハルが入った時も綺麗だったのも覚えてる」

立ち止まった女の子は、私を見る

「アンタ、道重さゆみが好きなんだろ?」
「え、はい……。それもわかってたんですか」
「見る目が違ったもん。なんつーか、メロメロな感じ?」

なんか、恥ずかしくなってきた……

「それで、道重さんとなんの関係が?」
「道重の足元にあった土。あれは道重に意識が向いてたアンタが、無意識に能力を使って土を動かしていたんだ」

凄い……

「アンタ、まだ能力を上手く使いこなせてないんだろ?」
「はい……去年いきなり発現して、誰にも相談できずに持て余していて……」
「最初はみんなそうだって。ハルもそうだったし」

私の肩に手を乗せ、笑顔で話す女の子

能力を持ってるからって、悲観する事もないのかも
この子は私より小さいのに、こんなにもしっかりしてる

104 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/09/13(火) 20:53:15.49 0
「私も……自分の能力を受け入れられる日が来るのかな?」
「来るさ! ハルが手伝ってやるよ!」

腰に手を当てて胸を張る女の子

小さいけれど、頼もしい

「よし! じゃあ店に戻ろうぜ」
「……はい。ちゃんと謝らなきゃ」
「あ、能力の事は店のみんなには言わないからな。ハルとアンタだけの秘密な」

口の横に手を添えて小声で言った

周りに誰も居ないのに、ヒソヒソ話
可愛らしいな

「ありがとう」
「行こうぜ!」
「うん」

2人並んで土手道を歩く

誰かと並んで歩く日が来るなんて、思ってもみなかったな
嬉しい

「ところで、あなたのお名前って」
「工藤遥」
「やっぱり! 私もハルがつくんだ! 飯窪春菜。よろしくね」
「ハル被りかー。ねえ、いいくぼってどんな字?」
「ご飯のめしに窪みのくぼだよ」
「ふーん。じゃあ、これからメシ≠チて呼ぶね」
「えぇっ!?」

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★