5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第134話 [無断転載禁止]©2ch.net

308 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/06(日) 00:35:08.25 0
「どぅはそこでシパパとしちゃいなよ。見張っててあげるから」

聖は貨物エレベーター脇の薄暗がりを指差した
確かに換算としたビル内、人目は無いが実質的には露出プレイありがとうございます

「譜久村さんの馬鹿…ってあ、あれ?」

怒りのあまりその場を駆けだそうとした遥だが、体が言うことを聞かない。

「あ、あれ、はるいったいどうし」
「いいじゃん、ここでシパパしちゃえば」

聖のにやにやした顔をして遥は確信する。
能力で、動きを封じられてる!!

「冗談はよしてください譜久村さん!!」
「みずき、くどぅーがシパパしてるとこみたいなあ」

ダメだ、目が本気だ。
しかし遥も鉄の膀胱を持つと言われた女、これくらいの尿意で

「みずきね、いいもの複写しちゃった」
「え?」
「くしゃみをする際に、鼻水じゃなくて下のほうがシパパしちゃう能力」
「うわっ、うわわっ!!」

聖の手のひらが、遥の額に添えられる。
遥は完全に聖の能力の支配下だ。

「で、これは何でしょう。キラーン」

言いながら、無情にもテーブルコショウが遥の目の前で撒いてゆく。
鼻の粘膜は刺激され、そして、

「は、は、ハックシュ」シパパパパパァ
「ハックシュ」シパパパパァ

くしゃみのたびに、シパパしてしまういけないチワワ。
もうだめだ、はるは汚れてしまった。いろんな意味で。

しょげかえりながらもシパパが止まらない遥をよそに、聖は某伯爵夫人のような高笑いをいつまでも続けるのであった。

305 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★