5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 7 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:43:58.63 0
http://i.imgur.com/cCrn9tt.jpg
http://i.imgur.com/oJbEjmt.jpg
http://i.imgur.com/YjBZCSf.jpg

雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラwiki
http://seesaawiki.jp/miyamomo/

過去スレ
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1472392981/
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 2 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1473088892/
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 3 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1474297408/
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 4 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1475499601/
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 5 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1476708158/
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ6 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1477917372/

2 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:44:48.63 0
雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラwiki
http://seesaawiki.jp/miyamomo/

3 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:45:04.92 0
>>1
ありがとう
48まで頑張るか

4 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:45:27.28 0


5 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:45:33.01 0
http://i.imgur.com/qas0LCn.gif

6 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:45:51.46 0
http://imgur.com/111G6mf.gif

7 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:46:09.66 0
http://i.imgur.com/GjSSlLg.gif

8 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:46:28.83 0
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/14719115_1653596217999966_2721432029118857216_n.jpg

9 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:46:31.82 0
http://i.imgur.com/OYR7Tu0.jpg

10 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:46:48.59 0
http://i.imgur.com/UQkzYjp.gif

11 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:46:50.42 0
http://i.imgur.com/CiZP38Y.jpg

12 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:04.64 0


13 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:12.82 0
http://i.imgur.com/Bt9qH0H.jpg

14 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:21.44 0
http://i.imgur.com/ZiLzwgA.gif

15 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:34.71 0
http://i.imgur.com/01AjHWv.gif

16 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:39.74 0
7スレもきたか

17 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:47:56.99 0
http://i.imgur.com/xfV6aCT.jpg

18 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:48:08.49 0
http://i.imgur.com/N5FPD51.jpg
http://i.imgur.com/eGkTQBd.jpg

19 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:48:11.36 0
雅ちゃんが気になるタイプ書き起こしてみた
【Girls Night Out#40】PINK CRES.でグランピング続編
https://youtu.be/d6eDaKUGUzc
6:37〜

男性の気になる仕草について
二「どこ見ちゃいますか?」
夏「えー、どこ見るんだろう?口?」
二「歯とかですか?」
夏「いや、口の形、みたいな」
小二「えー」
夏「唇見るかも、私、結構」
二「いまスタッフさんが唇の形直した」
夏小二「あはは」
夏「いやでも口見るかも、わかんない、いや、でもそうかも、みや口見るかも、人の」
夏「うち口おっきい人がいいんだよ」
小「えー」二「口大きい人タイプって、すごいはじめて」
夏「なんかキュッってなってる人がいい、口が、キュッて。キュッ、キュッてなってる」
(手で口角を引き上げる仕草)
夏「なんか、あんま、女性らしいぷくっと系じゃなくて、キュッてなってる人が好き」


口が大きくて唇がぷくっとしてなくて口角がキュッてなってる人
http://i.imgur.com/eA6TfDG.jpg
http://i.imgur.com/zPqMvth.jpg
http://i.imgur.com/Olm7Ixa.jpg
http://i.imgur.com/86aJVIZ.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CaqEOFkVIAAjfA0.jpg
http://i.imgur.com/ENDZImR.jpg

20 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:48:43.23 0
http://i.imgur.com/5wtNgFi.gif

21 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:48:46.64 0
>>19
ちょっと前なのにすごい懐かしい
これもヤバかったな

22 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:48:59.79 0
http://i.imgur.com/c0bChwf.jpg

23 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:49:27.41 0
茉麻が見てる
http://imgur.com/8cwN2M6.jpg

24 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:49:33.91 0
http://i.imgur.com/LA0Qutc.gif

25 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:50:08.98 0
http://i.imgur.com/CsZrITY.jpg

26 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:50:29.42 0
http://i.imgur.com/Nr6g8Ts.gif

27 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:50:39.48 0
http://i.imgur.com/Ke64aX2.png

28 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:50:58.49 0
http://i.imgur.com/DdYm0D6.gif

29 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:51:00.92 0
http://i.imgur.com/ncT3gY2.jpg

30 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:51:20.45 0
http://i.imgur.com/MDBYQIM.gif

31 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:51:30.59 0
http://i.imgur.com/dMDjcTY.gif

32 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:51:37.95 0
http://i.imgur.com/SwQGQOu.jpg

33 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:52:04.84 0
http://i.imgur.com/2uUVYUu.jpg
http://i.imgur.com/dvzU1A2.jpg

34 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:52:06.00 0
http://i.imgur.com/UQkzYjp.gif

35 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:53:04.57 0
http://i.imgur.com/4emSqvf.gif

36 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:53:50.87 0
http://i.imgur.com/Xch8T4H.jpg

37 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:54:24.75 0
http://i.imgur.com/v90TXdf.jpg
http://i.imgur.com/M73dWl1.jpg
http://i.imgur.com/eM12XuE.jpg

38 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:54:39.02 0
眠くなってきた件

39 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:54:51.00 0
http://imgur.com/xjNmy6J.gif

40 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:54:58.37 0
http://i.imgur.com/DpxBxob.gif

41 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:55:08.61 0
みやびちゃんがももちを好きすぎる件

42 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:55:31.91 0
みやもものほくろの位置は右左どっち?
https://www.youtube.com/watch?v=JHExXNWQl5A

43 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:55:33.05 0
>>38
もうちょっとだから頑張りなさいよ

44 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:55:33.83 0
ライバル対談
http://i.imgur.com/yql1WNL.jpg

45 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:55:52.69 0
ラブラブな二人
http://www.youtube.com/watch?v=uIFTWadwn44

46 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:56:17.56 0
http://i.imgur.com/negPx08.jpg
http://i.imgur.com/0XtIC6I.jpg
http://i.imgur.com/L6Jbp0k.jpg

47 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:56:45.20 0
前スレの話だけど絶対雅ちゃんはももちの寝顔写真撮るの好きだと思う

48 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:56:48.74 0
Berryz工房 応援してるからカントリー・ガールズ
https://www.youtube.com/watch?v=WgPPQHeTVoc

49 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:02.46 0
>>41
ノノl∂_∂'ル<普通です

50 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:10.62 0
おっぱい触っただけで7スレってすごいわ

51 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:13.31 0
しかし前スレ完走するとはね

52 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:20.29 0
Berryz工房 みやびちゃんの二の腕はどういう感じ?
https://www.youtube.com/watch?v=mHqLGszJqp8

53 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:34.53 0
みやびちゃんはももち結びを好きにできる

54 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:57:39.28 0
完走うれしいね
これからも盛り上げていきましょ

55 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:58:18.58 0
即死回避した?

56 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 00:58:49.95 0
ももちが自撮りしないのってさ
仕事ではプロが撮ってくれてプライベートでも雅ちゃんが撮ってくれるからわざわざ自撮りする必要なかったからじゃないかな

57 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:00:02.90 0
ハロプロキッズ10周年の時にももちが泣いてるのが面白くて写真を撮ってた雅ちゃん

58 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:00:12.96 0
>>8
しばらくこの画像で生きていける

59 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:00:30.54 0
少なくともみやびちゃんが自分は桃子の特別だと思ってるのは間違いない

60 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:03:05.55 0
胸触って7スレ目ってやばいなww

61 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:04:00.83 0
>>8
miyaaa0825たくさんのコメントmomoも嬉しいと思います💕
みんなのメッセージ伝えとくね✨✨
#嗣永桃子#カントリーガールズ
#Berryz工房#Buono!#アイドル
#ももち#ハロープロジェクト #卒業
#みんなの熱いメッセージ伝えます!
#ありがとう#love

62 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:04:18.68 0
乙です

63 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:04:38.00 0
スレタイだけ見たら雅ちゃんがただの変態

64 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:04:58.67 0
>>47
わかる
ももちは堂々と雅ちゃん起きてる時に隠し撮りしてそう
ファッション雑誌読んでる姿とか
雅ちゃんは寝てる時のアホ可愛い顔に萌えて寝顔フォルダ作ってそう

65 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:05:58.54 0
女性の胸触って7スレ消費って犯罪っぽい

66 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:07:06.03 0
雅ちゃんへの風評被害だなw

67 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:07:57.52 0
雅ちゃんのスマホに入ってそう
http://i.imgur.com/9V7sgwl.jpg

68 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:08:50.70 0
ももちの寝顔っていうと愛理が勝ち誇った顔してるやつが浮かぶ

69 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:10:42.83 0
合意のうえだからセクハラじゃないよ!

70 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:10:55.51 0
>>40
このときは何スレくらい行ったの?

71 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:11:06.98 0
俺みやももgifでこれが好き
http://imgur.com/zJEtow9.gif

72 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:11:17.78 0
>>70
1スレも消費しなかったよ

73 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:11:52.37 0
>>68
あれは愛理の顔がイラッとするので雅ちゃんのスマホには入らなさそう

74 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:12:37.94 0
>>72
まじ?
やっぱこのスレ異常だなw

75 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:13:56.97 0
みやびちゃんが撮ったやつ
http://i.imgur.com/tIGuSnX.jpg

76 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:14:46.22 0
>>75
あああああこれ俺がずっと探してたけど見つからなかった画像!!!
ここで見つかるとは思わなかった!

77 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:14:57.24 0
狭そう

78 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:15:44.49 0
>>75
上だれ?

79 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:16:10.71 0
よくこんな狭いとこで寝れるなw猫みたい

80 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:16:28.39 0
>>61
ももちの嫁気取りか

81 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:16:43.15 0
>>78
愛理

82 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:17:16.72 0
どうして撮影しようと思ったんだろう

83 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:19:00.89 0
ていうかこれも席順的に雅ちゃん撮影してるよね?
http://i.imgur.com/8UHACoe.jpg
席順
http://i.imgur.com/ENDZImR.jpg

84 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:19:26.67 0
好きだからに決まってる

85 :名無し募集中@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:20:31.95 0
>>72
大変な事案なのにw
やっぱベリが活停して皆みやももに飢えてたから続いてるのかな

86 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:20:34.79 0
>>83
ももちに寄りかかればいいのにみやはツンデレ
http://i.imgur.com/3xSU787.jpg

87 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:20:47.38 0
雅ちゃんじゃなくて愛理にもたれてるのは雅ちゃんだと怒られるからだろうかw

88 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:20:56.00 0
>>81
これBuono!か

89 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:21:20.06 0
>>75
ちょっと違うけどガチであって草

90 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:21:37.29 0
>>75
これ雅ちゃんなんて書いて載せたんだろ

91 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:22:14.61 0
ももちなんてしょっちゅうどこででも寝るから寝顔はレアじゃないのに健気

92 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:23:48.02 0
どこででもじゃないぞ
楽屋がうるさいから衣装部屋で寝てたみたいなエピソードがあった気がする

93 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:26:39.02 0
雅ちゃんピーチジョンのインスタいいねしてたりするけど
自分用だけじゃなくももち用も考えてたりするんだろうか

94 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:30:29.62 0
どういうのにいいねしてるの?
雅ちゃんサイズ?

95 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:46:57.65 0
https://www.instagram.com/p/BMQy_ITA8O9/
https://www.instagram.com/p/BMaxGZqgmp_/
下は雅ちゃんサイズではないな
そもそもピーチジョンって雅ちゃんサイズあるのかな?

96 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:51:36.96 0
ももちに着せるの想像していいねしてるの?雅ちゃん

97 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 01:57:53.00 0
いやむしろもう着せてるのかも知れん
ももちが恥ずかしがる様子を見てニヤニヤしてる雅ちゃんが浮かぶぞ

98 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 02:01:20.05 0
ピンクと赤ってBuono!のももちと雅ちゃんのメンバーカラー色だねちょうど

99 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 02:02:17.45 0
>>95
一枚目雅ちゃんかと思った

100 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 02:04:38.71 0
>>95
AカップをCカップにするのとかはある

101 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 06:33:53.39 0
おはよう
スレ立てありがとう

102 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 06:51:27.04 0
さすが深夜のレス
着眼点が違う

103 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 07:53:49.33 0
スレ立て乙です
朝からニヤニヤしながらレス読んだわw

104 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 08:41:40.81 0
みやももがお互いにいつ頃どんな呼び方してたとか分かる人いないか?
みーやんとかつぐさんとか聞いたことはあるんだが新参だから具体的な年齢まで分からないので知ってる人いたら教えてほしい

105 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 09:04:34.08 0
昨日のピンクレのラジオでリスナーが投稿した台詞を雅ちゃんが言ってくれるコーナーがあるんだけど昨日は雅ちゃん
ノノl∂_∂'ル 「ネクタイ曲がってるよ。ちょっと待って、直してあげる」
って言ってくれたんだけど
この映像が浮かんできてやけに生々しくて悶絶した
http://i.imgur.com/5wtNgFi.gif

106 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 12:24:14.82 0
雅ちゃんは世話焼きたがりだから…

107 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 12:44:59.01 0
WANT!の時にも直しに行ってなかったか?
ももちのことよく見てるから気づくのか

108 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 13:02:24.91 0
Buono!のライブリハでもTシャツのタグしまってあげてたしキリがない

109 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 13:33:28.71 0
口が大きい人が好きって言ってるのを見てボノゲーのときに何としてもみかんを丸ごと口に突っ込もうとしてた理由がやっとわかった

110 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:07:26.32 0
世話焼き雅ちゃんシリーズ
http://i.imgur.com/uwGmC9M.gif
http://i.imgur.com/ByDQdnD.gif
http://i.imgur.com/5wtNgFi.gif
http://i.imgur.com/GjK5qFv.gif

111 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:11:02.75 0
>>110
4つめは世話焼きに入るのかw

112 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:27:38.29 0
これも世話焼きかな
http://i.imgur.com/Nr46sRj.jpg
http://i.imgur.com/LFBK0P5.jpg

113 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:36:03.67 0
世話焼かれてるももちが子供の世話を焼きたいという謎の願望を持つミステリー

114 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:39:50.48 0
世話焼かれてるって自覚はないんじゃね?

115 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:41:04.48 0
ももちが子供の世話して雅ちゃんがももちの世話をすれば家庭円満

116 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:41:58.27 0
じゃあ私が雅ちゃんのお世話を

117 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:42:42.24 0
みやももで温かい家庭を築いてくれ〜

118 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 14:58:26.88 0
みやももちぃの並びは本当に親子みたいでほっこりするよな

119 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 15:19:07.22 0
雅ちゃんがももちに食べさせてる画像ばかり見てると
雅ちゃんがももちの口ばっかり見てるから
あー雅ちゃんももちの口好きなんだなーって思ってしまう

120 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 15:23:36.35 0
雅ちゃんが男性の口元を見てしまうのもそこからきてるんだろうな

121 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 15:58:34.64 0
ももちが何か食べてるの見て密かに喜んでる雅ちゃんを想像すると和むな
そのために料理を頑張る雅ちゃんとか

122 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:17:04.81 0
T


「おはようございまーす!」

 
レッスン室に響く声。聞きなれた同期の雅と友理奈だった。
ふたりの声にぴゃっと全身で反応して、桃子は振り返った。
雅と友理奈が連れだってレッスン室に入って来るところで、二人の顔を見た桃子はそちらの方へ駆けて行った。

「みや!くまいちょー!」
「桃おはよー。やっとテスト全部わったよ…後は運を天に任せるのみだよ……」
「えー熊井ちゃん、なんでそんな弱気なの。感触良かったんでしょ?」
「そうなんだけど!でもなんか、一晩寝たらよく分かんなくなってきた〜」

微妙そうな顔で苦笑いするを見ながら、桃子はふーん、そんなもんなの?と呑気に手でもっていたペットボトルの水で喉を潤した。

桃子の通う通信制高校にも単位認定試験という名のテストがあるが、そんなに難しくないため、テスト期間もいまいち実感のない他人事なのだ。
ついでに言うと、自分よりもこの二人や千奈美・茉麻の成績のほうを心配しているくらいであった。……くまいちょーはまだしも、みやは成績良くないから大丈夫だったかな?とつい気にかけてしまう。まあ、ももはBerryz工房の中ではお姉さんだからね。

「一緒にストレッチしよーよ」
「桃とストレッチしたら馬鹿力で痛いからヤダ」
「えー、みやのケチ……」
「は?なんか言った?」
「言ってませんー」

慣れたやりとりに、友理奈はあははと笑っている。
桃子はそれでも、久しぶりにこうして雅と友理奈と……否、正直に本音を話すのであれば、雅と、ふざけあうことが出来るのが楽しかった。

 

123 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:19:07.48 0
>>122

昼に普通に高校に通っている雅は、テスト期間は事務所の方針で勉学優先のため、レッスンに顔をあまり出さない。それは学生としてごく普通のことなのだが、桃子は大変さみしい思いをしていた。
それは別に、雅とふざけ合えないから、という単純な理由ではない。

――桃子は去年の秋頃からずっと、雅に片思いをしてきているのだ。

 
だから、ひそかに大学進学をすぐそこに控えた身としては、今よりさらに忙しくなる前に、少しでも一緒に過ごしたいと、そんな健気な気持ちをひっそりと抱えていた。

雅は東京の高校に通っていて、志望大学を決めた時にも「同じ東京だ!」と桃子はひとり気分が盛り上がったものだけれど、いくら同じ東京と言ったって、大学に進めば一緒に帰ったりすることは滅多にないだろう。
もともと仲が良いという訳でもない、ただのグループメンバーなのだ。

 
告白をしてみたらどうだろうと、考えたこともあった。
けれど、成功のビジョンが全く見えないのに、気持ちを雅にぶちまけて何になるのか。
雅とは2つのグループが被ってることもあって、失敗したら絶対気まずい。それに、絶対雅に嫌われてしまう……

そう結論づけた桃子は、ただ時と成り行きに任せて、自分の気持ちが風化するのを待つことに決めていた。

 

高校卒業まであと4か月。
その間だけ、雅のことを思いきり好きな自分でいる。
そして卒業したら、すべて忘れて新しい生活を頑張ろう。

桃子はこの時まで、そんなふうに思っていた。

 

124 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:22:00.12 0
見てるよ

125 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:23:04.76 0
>>123


「ちょっと、何その荷物」
「ん? みや?」

その日、声をかけられたのは、桃子がちょうど事務所の階段の近くを通ろうとした時だった。
抱えた段ボール箱が大きすぎて、前の視界が完全に塞がっている桃子はしかし、声だけでそれが誰か分かった。立ち止まって体を横に向けて、声のしたほうを振り返る。

廊下の窓際、雅と友理奈が立っていた。
あれー、こんな早い時間に会えるなんて今日はツイてるなぁ。でもまたみやとくまいちょーのコンビだ、と少し不思議に感じた。

「桃大変そうだね、大丈夫?」
「小さい桃には大き過ぎるんじゃないの? 前見えてないっしょ」

からかいを含んだ雅の言葉も気にならない。桃子はニコニコと上機嫌に笑って、目の前をふさぐ段ボールを抱えなおした。

「マネージャーさんに頼まれてさ、みんなへのファンレターだって! 下に持ってかないといけないんだよぉ。大丈夫、気をつけるから」
「いや、どう見ても危ないでしょ。ちょっと貸し……」

雅がそう言って、一歩踏み出した時だった。

雅と友理奈の方に完全に視線も意識もいっていた桃子は、階段から勢いよく駆けあがって来た職員がいたことに、全く気付いていなかった。

「わ、すみませ……」
「あ、え?」

向こうも恐らく、前方不注意だったのだろう。
階段を上がり切ったところで、突っ立って段ボールを持っていた桃子を避けきれず、段ボールと肩ががつっとぶつかった。
身体に不釣り合いなほど大きな段ボールを抱えていた桃子は、よろけた時にそれを手放すべきだった。……だったのに、咄嗟のことで桃子は別に手を離しても問題ないその荷物を離すことが出来ず、しっかりと抱えたまま、ぐらりと体のバランスを崩した。

それも、階段の方向に。


あ、落ちる。
段ボールに入っていたたくさんの手紙がふわりと宙に舞う。
内臓が浮き上がるような不快な感覚が体を走り抜け、桃子は反射的にぎゅっと目を瞑った。
一瞬の浮遊感、その耳に悲鳴に近いような雅の声を聞いた。


「もも!!」


腕を引かれる感触だけはあった。その後はもう、何がなんだか分からない。
がつがつと、体のあちこちをぶつけながら、天井と地面が二転も三転もした。

どうなってるかも分からないままに、桃子は階段を踊り場まで転がり落ちた。

 

126 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:24:08.58 0
ももちいいいいいいいいいいいい

127 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:24:41.12 0
ありがとう
中編くらいの長さの予定だけど取りあえず区切りのいいとこまで連投させて

128 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:25:26.90 0
>>127
ありがとう

129 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:26:54.27 0
>>125

 
「もも!!みや!!」


桃子が気付いた時には、友理奈のビックリするくらいに大きく名前を呼ぶ声が、一拍遅れて上がっていた。
桃子は、痛む体をなんとか起こして、特に痛い肘を押さえながら薄く瞳を開けた。

「いったぁ…」
「桃、みや、大丈夫っ!?」
「あ…もぉは……」

だだだ、と階段を駆け下りてくる友理奈に大丈夫、と告げようとして、桃子はしかし自分の横で横たわる雅の体が、ぴくりとも動いていないことに初めて気付いた。

「み、や?」

ポケットから飛び出たのか、見覚えのある携帯が雅の体のすぐ横で、画面が割れて壊れているのが見えた。
桃子が落ちそうになったのを見て、雅は助けようと腕を引いてくれたのだ。
それで巻き込まれて、一緒に落ちて、……それで?

「みや…みや……?ねえ、目ぇ開け…」

ゆさ、と桃子は、雅の肩に手をかけて、呼びかけた。
桃子の小さな手は震えて、声は頼りなく揺れている。

返らない返事。
うんとも言わず指先一本動かずにだらんとしている雅の体に、桃子の体を階段を落ちた時の比ではない恐怖が突き抜けた。

「みやっ!!」
「桃、揺らしちゃだめ!頭打ってるかも…!」
「嘘、ねえ、起きてよ!みやっ……!!」

 

130 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:30:28.69 0
>>129


その後は大騒動だった。

気を失っている雅のためにタクシーが呼ばれ、マネージャーが付き添うことになった。桃子も転落して要検査だというので同乗が許され、一緒にタクシーに乗った。
外部に情報が漏れたら困るため、救急車を呼んで、はやく雅の容態を見てもらえない。
それが桃子をひどく不安にさせた。

雅の手を握りしめる桃子の手は未だにガタガタ震えていて、マネージャーが「大丈夫だから」と声をかけてくれるのも殆ど耳に入らなかった。

みやになにかあったらどうしよう。もぉのせいだ。自分が不注意だったから――

落ちている間のことはあまりに一瞬だったし、世界がぐるぐる回転してあちこち痛かったことしか桃子は覚えていなかった。それを見ていた友理奈と職員が、マネージャーに説明したところによると、雅は桃子を庇うようにして転がり落ちたと言う。
そのことも桃子を一層追い詰めた。

「嗣永は、救急の受け付け待ち合いに行って。お母様もそちらに来て下さるから」
「……はい」

病院の敷地にタクシーが入っていく。
雅に付き添っていたいが許されないのは分かっている。
最後に未練がましく桃子が、手を離す前に「みや、」と何度目か分からない呼び声をかけた時だった。

「う……」
「っ、みや?!」
「もも……?」

ずっとぴくりともしなかった睫毛がふるえた後、薄っすらと開かれた雅の瞳に桃子は腰が抜けたかと思うほど全身が脱力した。
いつも力強い雅の瞳が、今はどこかたよりない。しかし、桃子はその瞳が開くのを、ずっと心待ちにしていた。

「みや、みやぁ、良かっ…」
「夏焼。ここはタクシーの中で、君は階段から落ちて、病院に運んでいる途中だ。もう着くからな」

その言葉の通りに、それをマネージャーが言い終わるか終わらないかのうちに、タクシーは止まった。すぐに横のドアが開いて、桃子がろくに声をかけるチャンスもないまま、雅はストレッチャーで慌ただしく運ばれて行った。

桃子はそちらの方が気になって仕方なかったのだけれど、さすがに追いかけることは出来ず、救急の受付に案内されるままについて行くしかなかった。

131 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:30:29.19 0
みやびちゃんんんんん

132 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:31:13.48 0
どうなってしまうん…

133 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:33:58.60 0
>>130

「階段から落ちたんだって!? もう、そそっかしいんだから! 大丈夫なの!?」
「も、もぉは大丈夫! 仕事中だったのにごめんねママ」

すぐに駆け付けてくれた母親に、救急の待合で心配されたり説教されたりして、そうしている内に名前を呼ばれて、桃子は頭部に擦傷があったことから頭部のCTを受けさせられた。
身体はなんともなかったので大袈裟だなとは思ったが、仮にもアイドルとして活動をしている身でこんなことをしでかしておいて何を言っているのか、と母親にまた叱られるのは目に見えているので、桃子はひとまず従順に検査を受けた。
その後の診察は外科に回されて、大分待たされはしたものの、その診療室で医師から告げられた文句は少なくとも母親の心配を払拭してくれるものではあった。

「CTでは異常は見当たりませんでした。ニ、三日は激しい運動は避けて様子を見て、吐き気やめまいなどの異変があるようだったら必ず受診してください」

はい、と母親が頷くのを待つか待たないかの内に、そわそわしていた桃子は体を前のめりにして医師と看護師に聞いた。

「あ! あの! 夏焼さんっていう、一緒に運ばれた子がいると思うんですけど……!」
「一緒に運ばれた子なら、検査入院が決まったから病棟に移ってると思いますよ」
「入院…?」

さあっと桃子の顔から血の気が引いた。
救急車の中で目は覚ましていたのに、何か問題があったのだろうか。

「桃子、しっかりしなさい。謝りに行って、ちゃんと話を聞きましょう」
「う、うん…」

励ます母の手に背中を押されて、桃子は診察室からよろよろと退室する。
健康そのもので、入院など人生で一度も経験したことのない桃子の頭には、入院イコール重傷の図しか浮かばない。

ただただ心配で、それだけで頭の中がグラグラだった。

134 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:36:43.93 0
>>133

「お母さん、先に会計だけ済ませてくるから、ちょっとそこで待ってなさい」

母はそう言って会計の列に並びに行ったが、桃子はとてもおとなしく待ていることは出来なかった。
はやく、はやく雅に会いたい。

「ごめんねママ、ちょっと先に行ってくる!」
「え!? こら桃子、待ちなさっ…」

病棟、と書かれた矢印の方へ、桃子は母を置いて足早に駆け出す。
後ろから「桃子!」と大きな声で呼ばれたが、立ち止まることはできなかった。

 

総合病院は広かったが表記は親切で分かりやすく、桃子は道を間違うこともなく病棟にたどり着くことが出来た。
駆け込んできた勢いそのままに、ナースステーションの中にいる何人かの看護師に向かって大声で呼びかける。

「あの! 今日運ばれてきた夏焼さんの病室ってどこですか?!」
「…桃子ちゃん?」

中の看護師が何を言うより先に、桃子の背後から知った声が桃子の名を呼んだ。

振り返ると、そこにいたのは雅の母だった。小学生の時から、雅と帰る方向が同じで、時には送り迎えをお互いの家でし合っていた雅の母は、桃子の母とはそれなりに面識がある。
雅の母がこちらに歩み寄って来ると、心配そうに眉を下げ、桃子に声をかけた。

「あ、みやの…」
「桃子ちゃん、大丈夫なの?」

桃子ちゃんも落ちたんでしょう?
そう言って、雅の母が桃子の肩にそっと手を添えてくれる。

「もぉは大丈夫です! みやは…!? 入院て聞いて……ひ、酷い怪我なんですか?」
「ううん。CTもMRIも異常はないの。大丈夫よ。入院も今日一日だけのことだし」

桃子はもう、その言葉に肺の中の息を全部吐き出したくなるほど安堵した。
だが残念なことに雅の母の言葉はそこで終わりではなかった。
 
「ただ、まだ混乱してるのかしらね。――最近のことが思い出せないみたいで」

思いもかけない言葉に、桃子が目をぱちくりと見開く。
骨折とか、内出血とか、そんなことばかり考えていたものだから余りにも予想外だったのだ。

 

135 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:38:19.27 0
何故か記憶喪失きてしまう気がしてた

136 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:39:14.92 0
>>134

「最近の?」
「中学三年生の冬までしか、記憶がはっきりしないって言うのよ」

眉根を寄せて雅の母は、言いにくそうに言葉を押し出した。
桃子の頭はすぐさまその言葉を反芻し、その意味するところを考え、それからものすごい時間をかけてようやく理解に到達した。

中学三年生の冬までのことしか、記憶がはっきりしない。

今、雅は高校二年の冬だから、まるまる二年間のことを、思い出せないということで。
俗にそれが記憶喪失と呼ばれるものであることくらいは、桃子も知っていた。
そして、それが誰のせいかということも。

「……も、もぉのせいで……」

不注意で階段から落ちたりしたから、雅を巻き込んだ。そのせいで、雅は記憶がおかしくなってしまうくらい、強く頭を打ってしまったのだろう。
青くなって立ち竦む桃子を慰めるように、雅の母はぽんぽんと桃子の肩を優しく叩いてくれた。

「状況は聞いたけど、桃子ちゃんのせいじゃないわ。気にしちゃ駄目よ。桃子ちゃんに怪我がなかったなら良かった」
「……」
「ちょっと入院の手続きなんかに行くから、雅のところに顔を出してやってくれる? 302号室にいるから」
「はい…」

ありがとうね、と雅の母が微笑んで病棟から出て行ってしまうと、桃子は未だに状況を飲み込みきれないまま、しかし逃げることも出来ずに雅の病室に向かうしかなかった。

二年分の記憶がないって、どんな感じなんだろう……違和感すごいだろうし、混乱もするだろう。
頭は痛いのだろうか? もしかしたら、自分に対しては怒ってもいるかも知れない。
でも、何でもいい。

桃子の頭に今あるのは、階段の踊り場でぴくりとも動かなかった雅の体と、タクシーの中でぐったりとしたまま僅かに目を開いたその姿だけだ。
ただ、元気に起きている姿が見たい。

桃子の大好きな雅の瞳に、桃子を映してほしかった。

137 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:42:28.80 0
>>136


「みやー、入るよ」

言うのと同時に、桃子は302号室の扉を横にスライドして開いた。
中は個室で、ベッドと箪笥と、一人掛けの椅子が置いてある。
雅はベッドにこそいたが、横にはなってはおらず、しっかり上半身を起こしていた。

……ああ、良かった。生きてる。ちゃんとみやだ。

それだけで涙が出そうなくらい胸をいっぱいにしている桃子を、その心情など露程も知らないであろう雅はまじまじと見つめて言った。

「もも? ……なんか、ビミョーに大人っぽくなってる? 相変わらずチビだけど」
「は……はあ? 心配して来たのに、チビとか言わないでよ」
「桃、二年の間に身長全然伸びなかったんだね。かわいそう。でも中学生くらいに見えるようにはなったかな?」

あはは、と笑う雅ときたら、完全にいつもの雅だった。
その全く普段と変わらない調子に、拍子抜けというか、どう今の状況を捉えるのが良いのか改めて分からなくなり、桃子は困惑を露わにベッドの傍に歩み寄った。一人掛けの椅子を引っ張って来て、そこに座りながら疑問を口にした。

「ねぇみや、ホントなの? 中三の冬までしか思い出せないって」

桃子の祈るよう思いを、雅はあっさりと現実に引き戻した。


「うん。ベリーズで夏のコンサートツアーして、リリースイベントとかやって……その後の記憶がなんかモヤモヤしてて思い出せないんだよね」

あっさりと雅は頷いた。
まるで気にも留めていないような軽い口調だが、それは雅の優しさだと桃子は思った。多分、桃子が気にしないように、そうしてくれているのだ。
普段は意地悪なくせに、雅にはたまにそういうことをする時があった。勿論、雅のそんな優しさを桃子はとても好いているのだけれど、今はそれさえも申し訳なかった。

138 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:46:08.09 0
>>137

「もぉのせいで、ごめん…!」

ぱんっと手を合わせて、頭を下げる。
桃子のその旋毛を、特に何の感情も見せずに見ていた雅は、しばらくして言った。

「覚えてないんだけど、あたし、桃のこと庇ったんだって?」
「うん…」

そっかと雅が呟く。
その声色からは、何も読み取ることはできない。

「ま、自分でしたことみたいだし、桃が気にすることないんじゃない? だからそんな泣きそうな顔しないでよ。みやが泣かしてるみたいじゃん」

桃子をからかう時の顔で笑いながら、雅が桃子の額をつんと人差し指で押した。
そんな仕草に、桃子はますます眉をへの字に下げてしまう。

「でも、二年分も記憶すっ飛んじゃうなんて、みやもショックでしょ…?」

二年間、雅にだって色々あった。アイドルとしての活動でもそうだし、きっとその他だって桃子の知らないところでも、いろんな大切な思い出があったはずだ。……その大切な記憶たちが、失われていいはずがないのだ。
それに、二年もの間、自分が何をしていたのか、どんなことがあったのか、わからないというのは、どれだけ不安なことだろう。

139 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:46:12.99 0
切ない展開っぽいから覚悟が必要かもしれん

140 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:49:15.90 0
>>138

「まあ、気持ち悪いけどね。いろいろ不便はあるだろうし」
「だよね…」
「でも、ま、すぐに思い出すかも知れないし、そんなに悲観することないでしょ」

雅の言葉に、桃子は一度ゆっくりまばたきをした。

「そっか…思い出すこともあるかも知れないんだよね」

指し示された希望に、ぱっと桃子の表情が明るくなる。
一時的に混乱しているだけで、明日になれば全部思い出している可能性だって、ない訳じゃない。そう思うと、少しは気が楽になる。

先ほどまでどん底のような顔をしていた桃子が単純に目を輝かせるのを、雅は柔らかな目線で見つめていたのだが、桃子は気付かなかった。
桃子が雅のほうに再び視線を戻す頃には、雅はすっかりそれを隠してしまって、いつものクールな表情に戻っていた。

「それにしても、あたしが桃を庇って階段から一緒に落ちるなんて…中三の頃には考えられないね」
「まあ…そうだよね…」

中三の頃だけじゃない。今の二人の間柄でだって、桃子にはすごく不思議だった。
桃子の方はそれは雅のことが特別な意味で好きだけれど、二人はあくまで単なるグループメンバー。友達とすら言っていいか分からない、そんな関係だ。
ただ、ほかのみんなより少し一緒にいる時間が長いだけの、ほんとうに微妙な関係。
いつもは桃子のことをからかったり一緒にふざけたりする雅が、こんな危ない目に遭ってまで桃子を助けてくれようとしたことは、桃子にだって今でもちょっと信じられない。

なんと返していいか迷う桃子に、雅は少し首を傾けてみせた。

「ひょっとして、この二年の間にみやたちはものすごく親しくなったりしたわけ? なんか、みやのママも桃のことよく知ってるみたいだったし」
「ん? んん…? 親しく……?」

何度も送り迎えで乗せてもらったことはあるから、確かに雅の母親は桃子のことはよく知っている。今日は寒いからと言って、雅の家でお茶を出してもらったこともあった。
けれど、ものすごく親しくなったのか、と言われると、首を捻るしかない。
はてなマークを上に浮かべてぐるぐる考えている桃子に、雅は悪戯っぽく笑って言った。

 
「――まさか、付き合ってたりして?」

141 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:51:21.65 0
>>140


「……へ?」

あまりにも。
あまりにも驚きすぎて。突拍子がなさすぎて。桃子は本当に、それしか返すことが出来なかった。

付き合ってたりしてっていうのは、……桃とみやがってこと?

桃子がぽかんと目を丸くして雅を見ると、雅はふいと目を逸らして、ふっと桃子の反応を鼻で笑った。

「なーんてね。まぁあり得ないよね、桃みたいなぶりっこでうるさい相手なんてさ」
「……はい?」

よく回る雅の舌に、桃子の思考回路は全然追いつかない。
とりあえずケチョンケチョンに貶されていることにだけ、反射的にかちんと来た。

「自分可愛いばっかで、雑だしめんどくさがりだし、気は強いし、年齢イコール彼氏いない歴を更新し続けてるん……」
「あのねえ!!」

桃子は、ペラペラ喋る雅の言葉を遮った。
雅に言われていることを理解した桃子は、怒りで瞬間的に頭が沸騰した。

……正直傷つく。こっちは雅のことが好きで、好きだったけれど、付き合いたいとかそんな大それた希望までは抱いていなかったのだ。
身の程を弁えて、卒業と同時にちゃんと諦めるつもりだった。その自分を捕まえて、この言い様は酷すぎる。
腹がたった、言い返したい……みやをぎゃふんと言わせたい!

 
「言っとくけど、もぉたち、一年前から付き合ってるんだからね!!」


そして桃子の口からポンっと飛び出した反論は、そんな言葉だった。

142 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:53:28.14 0
あああああああ

143 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:53:49.04 0
おっ!?

144 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:53:54.68 0
>>141

桃子の言葉が、二人しかいない病室に響き、静まり返る。
今度は雅の方が、もう声にならないほど驚いた様子で、目を丸くして桃子の方を見上げていた。
桃子はたっぷり5秒は経ってから、自分がとんでもないことを言ってしまった過ちに気が付いた。

ーーあれ? ももはどうしてこんなこと言った?

いや、確かにみやは見たこともないようなおかしな顔をしているし、ぎゃふんというかポカンというか、かましてやったぜ! 感はあるのだが。

「あの…」

訂正しようと口を開きかけた桃子はしかし、動揺から立ち直ったらしい雅が真っ直ぐ自分を見つめて、穏やかな声で聞いてくるのにその言葉を遮られた。

「……あたしと桃が? 桃はあたしの恋人ってこと? だからあたしは桃を庇ったの?」
「そ…」

そんなの、嘘に決まってるじゃん。ビックリした?

言うべき言葉は分かっているのに、喉につっかえて出てこない。
雅の整った綺麗な顔、栗色の瞳、大好きなその瞳にじっと見つめられて、桃子はぐらりと心が揺れた。

……今、そうだと言ったら、みやは、ももの恋人になる?

駄目だと分かっていても、報われないと分かっていても、やっぱり好きで、二年もの間ずっと密かに恋い焦がれてきた雅が、――恋人に?
雅に記憶が戻ればすぐにバレる嘘だ、それは一瞬のことかもしれない。
それ以前に、そもそも雅は信じようとしないかもしれない。

けれど、もし、もし、信じたら?
桃子はそれで、ごくりと生唾を飲み込んで、言った。

「――そうだよ」

僅かに掠れた声が病室を震わせる。
桃子はそんなふうにして、記憶の欠けた雅のニセモノの恋人になったのだった。

145 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:54:23.36 0
かわいい展開なんだけど熊井ちゃんが気になってしゃーない
なんかあるよね…

146 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:54:56.57 0
ああいい展開だ

147 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:55:05.56 0
取り合えず区切りのいいとこまでと思ったんだけど長すぎて自分でも引いたw
サクサク投稿していこうと思うのでしばらくお付き合いしてくれると嬉しい

148 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:55:19.32 0
楽しみにしています!

149 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:55:35.63 0
ありがとう
ハッピーエンドを願いつつ楽しみにしてる

150 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:55:54.65 0
大丈夫だ
めっちゃ楽しみにしてる

151 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 16:57:04.44 0
展開色々予想してしまうが黙って待機してるわ

152 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 17:01:20.60 0
ベリの活動期間でさらに高校生時代って懐かしい

153 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 17:02:52.09 0
古き良きみやももって感じがする

154 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 17:40:45.83 0
名作の予感

155 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 17:59:38.31 0
>>104
みーやんはBuono!前までのイメージ
雅ちゃんがつぐさんって呼んでたのは「そのすべての愛に」のあたりだからボブビちゃん時代に呼んでたイメージある
違うかもごめん

156 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 18:14:13.26 0
乾いた大地に恵みの雨が降るようにこのスレで癒やされていこう

157 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 18:17:19.92 0
>>155
ありがとう
つぐさん呼びの期間は意外に長いんだな

158 :ac253101.ppp.asahi-net.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 18:22:19.96 0
http://mgtab.hatenablog.jp/entry/2016/11/09/110450

159 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 20:34:45.34 0
色んな意味でドキドキするみやもも来てた

160 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 21:07:08.22 0
感想かいたら展開予測になりそうで難しいなw
ももちのついた嘘がどんなことになるんだろう
命がけでももちを助けてくれる辺り雅ちゃんも好意はありそうだが

161 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 21:51:48.02 0
ハロステにももちの卒業発表動画きたぞ

モーニング娘。'16新曲MV!カントリー嗣永卒業発表、
こぶしライブ、℃-uteイベント、℃-uteの一般常識、
アンジュルムダンスレッスン! MC:嗣永桃子・広瀬彩海【ハロ!ステ#194】
https://www.youtube.com/watch?v=VofUJ97ZTrk

162 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:08:38.72 0
夏焼雅さんが嗣永さんを恋しいと思った話
http://video.twimg.com/ext_tw_video/796335240193064960/pu/vid/640x360/ArBe99UYYjhQztqe.mp4

163 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:11:29.35 0
ハロステみたけどももちって絶対雅ちゃんのために料理始めたなって確信した

164 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:24:08.14 0
>>162
初めて見た
ちょっと照れてる雅ちゃんかわええ
やっぱみやももは確信犯だなw

165 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:25:34.57 0
>>162
これずっと見てみたいと思ってたやつだわ…
ありがとう

166 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:27:34.08 0
雅ちゃんめっちゃ照れ笑いしてるなw

167 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:35:05.95 0
>>162
雅ちゃんガチすぎるw

168 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:37:50.88 0
そして最後のMC
http://video.twimg.com/ext_tw_video/796345135759966210/pu/vid/640x360/p4OBHTnRrgKYiN64.mp4

169 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:40:26.78 0
>>168
めっちゃ萌えたありがとう

170 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:40:56.79 0
>>168
なんなんだみやもも…
いちゃいちゃしすぎだろ

171 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:41:14.22 0
雅ちゃんデレデレだな

172 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:42:20.63 0
ももちのこと大好きなの認めてる!

173 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:43:35.52 0
ももちが休んでてももちのこと恋しくなるのは言い訳できる
自分が休んでてももちのこと恋しくなるってやっぱそれって

174 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:44:38.16 0
>>173
それな
ベリのDVDを見ててなぜももちにだけ寂しさを感じたのか
これは言い訳できないレベル

175 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:45:54.20 0
ニヤニヤ止まらん

176 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 22:46:27.96 0
ありがとう
めちゃめちゃ可愛い

177 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:02:49.29 0
みやもも癒されるわ〜
照れるびちゃんかわぇぇ

178 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:10:39.36 0
雅ちゃんにロングヘアのももちとショートヘアのももち
どっちが好みか聞いてみたい

179 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:12:00.84 0
>>163
前に料理してムービーとってプライベートで送れみたいなこと言ってたよね?

180 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:17:26.99 0
俺はももちが髪を伸ばしてきたあたりから雅ちゃんと付き合ってる説を主張するわ
雅ちゃんもここ最近ずっとロングだしこれは結婚式に備えてるはず

181 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:18:01.71 0
>>180
と思ったけど最新画像の雅ちゃんボブビちゃんだったわ…

182 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:20:49.22 0
>>162
>>168
可愛すぎてめっちゃ見返した
ありがとう

183 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:27:09.78 0
ももちPMになってからずっと髪伸ばしてるんだっけ

184 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:32:18.40 0
髪型といえば昔のやつだけど

「i PRESS CAFE」イベント!
http://ameblo.jp/viva-buono/entry-10794561370.html
他のメンバーのどんな髪型が好き?と言う質問に、、、
嗣永は夏焼の髪型を意外に!しっかり見ているようで、いつのLIVEの時のあの髪型は好きなど、夏焼もびっくりしていました。
ちなみに嗣永が夏焼に私は?と聞いた所、、、興味無い!と一蹴していたのは黙っとこ( ゜∋゜)

185 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/09(水) 23:59:37.47 0
Buono!ブログ久しぶりに見たわ
見返したら雅ちゃんのブログが莉佳子並にやばくて草

186 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:03:24.73 0
>>180
マジレスするとハロウィンでセーラームーンやるために伸ばしてたんだと思う

187 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:09:50.22 0
>>186
なるほどなあ
セーラームーン雅ちゃんめちゃくちゃ可愛かったわ

188 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:14:33.66 0
エッチなみやももください

189 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:14:45.25 0
>>162
3バカはそれぞれが桃に惚れてるとこあるよね

190 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:19:10.08 0
どうしたんだ急に

191 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:20:57.09 0
直球すぎてふいた

192 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:21:15.42 0
>>188
ワロタ

193 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:25:50.41 0
エッチなみやももは俺たちの心の中に住んでるんだ

194 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:28:14.14 0
脳内ではみやももはいつもラブラブだしエッチだぞ

195 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:28:54.86 0
脳内のそれを言語化してくれ頼む

196 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:29:23.65 0
脳内のそれを言語化してくれ頼む

197 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:30:54.22 0
>>195
>>196
深呼吸して落ち着こうや

198 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:32:25.43 0
若いお盛んな二人なのに活動停止から遠距離だから会うたび激しく燃え上がってるよ

199 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:36:30.28 0
>>197
先走り過ぎたすまん

200 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:38:25.34 0
色んなハロメンの組み合わせが好きだけどみやももは短時間で激しそうなイメージある

201 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:39:10.30 0
>>162
これ最高だな
雅ちゃんチーク濃いからなんとなくガチで惚れてる感じが出てていいw

202 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:42:31.30 0
ももちはめっちゃ焦らすの好きそうな気もするし何度もするのも好きそう

203 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:43:47.97 0
ももちも案外情熱的だからどうだろ
お互い好みの攻め方は違いそうだよね

204 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:46:27.07 0
耳だと思う

205 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:49:22.56 0
雅ちゃんは基本は恥ずかしさでツンツンしちゃうけど昂ったりももちが気付いてないときにはデレデレなツンデレだと思ってたけど最近はずっとデレデレでヤバい

206 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:50:38.00 0
ももちはキスが上手そう

207 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:52:45.18 0
正直二人とも上手くスマートにこなしそう
だからこそ二人とも下手くそな場合のみやももが萌えるのではないかと思うがどうだろう

208 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:54:27.40 0
すごく納得してしまった

209 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:55:22.76 0
確かに大体どっちかは上手い設定で進むからお互い下手だとかわいいかも

210 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:55:27.34 0
初夜とかどっちが主導権握ったんだろうな

211 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:57:25.50 0
最初の頃はももちがリードしてあげたような気もするが
ももちの心のガードが固そうだし雅ちゃんが熱く押しきった(下手でも)可能性もある
半々くらいとみた

212 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:58:08.07 0
今はもうどっちが抱いてもいいよくらいの付き合いの長さを感じるよね

213 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:58:17.20 0
どっちでもかわいいな

214 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 00:58:49.62 0
>>207
書いてくれるのか?(期待)

215 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:00:27.60 0
二人ともスマートにこなすのも二人とも下手くそなのもどちらかだけが上手なのも全部読みたい

216 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:03:03.52 0
雅ちゃん「桃この前もしたし次うちの番じゃん!順番守ってよ」
ももち「いいじゃん別にーみやのケチ」
雅ちゃん「はあ?何それムカつく早くシャワー浴びてきなって」
ももち「なにその言い方!」

みたいなアホ過ぎる喧嘩して1週間くらい口も効かず喧嘩の理由が理由だし謝るに謝れなくなればいい
可愛い

217 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:03:31.90 0
>>214
書けないから脳内で楽しむ予定
ごめんな!

218 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:03:40.54 0
みやももなのかももみやなのか
どっちがいいんだ

219 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:04:06.12 0
>>218
どっちも楽しめ

220 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:04:42.47 0
人前でイチャつくくせにいざ二人きりになると照れまくってほしい

221 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:05:13.23 0
>>216
それどうやって和解するんだよw

222 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:06:05.13 0
口喧嘩してるみやももも可愛いわ
なんかもう二人のすべてが愛しい

223 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:07:00.51 0
世界一可愛いくてアホな喧嘩

224 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:08:24.39 0
>>221
まあもちろんお互い大好きだし別れるわけないのでももちがちゃんと順番守ってハッピー☆エンドになると思う

225 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:11:20.53 0
>>215
無限の可能性感じてヤバいな
全みやももください

226 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:15:51.06 0
そういえばハロ小説で下手な描写ってみたことないなw
お約束だけど何故か最初から上手いよね

227 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:16:44.45 0
下手って設定にしちゃうと話が進まないからかな…

228 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:18:40.18 0
一理ある

229 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:20:50.42 0
でも女の子同士なんて情報に触れる機会も少ないだろうし探り探りになりそうだよね

230 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:22:55.14 0
一人でするのに慣れてれば案外いけるもんじゃね

231 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:27:33.50 0
いやでも自分とはやり方違うかもしれんし

232 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:29:41.59 0
自分とはおっぱいの大きさとか足の長さとか違って戸惑うかもしれんしな

233 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:30:29.74 0
>>232
ワロタw

234 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:32:39.58 0
実は不感症なももちと元々ノンケだから女の子の攻め方がわからない雅ちゃんの奮闘記

235 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:33:53.48 0
何だよお前ら面白そうなアイデア隠し持ってるやん

236 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:34:05.04 0
>>232
深夜に笑わせるなよ

237 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:34:21.96 0
脳内で楽しまずにシェアすべき

238 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:35:12.93 0
>>234
めちゃ面白そうだけど書くの無茶苦茶大変そう

239 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:35:57.55 0
今妄想してる設定
付き合い始めて数ヶ月が経ったんだけどキスまでしかいけてないみやもも
なんとか次のステップに進みたいんだけどなかなか時間が取れなくて
あるデートの帰り道ももちが雅ちゃんに「今日はみやと離れたくない」って言うんだ
そんでなんだかんだあってホテルに泊まることになって初めての体験をしちゃう

みたいな感じを妄想してる
千奈美にイメージはももちが誘ってるけど受けの感じで

240 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:36:29.98 0
精神面では結局ももみやなイメージがあるな

241 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:37:49.33 0
今日はみやもも考察(妄想)が捗るな

242 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:38:51.26 0
全部読みたい

243 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 01:44:07.13 0
>>241
いい日だね

244 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 02:04:30.42 0
今書いてるエロが書き上がったら明日あたり投下します
今日はおやすみなさい

245 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 02:05:18.28 0
楽しみにしてます
おやすみなさい

246 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 02:08:16.46 0
>>244
やったあああああああ
おやすみなさい

247 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 02:12:26.35 0
マジかやったぜ
おやすみやび

248 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 03:04:01.88 0
>>188
>>244
2時間で願いが叶うスレ

249 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 06:33:26.79 0
おはようございます!

250 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:12:26.71 0
>>162
>>168
朝からめちゃ萌えた
動画から元のツイートに飛ぶのってどうしたらいいんだっけ?

251 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:17:34.74 0
ももちは不器用そうだけどなあ

252 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:36:44.50 0
まあ器用ではないかもしれんが

253 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:37:45.53 0
起きたらエロ妄想で埋め尽くされてた
おまえら最高

254 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:39:19.62 0
みやびちゃんとももちが大統領選挙で戦った後カミングアウトして結婚する話ください

255 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:46:49.16 0
どっちがかっても国はみやもものものになるのか…

256 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:48:41.46 0
二人とも上手いなら素晴らしい
どちらか下手なら教えてあげればよし
二人とも下手な場合どうするんだろうか
第三者の先生をお招きするんだろうか

257 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:51:18.54 0
お互いソロプレイでお茶を濁すくらいしか思い付かなかった

258 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 07:56:59.35 0
招かれた先生も困るだろ

259 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 08:12:43.63 0
二人ともスキンシップ好きだし
焦らず愛を育んだらいいよ

260 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 08:27:35.19 0
みやびちゃんが知ったかして
ももちが対抗する
対抗するももちを見てみやびちゃんが存在しない第三者に嫉妬して
嫉妬して冷たくなるみやびちゃんを見てももちが自己嫌悪に陥る
落ち込むももちを見てみやびちゃんが八つ当たりして
怒るみやびちゃんを見てももちも怒る
逆ギレしたももちを見てみやびちゃんが捨て台詞を吐き
吐かれた捨て台詞を聞いたももちが勘違いしてるよと諭し
それを聞いたみやびちゃんが私もとカミングアウトして
二人はイチャイチャして終了

261 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 10:35:34.73 0
みやももあるある

262 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 10:41:20.48 0
ももちって不器用だから下手くそなのも似合うなーと思ってヲタチックシミュレーション


雅ちゃんは「ももにしてるだけで気持ちいい」とか言って攻めしかしたことない
ももちもやっぱりしたくなって頼み込んだりお酒飲ましたり色々やって攻めようとする
だけどももちが不器用なのとかみやびちゃんが不感症なのとかが重なって濡れることさえしない
それを克服する物語

解決方法はこんな感じかな
体にコンプレックスがあって不感症みたいになってたけどももちが雅ちゃんの体も好きだということが伝わる
ももちが雅ちゃんにしたり自分でしたり逆にされてる時に何かを悟ったりして上達する

263 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 10:54:29.38 0
エロい上に長編になりそうな話だな

264 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 10:58:39.11 0
ごめん昔読んだ別のカプの小説に引っ張られて長くなった

265 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 11:17:34.78 0
いやいやむしろ良いと思う
誰か書いてくれないかな

266 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 11:38:45.12 0
俺は雅ちゃんのおっぱい好きだぞ

267 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 11:54:25.95 0
>>260
みやもも連鎖かわいい

268 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 11:55:39.91 0
雅ちゃんにおっぱいはない
胸はあるけど

269 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 13:58:16.46 0
ノノl#∂д∂'ル<うるさい!

270 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 16:39:52.81 0
>>144

U


「はぁ〜……」

桃子は一度立ち止まると携帯を開いて、昨晩から何度も読み直しているそのメールにもう一度目をやった。
読みすぎてもう文面を覚えているそのメールの、送り主は友理奈だ。

『みや、まだ記憶は戻ってないみたいなんだけど、明日からレッスン来るって!』
「お、お腹痛い……」

携帯をポケットにしまって、桃子はお腹を押さえながら駅から事務所までの道を再び歩き始める。

雅については脳波の検査でも異常は見当たらず、昨日予定通りに退院して、記憶喪失について事務所の側とも色々話があったらしい。
「自分のせいだし気になるから、何か分かったら教えて」と友理奈に言ってみたら、ふたりを心配していたという友理奈は、マネージャーに雅の一日のスケジュールを把握していたので、桃子はちょっと混乱した。
ともあれ、今日はもうレッスンに出てくるらしい。
そのため、桃子の足取りはとにもかくにも重い。

 
あの後、桃子と雅がそれ以上の会話を重ねる前に、桃子の母と雅の母が揃って病室に帰って来てしまい、二人は話を続けることが出来なかったのだ。
雅の携帯は壊れていたし、あちらの方からの連絡も勿論なかった。

だからあの「実は付き合ってる」発言は宙に浮いたままになっている。
桃子はもうどうしたらいいのか分からないくらい、自分の軽率な発言を後悔していた。

とにかく、雅に会ったら、あれは冗談だときちんと説明しなければならない。
嘘をつくなんて不誠実だし、しかもこんな性質の悪い嘘、雅が桃子に対して持ってくれているであろうメンバーとしての信頼を踏みにじるものだ。
軽い調子で謝って、自分の気持ちに気付かれることなくなんとか誤魔化したい。
決してそういった繰り言が得意でない桃子は、そう思う度にキリキリと腹が痛んだ。


「もも」
「わあああ!!! ごめんなさいぃ!」

ぐるぐる考えていた桃子は、突然声をかけられて全身をハリネズミのように緊張させて、がばあっと頭を抱えた。

271 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 16:44:49.33 0
>>270

「ちょ、朝からうっさい」
「…み、みやっ? 何でここに?」

事務所の玄関口のところ。壁にもたれて立っていた雅に、桃子は目を回しながら聞いた。
ずっと雅のことを考えていたのだし、会話のシュミレーションも幾つも重ねたが、このパターンはなかった。心の準備がまるで出来ていない。

しかし、雅はもちろんそんな桃子の内心のドタバタは知ったことではない。
雅はにこりと、今まで少なくとも桃子には一度も向けたことのない類の笑顔で微笑んで、聞いたことのない甘ったるい声で言った。

「桃のこと待ってた」
「……へ?」
「いつも朝は会ってなかったの? でも昨日会えなかったし、はやく顔が見たいなって思って」

一拍置いてから雅の言葉が頭に入って来た桃子は、その途端にかああと顔を上気させた。

制服姿の雅は背も桃よりずっと高くて、手も足もすらりと長くて、髪の毛と瞳の栗色ときたら朝日を受けて輝かんばかりで、目鼻立ちの整った顔にきれいな肌はどこかの彫刻かと思うくらい完璧で……
まあ恋する欲目がちょっとどころか大分入った評論であることは否めないけれど、とにかく可愛い。
片思いの相手であるそんな女の子が、まるで愛しいものを見るかのように自分を見つめ、自分の顔を見るために待っていてくれたのだと言うのだから、桃子がそんなふうに顔を真っ赤にするのも無理のないところではあった。

「あはは、桃、顔真っ赤」
「だっ…ここ、ひとまえっ…!」

そうだ。ここは事務所の入り口。先ほどから、警備員のちらちらと桃子と雅を振り返ってくる視線が痛い。
珍しくりんごのように真っ赤な頬でキョロキョロ周りを気にする桃子に、雅はふーん、と何を考えているか分からない顔で言った。

「あたしたち、やっぱり付き合ってるのは周りに内緒にしてるの?」
「!」

雅のほうから付き合ってるという言葉が出てきて、桃子は驚いて二回ほどまばたきをした。
ーーそうだった、付き合ってることになってるんだった。
いきなり現れた衝撃のあまりに頭から少しの間飛んでしまった。

「そ、そう!だから、あの…」

とにかく、こんな公衆の真っただ中でまたあんなことを言われたら困る。
雅に黙って欲しい一心でぶんぶん頭を振りながらうなずき、心底焦った様子で見上げてくる桃子の様子に、雅は渋々といった感じに口を尖らせた。

「まあ、同じグループのメンバーなんだし、一緒にスタジオ行くくらいはいいよね?」
「うん、それは、まあ……」

桃子がオーバーヒートした頭で考えてなんとかそう返事をすると、雅は機嫌よく桃子の横に並んで歩き出した。
ちらりと盗み見たその横顔に、楽しげな口元に、桃子は眩暈がした。

結局、桃子はスタジオに着くまでの道のりの中で、雅に自分の嘘を告白することは出来なかった。

272 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 16:57:52.75 0
それにしてもこの雅ちゃんノリノリである

273 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 17:08:40.99 0
デレびちゃんだな
良い

274 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 17:12:12.88 0
どうなるんやこの二人…

275 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 17:18:07.28 0
ももちも雅ちゃんもかわいい

276 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 17:30:23.45 0
更新ありがとう

277 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 18:34:42.80 0
うおおおおおおおおおおお
デレびちゃん!デレびちゃん!

278 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 18:42:43.37 0
むっちゃくちゃかわええ
でも微妙に切ない

279 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:22:43.55 0
そういえば今日公開のGNOの収録ってインスタに上がってないっけ?

280 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:25:59.90 0
上がってない

281 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:30:45.99 0
だよな
ついこの間ももちゲストだったからそれはないだろうけど
この後の雅ちゃんが見れるかもしれないと思うとドキドキする
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/14719115_1653596217999966_2721432029118857216_n.jpg

282 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:30:53.64 0
残り8ヶ月はGNO毎回ももみやでええんやで

283 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:31:45.38 0
ちょうどグランピング終わったからみやもも企画やればいいのにな

284 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:35:33.40 0
みやもものクリスマスデートロケとかみやももの初詣ロケとか

285 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:41:53.89 0
みやももDマガはまだか

286 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:42:28.40 0
みやももトークイベやってくれ
てかももちのバースデーイベのゲストに呼べよ

287 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:52:05.65 0
みやももロケ希望

288 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 19:54:38.14 0
>>281
この写真何度見ても興奮する

289 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:10:22.04 0
喧嘩っぷる的なみやももエロです
エロ苦手な方はご注意ください

---
「つぅッ!」

唇に走った鋭い痛みにありえないと睨み付けると、桃子がしたり顔でにやついていた。
痛みに怯んだ隙をつかれ、ぐ、と桃子の体重がのしかかる。
普段でも腕力では敵わない上に、不意打ちとあっては尚更敵うはずがない。
背中越しに感じる、カーペットの感触と、その先の奥の硬さ。
頭だけはぶつけないようにとご丁寧に差し出された掌に、けれど今は優しいなどと思う余裕はなかった。

「ねえ、みや。素直になりなよ」
「っさい……!」

つけっぱなしになっていたテレビのざわめきが、ぷつりと途絶える。桃子が器用に片手でそれを消したのだと分かった。
しんと沈黙が満ちて、こちらに注がれる桃子の視線に熱が増したのを感じた。
いつもなら、こうなってしまえば素直に桃子に主導権を譲るのがお約束。
けれど今日は、何故か、される側の気分にはなれなかった。

「みや——んんっ」

空いていた両腕を回し、無理やり桃子の体を引っ張り込む。
そのまま噛みつくように唇を奪い、半ば強引に中へと舌を侵入させた。
慌てたように逃げ惑う桃子の舌先を捕まえて、かと思えばぬるりと逃げられる。
ぴく、と桃子の体が小さく震えたのを感じて、更に動きを加速させようとしたところで、桃子に腕を振りほどかれた。
上体を起こした桃子に見下ろされる形になるが、桃子の強い視線を雅は正面から受け止める。

「ちょっとぉ、ごーいん」
「どっちが」

もともとは、桃子がいけないのだ。
いつものように一緒に夕食をとって、その後はまったりと過ごす。二人でいる時のお決まりのパターン。
それが今日は、唐突にキスをされた。
何の前触れもなく、合図のような軽いキスもなく、無遠慮に入ってきた桃子に苛立って。
火がついたというよりは、少しだけ意地を張ったような形で雅からもキスを返した。
多少強硬な姿勢に出れば、普段通り大人しくなるだろうと踏んでいた。
それなのに、絡めようとした舌先を逆に吸われ、それでもなお攻めようと唇を開いたところで桃子の歯に噛み付かれた。
その痛みをきっかけに押し倒されて、今に至る。

「ね、今日はももがしたいな」

そんなことを言いながらも、桃子が示す選択肢は一つだけ。
けれど、それを簡単に選んで言いなりになるなんてごめんだった。

「みやの気持ちはどうでもいいわけ?」
「んー、でも気持ちいーの好きでしょ?」
「そういう話してない」

"何でも分かってます"という態度が気に入らない、と思った。
それが当たっていれば文句はないが、そうではないから問題なのだ。

「なに?じゃあ、みやはどうしたいの?」

ジリジリと燻っていたところに、息を吹きかけられたような気がした。
こんなにも簡単に煽られ、焚きつけられる。
どこまでが桃子の意図するところなのだろう、どこからが桃子の想像を超えるところなのだろう。
依然として、雅はそれを掴めずにいた。
それさえも、なんだか悔しくて。

290 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:11:00.05 0
>>289
「ちょ、みやっ」

先ほどよりも強引に、明確な意思を持って桃子の体を引き寄せた。
抱きしめるなどという穏やかな思いから出た行為ではない。
バランスを崩した桃子の全体重を引き受けると、雅はそのままするりと体勢を入れ替える。
先ほどとは逆に雅が見下ろす形になると、桃子の口角がうっすらと持ち上がるのが見えた。

「なるほどねぇ」
「……悪い?」
「いや、別に?」

組み敷かれているというのに桃子は余裕たっぷりに微笑んで、じわり、追い詰められたのは雅の方だったのかもしれない。

「じゃあ、おとなしくしてて」
「それはどうかなー」
「は?……ぁっ」

不機嫌なのだとアピールするために発した息は、そのまま甘い音となって漏れた。
いつの間にか服の裾から入り込んだ指先に、つ、と脇腹を撫で上げられる。
桃子の視線ばかりに注意がいっていて、忍び寄る指先への対処が遅れた。

「ももだってさ、今日はそっちの気分なんだけど」
「うるさ、ぃ」

桃子の切りそろえられた爪の先が、当たるか当たらないかギリギリのところで移動する。
たったそれだけのことに、どろりと甘さが溢れ出す。
指先一つで、簡単に持っていかれる。でも、今日は譲れない——譲りたくない。

「やめて」

イタズラを止めようとしない指先の動きは、両手を繋いで封じ込めた。
自由度は下がるが、それはお互いに同じこと。

「みやってば、そんな必死になんなくたって」
「黙ってよ」

次から次へと転がり出す言葉を取り上げようと、一方的に唇を塞ぐ。
甘噛みをして、桃子の舌先を吸い込んで、柔らかい部分を余すところなく唾液で満たして。

「……ふ、ぁ」

ちょっと待ってと言いたげに、繋ぎ止めていた桃子の指先に力が入る。
桃子の言いたいことは十分に伝わってきたが、止める気はさらさらない。
今日は自分がするのだと認めさせたい一心で、雅はひたすらに舌先を動かした。
合間に漏れる吐息には色がつき、いつしか零れ落ちた唾液は頬を滴って。

「ん、ぅ、みやっ!」
「った!」

キスとキスの隙間で再三呼ばれる名前を無視していると、突然額に加えられる鈍い衝撃。
遅れてやってきた痛みが、ズキズキと主張を始める。
本日二度目のありえないという顔で、雅は桃子を睨めつけた。

「頭突きとか、まじ」
「みやが悪い」

頭突きをしてきた本人にとってもダメージの大きい行為だったらしく、桃子の目は多少潤んでいるように見えた。

291 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:11:43.94 0
>>290
「あのね、酸欠で死んじゃうから」
「頭突きしていい理由になんない」

さらに反論しようと開きかけた桃子の唇に、再び自分の唇で蓋をした。
桃子の唇を舐めて、そのまま耳元に下りていく。

「ホント、うるさい」

黙ってて、と小ぶりな耳に口先を寄せ、舌先を差し込むとわざと水音を立ててみせた。
桃子から微かに漏れる吐息は徐々に色づき、そのことに少しだけ満足して。

「……いいでしょ?」

あさっての方向に逸らされる視線を、雅は都合よく解釈することにした。
掴んだままだった両手を左手でまとめ、右手は服の裾へと向かわせる。
一気に捲くりあげ、勢いで下着も上にずらすと、桃子から非難の声が上がった。

「ちょ、下着伸びるじゃん」
「はいはい」

そっと肋骨をなぞり、わずかに反った背骨の隙間から下着を緩める。
ぴくりと反応したのを横目に、膨らみの先へと指を這わせた。
周辺をなぞっているだけなのに、硬さを増していく突起。
焦らしているつもりが、こちらまで焦らされているような感覚に陥る。

「ん、やぁっ」

堪らず吸い付き、軽く歯を立て、舌先で嬲った。
形の良い桃子の胸が自在に形を変え、その背中は素直に反らされる。
両手を解放すると、桃子はせっかちに雅の首へとしがみついた。
それらの仕草に気をよくして、雅は両手で桃子の胸の感触を味わうことにする。
豊かな柔らかさに任せて爪を食い込ませると、桃子の吐息の色が変わった。

「ぁっ、つぅ、あ」

目で訴えられる痛みは見なかったことにして、爪を立てた痕に優しく舌を触れさせる。
かと思えばもう片方を強めに摘んで、身を捩る桃子に雅は頬を緩ませた。
強めの刺激を与えて緩く撫でる、を繰り返す。
痛みと快感の輪郭がぼやけて一つになって混ざり合う感覚は、桃子が教えてくれたもの。

「もも」

気持ちいい?と問いかけのふりをして、答えなんてイエス以外は許さない。
それなのに。

「どう、ぁっ、か、な」
「いいくせに」

交わった桃子の視線は挑発的で、抱いているのに抱かれているような錯覚に陥った。
煽られるままに雅はさらに下へと指先を滑らせ、桃子の履いていたスカートへと手をかける。

「腰、上げてよ」
「みやも脱いで」

かち合う、視線。
変な意地など張らないでさらっと脱いでしまえばよかったのだが、あっと思った時にはタイミングを逸していた。
桃子と見つめあって、数秒。へにゃ、と桃子の口が歪むのが見えて。

292 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:12:48.59 0
おおおおおおおおお

293 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:12:56.56 0
>>291
「あぁっ!」

出し抜けに下から与えられた刺激に、雅の背筋をぞくりと痺れが這い上がった。

「どしたの、みや?」
「く、ぅんっ、も、も……っ!」

いつの間にか桃子の指先は雅の下半身で遊んでいて、気まぐれに弾かれる刺激に雅は息を詰まらせた。
ふっと腰が抜けそうになって、空いていた腕で何とか体重を支える。
文句は形にならないまま、下半身の輪郭をなぞられてじわりと鳥肌が立った。

「ふふ、いい声だねえ?」
「だまっ、ぁあ」

布越しに緩く入り口を撫でられ、最も敏感な場所を圧迫される。
くらりと眩暈に襲われて、雅はぐっと目を閉じた。

「んー、やっぱり、みやの声も聞きたいな?」

桃子の声はからかうように響いて、雅の鼓膜をいたずらに揺らした。
触れられた先の布が湿っていることを自覚した矢先、濡れてるね、と囁かれて、さっと頬が熱を帯びる。

「みやがっ、ぁっ、するっ、の……!」
「だーかーらぁ、もももね、したいの」

分かる?と噛んで含めるように区切った言葉。子ども扱いをされたようで、頭に血が上る。
その間も止むことのない刺激に、何が原因で熱くなっているのか分からなくなってきた。
委ねそうになる体を何とか保って、雅は手近にあった肩口へとかぶりつく。

「ぃいっ!」

あえて乱暴に前歯を押し当て、そのまま強く吸いついた。

「あ!ちょ、みや」

桃子が狼狽えるのも構わずに吸い続け、その痕をペロリと舐める。
そっと顔を話すと、桃子の白い肌に浮かび上がる鮮やかな朱が確認できた。
雪の中に咲く花のよう、などと柄にもないことを思ってしまうくらいには綺麗で。
けれど今は、見惚れている場合ではなかった。

「もう、みや——ん、っ」

そんな素振りを少しも見せないままに、桃子の下着を、その向こうにある秘芯を指の腹で擦る。
予期せぬ刺激に跳ねる体。
服を脱がすのは諦めよう、今はそれより桃子の思考を、全てを自分のものにしたい。
奪い去って雅だけで満杯にして、溢れるほどに。

「はぁっ、ぅ、やっ」

294 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:13:16.25 0
>>293
滴るほどに濡れた先へと分け入って、きっと一本じゃ埋め尽くせない。
そろりと更にもう二本、何も言わずに差し入れた。
その間にも、まとわり付く液体は量を増し、雅の指先を手の甲を手首を伝う。
どんな言葉を並べ立てられるよりも、今この指先を包みこむ温かさだけで安心できた。
指の長さに限界はあって、たどり着ける場所なんでたかが知れているのに。
それでも、もっと奥までと欲した。
行き当たった先の緩やかな凹凸に触れると、桃子が一層大きく跳ねて。
今日は奥がいい?問う余裕なんて残っていなかった。
雅の思考が桃子に支配されているように、桃子の中も雅でいっぱいであれば良い。そう願って。
指をばらばらに動かすと、桃子の小さな体が雅に縋りついてきた。
だんだんと間隔の短くなる嬌声を耳に溶かしながら、雅は更に上へと桃子を追い立てる。

「いっ、あぁっ、い、ちゃう、ぅあっ……!み……ゃ、ぁっ」

中に入った指先が締め付けられて、ドクドクと伝わる脈。
桃子の体が痙攣して大きく仰け反り、達したのだと分かった。

くったりと床に体重を預け、気怠げな呼吸はまだ少し荒い。
それを頬に受けながら雅はそっと桃子の唇を掠め取った。
そういえば今日は、戯れるようなキスさえしていない。そんなことを、ふと考えた。

「ほんと、みやってば」
「うるさい」

不規則な呼吸の合間でも、減らない口数に少しだけ苛立って。
ああ今日はこんなことばっかりだ、と片隅で思いながら一方的に口付ける。
かと思えば、下唇に閃いた痛みに反射的に顔を離した。にやり、と歯を見せながら桃子が笑う。
文句を言おうとしたところで、ぐるりと視界が回転した。

「ちょ、もも?」
「さーて、次はももの番だよね?」
「まっ、ぁっ」

諸々の順番をすっ飛ばし、桃子の指は太ももへ、そして更にその上へと移動する。
それが目指す先は容易に想像がついたが、抵抗する力は唇へと落とされた刺激に刈り取られた。
程なくして桃子から与えられる刺激に思考を放棄し、雅はしっかりと桃子を抱きしめた。

295 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:15:17.39 0
鼻からイチゴジュース出た

296 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:15:58.83 0
お粗末様です
いつもはももちに良いようにされてそうなのであえて雅ちゃんに頑張ってもらってみました

297 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:16:14.20 0
最高
みやもも最高

298 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:19:45.12 0
手に汗握るみやもも攻防戦をありがとう

299 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:23:35.44 0
喧嘩してても可愛いって罪だろ…

300 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:25:43.57 0
噛みついたり頭突きしたり子供がじゃれてるみたいなのにやってる行為は大人なのが非常によい

301 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:34:35.93 0
ご馳走様です
ももち攻めも好きだけど雅ちゃん攻めがマイブームすぎてドンピシャだった

302 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:35:04.62 0
このスレ見てたらユアマイの女の子=I NEED YOUの女の子でもいいなと思った
失恋話だけど

BuonoのI NEED YOUが本当にももちの歌だった件 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1478748031/

303 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:37:26.32 0
噛んでるのも頭突きもほとんどももちでワロタ
暴れん坊将軍かよ可愛い
雅ちゃんは優しいから不利なのに頑張ったね

304 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:40:55.32 0
エロいし可愛いのはすごい
これ昨日から書き始めたの?前から書き始めてた感じ?

305 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:48:14.21 0
GNOもうすぐだな
何もないかもだけどみんなでチェックしようぜ

306 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:49:36.88 0
GNOの雅ちゃん見る前にエッチな雅ちゃん読んじゃった

307 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:51:16.76 0
エッチな気分で雅ちゃんを見ようぜ

308 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 20:58:20.07 0
>>304
昨日のみやももエロくださいってレス見てから書き始めた

309 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:00:07.69 0
書いといてなんだが雅ちゃんに申し訳なくなってきた…

310 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:00:42.47 0
>>308
すげええええええええええ

311 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:00:54.22 0
GNOきてる

312 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:01:43.69 0
雅ちゃんやっぱ髪短いほうが好きだわ

313 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:02:31.30 0
さすがにももち来ないか…

314 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:16:20.24 0
>>309
俺らみんな共犯さ

315 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:26:04.06 0
>>314
そうだな
これからも健全にみやももエロを妄想することにするよ

316 :h219-110-159-149.catv02.itscom.jp@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:31:32.57 0
そのうち来るさ
今からGNOみやもも回楽しみなんじゃ

317 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:51:40.00 0
こぶしの2人のロケのときのワイプ雅ちゃんが可愛すぎて憤死しました

318 :ac005054.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 21:56:14.25 0
「これがパニック障.害なの」女性は、たった2枚の写真で伝えた
http://huipo.vlcdirect.com/img/20161111

319 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:07:58.10 0
GNO来なかったの地味に悲しかったから先週分見てたんだけど
まじでみやももとちーちゃんの組み合わせめっちゃかわいい

320 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:11:21.18 0
森戸ちゃんが犬の名前聞かれてポンちゃんですって答えた後
一瞬みやももが目を見合わせてそのあと一緒に笑うとこにきゅんとした

321 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:26:18.75 0
ぷにぷに〜
http://video.twimg.com/ext_tw_video/796705190619426816/pu/vid/642x360/B_o5GrJVZiHpIVNF.mp4

322 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:45:06.77 0
ナチュラルにイチャついてんなあ

323 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:48:38.39 0
隣が千奈美と雅ちゃんなのがまた…

324 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 22:52:09.53 0
みんなでいるときに二人の世界作りたがるよね?
愛理がよく言われるけどベリの他のメンバーも被害者だよね?
かわいいね?

325 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:01:57.94 0
ここまでイチャついといてばれてなかったのか…
もしくは見てみぬふりをされていたのか

326 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:07:34.65 0
>>325
日常茶飯事だからみんなスルーしてるんだよ

327 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:10:40.45 0
ベリは空気読んで見てみぬフリだよ
なお…
http://i.imgur.com/q4Mslga.gif

328 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:11:03.01 0
>>308
エッチなみやもも下さいと素直に口に出してよかった

329 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:13:38.42 0
>>327
マジかよこれ
お姉ちゃん達に構ってもらえなくて寂しかったんだな

330 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:13:58.61 0
ル ’ー’リ <結んで
ノノl∂_∂'ル<拭いてちゃんと拭いて

http://video.twimg.com/ext_tw_video/796716068207095808/pu/vid/636x360/85qHMKX8hP68H6Dv.mp4

331 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:16:00.53 0
>>330
ツンデレ全開ですね

332 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:30:16.38 0
>>328
喜んでもらえて嬉しい
あのレスのおかげでみんなのエロ妄想も読めたし捗ったわ

333 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:30:22.02 0
>>330
わろたw
かわいいな

334 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:33:38.19 0
>>330
このあと雅ちゃん自分の手を嗅ぐんだよな

335 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:38:51.91 0
嗅ぐってそれただの変態では

336 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:43:11.66 0
>>327
これ初めて見た
みやももも可愛いけど末っ子愛理もかわいい
でも雅ちゃんマジでイラっとしてるなw

337 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:47:54.69 0
>>334
変態すぎるだろw

338 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/10(木) 23:51:41.56 0
別に手嗅いでたわけじゃない

339 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:00:00.95 0
愛理は腐女子だからみやももイチャイチャ平気なんじゃなくて
みやももイチャイチャ味わわされすぎて腐ってしまったんや

340 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:06:31.51 0
罪なお姉ちゃんたちだな

341 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:07:25.02 0
茉麻が腐女子のほうがピンとくるわ

342 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:12:24.67 0
>>327
おい愛理!
もうちょっとでキスするところだったのに

343 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:38:24.57 0
>>341
それはガチな方

344 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 00:41:46.06 0
ハロドラのラジオなんで雅ちゃんの日にももち入れないねん…

345 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 02:02:48.29 0
みやももおやすみ

346 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 07:01:37.96 0
あぶ

347 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 07:12:26.63 0
ノノl∂_∂'ル ル ’ー’リ < あさー

348 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 07:25:23.28 0
おはよう

349 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 09:23:37.53 0
「月刊De☆View」 2013年4月号 CAST☆Information 夏焼雅

5.デ☆ビュー読者へのメッセージ
ノノl∂_∂'ル<まずは自分の好きなことを見つけることが大事じゃないかな。
      私はお洋服が大好きなので、オーディションを受けるときに
      誰よりも目立ちたいと思ってメゾピアノっていうブランドの洋服で
      全身ピンクにして行ったんですよ(笑)。オーディションの会場で
      ももちとすれ違ったときに“なんだ?あのギャルは?”みたいな
      目で見られたのを覚えてます!(笑)

350 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 09:41:48.95 0
なんで唐突にももちの話が出てくるんだ・・・

351 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 10:07:18.11 0
一目惚れの瞬間の話か

352 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 10:16:49.41 0
雅ちゃんも覚えてるのが良いよなって思ったけど一目惚れしたんなら覚えててもおかしくなかった

353 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 10:17:35.58 0
なんだ?あのギャルは?という目で見られて一目惚れって雅ちゃんやっぱりユニークだわ

354 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 11:36:35.83 0
今思ったんだけど例えばフラれた直後にフってきた相手と写真撮らないよな?
と考えるとあのfell in love with you at first sightでみやびちゃんが涙目だったのって
もしかしてプロポーズされて泣いてたんじゃ…

355 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 11:45:47.09 0
あのスタンプはももちへの私信かもしれんのか

356 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 11:52:05.44 0
天才か

357 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:03:40.24 0
プロポーズしたもしくはされた→雅ちゃん泣く→ほんとは一目惚れでずっと好きだったよ(私信)
って流れの可能性?

358 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:20:58.25 0
ドラマチックすぎるな

359 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:23:59.96 0
ヲタチックシミュレーション

オーディション会場で
雅ちゃんは遠くから歩いてきたももちに一目惚れ
かわいい!好き!友達になりたい!とガン見
ももちはなんだ?あのギャルは?こっち見てる・・・と不審な表情
それでも雅ちゃんは少女漫画のシチュエーションとかを思い出しつつすれ違いざまにぶつかる
もちろん振り返って目が合った瞬間にキラキラ・・・とはならない
期待通りにいかずショックを受けて「ごめんなさい」
それでももちがちゃんと謝れるんだと思って感心

360 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:30:09.32 0
ヲタチックリアリティじゃねえかw

361 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:30:55.72 0
>>357
これだな

362 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 12:59:09.55 0
つまりあのバラは雅ちゃんから俺たちに向けてのブーケトスなんだよ

363 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 14:02:25.35 0
>>359
ももちより雅ちゃんのほうが乙女チックなの好きそうだよな

364 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 14:04:40.30 0
結婚報告はまだか!

365 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 14:36:20.78 0
>>362
いい加減お前らも結婚しろってことか


ってやかましいわ!

366 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 14:41:31.30 0
>>365
ワロタ

367 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 15:42:52.78 0
二人ともイケメンな部分と乙女な部分を持ってるからいいんだよな

368 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 16:29:23.61 0
今更だが夏祭りのみやももでヲタチックシュミレーション

「ねぇもも、なんだっけあの妄想」
「妄想じゃない!乙女チックシュミレーション!」
「そうそれ、普段どんなこと妄想してんの?」
「だから妄想じゃないってば!最近だとそうだなあ、、、王子様とお祭りに行くの。それで綿あめとかクレープとか買って食べさせあいっこしたり、金魚すくいで金魚取ってくれたりとか、一緒に花火見たりするの」
「ふーん」
「ねぇみや、この後暇?」
「まあ暇だけど、どうしたの?」
「一緒にお祭り行こっか」

369 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 16:29:33.76 0
なるほどだから甘々なのに爽やかなんだね

370 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 16:36:08.44 0
お祭り行くみやももヒュー

371 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 16:51:52.28 0
>>271


「桃」

ダンスレッスンが終わってすぐ。
廊下側の方から声をかけられて、桃子はペットボトルの蓋を開けようとしていた手を止めて振り向いた。

「佐紀ちゃん、みや……どうしたの?」
「桃、一緒に外まで飲み物買いにいこ」
「へっ?」

佐紀に誘われて、桃子はぎくりと体を強張らせる。
今まで、休憩中に佐紀と一緒に外に休憩しに行ったことなど滅多にない。
突然の誘いに、ひょっとしたら自分を恋人だと思い込んでいる雅が佐紀にそれを話したのかと思い、頭が真っ白になる。
だが、佐紀の口から出て来たのは、それとは少し違った理由だった。

「みや、二年分の記憶が今はないでしょ? だから、朝から色々思い出を話してて。ホラ、聞いてる内になんか思い出すかも知れないし」
「あ、ああ、なるほどぉ……」

付き合ってるいる云々の話じゃないことに安心しながら、桃子は苦笑いした。

さすがにメンバーに理由も告げずに雅が一週間休むのは不自然であるため、マネージャーから昨日軽く説明があったのだった。
雅と桃子が階段から落ちたこと、それで雅の最近の記憶があやふやで本調子ではないこと。
話を聞いてすぐはみんな混乱していたが、今は元気で明日のレッスンは見学するという旨をマネージャーが伝えると、みんな安心していた。

佐紀の言葉に桃子は頷いた。
なるほど。それはそうかも知れない。
この二年間、有難いことにBuono!での活動も順調で、雅と一緒に活動する時間の長い桃子の話も、と佐紀が思うのは自然なことだった。
そもそも事故自体について責任を感じている桃子を、佐紀が気遣ってくれたというのもあるのだろう。

「廊下の自販にする?」
「今日すごい温かいし、コンビニまで行かない?」
「うん、いいよ」

自分の持っていたペットボトルはしまい、桃子は、佐紀たちと外のコンビニに向かった。


この3人で揃ったら、雅と佐紀が盛り上がってて、桃子は控えめに会話に加わるような感じになる。
でも、今日は違っていた。

「それでね、夏のツアーのホテルでさー」
「みやは、暑いとこ行くのもバス乗るのもやだって言って、出発前めちゃくちゃ不機嫌だったんだよね」
「バスで、みやは、通路挟んで隣にもぉが座ってて、もぉはすっごくたくさんおしゃべりしたかったのにさぁ……」
「あはは、でたその話」
「それがどうしたの?」
「みやが、桃がうるさすぎて眠れないんだけど! とかって怒っちゃったんだよね」
「何それ。よっぽど桃うるさかったんだね」

そうして、桃子は頭から引っ張り出した色んな記憶をお喋りして披露してやった。

372 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 16:56:42.12 0
>>371

それはコンビニで飲み物を買った後も尽きなくて、やがて佐紀が感心したように言った。

「それにしても桃、本当よく覚えてるね」
「へへー」

雅ことだったら、この二年、桃子はたくさんのことを覚えている自信があった。
交わした言葉も、何気ないやりとりも、たとえ雅がこっちを向いていない時のことだって。

佐紀はエレベーターでレッスン室の下の階のボタンを押した。

「ちょっと控え室でもう一つタオルとってくる」
「わかった」
「いってらっしゃーい」

そうひらひらと手を振って、佐紀は扉から出て行った。
その背中を見送って、ほうと雅が溜息を漏らす。

「キャプテンあんまり変わらないね」
「そうだね。しっかり者の佐紀ちゃんだから」
「桃とは正反対だね」
「いやいや。もぉもBuono!のリーダーとしてしっかりして……ひゃっひ」

ふいに雅にぐにーっと頬を引っ張られて、桃子は抗議の声を上げようとした。
が、その次の瞬間、ふれる雅のあたたかい手と、顔の近さにびっくりしてしまい、桃子は息を呑んだ。


「ねえ、みやたちのこと聞きたいんだけど」
「えーっと…」

雅からしてみたら当然の欲求だ。
エレベーター内には今ほかに誰もいない。

だが桃子は、それまでの和やかな流れから一変して窮地に立たされ、だらだらと冷や汗を流した。

373 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:01:17.55 0
>>372

「付き合うことになったきっかけは? どっちが告白したの? 桃はいつからあたしのこと好きだったの?」
「す、好きって…」
「好きだから付き合ってるんじゃないの?」
「あ、いや、うん、そう……です」

うなずきながら、桃子は顔が熱くて仕方なかった。
目がまわりそうだった。雅に好きだなんて、言うのははじめてのことだったから。
告白とは少し、いや大分違うけれども。

「いつから?」
「き、去年の春…ぐらい」

とても雅の目を見ていられなかった。
桃子は俯いて、ぎゅっと拳を握って、たどたどしく言葉を紡いだ。

「……もぉはみやのことがずっと好きで、」

いつの間にか、少しずつ、惹かれていった。
自覚は唐突なものではなく、ある日ステージで、雅の立ち姿に目が吸い寄せられた瞬間に、雅のことが好きだったのだと、と桃子は静かに納得した。

雅とはいつもライバルで、お互い意識していたような気がする。前からとても気になる存在だった。
だからこそ桃子は雅のことをたくさん見て、たくさん研究してきた。
それがどう作用したのかわからない。けれど気づいたら、雅と話したくて、構ってほしくて仕方のない自分がいた。

秘密の恋は誰にも言えない類のもので、ただ自分の中で静かに死んでいくのだと、そう思っていたのに。

 
言葉にしようとするとどれも違ったように感じて、好きという言葉以外が紡げなくなってしまう。

 

374 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:10:07.34 0
>>373

桃子が言葉に詰まっていると、ちょうどエレベーターのドアが開いた。
レッスン室の階に着いたようだった。

助かった、とほっとしながら雅の横を通り抜けて逃げようとすると、雅が体を横にずらし、桃子の前に立ちはだかることで通せんぼした。
降りようとした勢いのまま、雅にぶつかってしまったことに驚いていると、雅が横にある"閉"ボタンを押したのが見えた。
なにが起こったのかわからず、ただボーッとドアが閉じるのを雅の肩ごしに眺める。

「もも」

その言葉に桃子が顔を上げると、相変わらず随分近いところに雅の顔があって、雅は楽しげに笑って桃子に手を伸ばしてきた。
頬に親指が滑り、ほかの指が髪の間からするりと耳に触れる。
桃子はその感触に呼吸すら忘れて、体がそのままカチコチに固まった。


「ドキドキする?」


雅の視線に、頭が真っ白になった。

何一つ、言葉にならない。心臓が爆発しそうなくらいの早鐘を打っている。
口を珍しくぽかーんと開けて、困ったような、怯えているような、焦れているような、なんとも言い難い表情で雅を見つめる桃子に、雅は満足げにその額をデコピンで突き飛ばした。

「いったぁ」
「あはは、桃かーわい」
「…からかったでしょ」

額を両手で押さえて涙目で怒る桃子の抗議はさらりと流して、雅はまるで何もなかったかのように言った。


「ねえ、明日暇?」

 

375 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:13:01.02 0
>>374

明日は土曜日で、学校はない。
そして久しぶりのオフだった。
桃子は予想外の質問に怒っていたことも忘れて、首を傾げながら答えた。

「明日久しぶりのオフだからおうちでゴロゴロしようと思ってる」
「ふーん。ねぇ、予定変更してよ」
「へ?」
「デートしよ」
「えっ」

デートという言葉に目を瞬かせる。
デートとは、つまりプライベートで、二人で遊ぼうと言われているわけで。
それも、友達としてじゃない。恋人としてだ。いや、雅は自分を今恋人と思っているんだから、当然なんだけど、でもデートって。

まさか雅の口から、自分に向けてデートなんて単語が出てくるなんて夢にも思っていなかったため、とっさに反応ができなくなる。
完全に思考回路がショートしてしまって言葉を失っている桃子に、雅はそれを断ろうとしていると勘違いしたのだろう、拗ねたように口を尖らせる。

「桃に巻き込まれてこんなことになってるんだし、責任感じてるなら断らないでよね」
「あ、いや、えっと…もぉはその…」

言わなくちゃ。桃子は思った。
こんなの、やっぱりズルい。雅に対して酷いことをしてる。

本当は付き合ってなんかいないのだし、雅は自分なんか好きじゃないのに、自分が嘘をついたせいで雅はこんな。

376 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:15:09.37 0
>>375

「みや…」
「何?」

ぎゅうと痛む胸を手で押さえながら、なけなしの勇気を振り絞って雅を見上げた桃子はしかし、二の句を継げなかった。
柔らかく微笑む雅が、その瞳に浮かぶ優しい光が、桃子の頭を真っ白にしてしまった。
ああ、だめだ。

「…わかった。明日ね」
「じゃあ、駅で待ち合わせよっか」

嬉しそうに目を細める雅に、桃子は自分が自分の首を絞めていることを初めてはっきりと自覚した。
けれど、もう自分ではそれを止めることが出来ないことも同時に自覚していた。

だってずっと、こんな風に見つめられたかった。
触れられてみたかった。

デートだって行ってみたかった。

 
どうして手放すことが出来るだろう?
たとえ破綻の見えている偽りの時間だとしても。

それでも、どうしても、少しでも、ニセモノでも、雅の恋人でいたかった。

377 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:19:05.32 0
素直すぎる雅ちゃんがヤバい

378 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:19:14.42 0
ドキドキする

379 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:34:33.85 0
>>368
めっちゃ萌えたわ

380 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 17:45:13.60 0
仕事終わりに読むみやもも最高

381 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 18:22:59.10 0
俺も雅ちゃんに至近距離でドキドキする?って言われたい

382 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 18:30:02.53 0
ドキドキしないとか言わせなさそうだわ雅ちゃん

383 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 19:02:51.91 0
みやびちゃんみやびちゃん

384 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:18:57.67 0
雅ちゃん髪切ったって!
http://www.instagram.com/p/BMqh_GPDvFD/
http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/sh0.08/e35/14547553_1737955996527447_4606153937341382656_n.jpg

385 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:21:16.72 0
ボブびちゃんボブびちゃん

386 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:21:31.80 0
これは朗報

387 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:23:42.51 0
みやももどっちもイケメンだよな
別の種類のイケメン

388 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:29:45.36 0
イケメン力を発揮するのがそれぞれ違う場面なんだろうな
だから乙女なももちがイケメン雅ちゃんにときめく時もあれば乙女雅ちゃんがイケメンなももちにときめく時もある

389 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:55:42.71 0
みやちゃんかわいい

390 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 21:57:36.77 0
やっぱみやももって最高だわ

391 :mno1-ppp1373.docomo.sannet.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:04:57.97 0
自覚してても

392 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:05:44.78 0
>>391
誤爆した

393 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:09:34.35 0
ル*’ー’リ<はいどんまい♡

394 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:10:47.30 0
こんなイメージかな

雅ちゃんは余裕に生きててみんなに優しいヤンキー系イケメン
ももちは何事にも真剣な真面目系イケメン
ももちが疲れてるときとか雰囲気を演出するときにイケメン力を発揮するのは雅ちゃん
でも雅ちゃんがスランプのときとかみんながオロオロしてるときに頑張る姿を見せてぐいっと引き上げてくれるのはももち
めっちゃバランスいい

395 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:16:00.74 0
マジでバランスいいな
良い関係性だわ

396 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:17:00.59 0
見た目も正反対でまた萌えるんだわ

397 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:21:39.90 0
外見だけだと二人が仲良しとかあんま想像できないよな

398 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:26:20.01 0
雅ちゃん頭に何つけてるんだろうって見てたんだが今日ポッキーの日だからポッキーのスタンプつけてたのか

399 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:33:36.43 0
髪切ったのか
茶髪にしたら好みどんぴしゃの雅ちゃんになるわ

400 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:34:16.78 0
よく知らずにみやももが一緒にいるの見たらももちのこと心配してしまう

401 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:38:01.31 0
>>400
いじめとかってことか?

402 :182-166-106-89f1.shg1.eonet.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:39:21.76 0
>>401
そうw

403 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:42:11.24 0
>>402
たしかにw
雅ちゃんは誤解されることも多そうだしなあ

404 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:47:51.54 0
まさに正反対
http://i.imgur.com/c0bChwf.jpg

405 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:55:12.70 0
見づらいかも
これ雅ちゃんが好きな男の子のタイプのとこに「笑顔がくしゃっとする人」って答えててん?ってなった

406 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:55:27.12 0
画像忘れ
http://i.imgur.com/3dbafvP.jpg

407 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 22:59:38.73 0
既視感あるなw

408 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:01:17.71 0
地味にももちがユニット内で頼れる人にみやって答えてるんだな

409 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:02:52.08 0
マジレスするとあの動画の彼氏がそういうタイプの顔だったっていうのがあるからあんまり掘り下げない方がいい

410 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:03:28.32 0
本当に楽しそうに笑うももの顔が好きとかなんとか言ってたよな

411 :p76ed8810.osaknt01.ap.so-net.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:04:21.52 0
四季報記者が選んだ年度大バケ期待銘柄
http://teslk.instamedia.jp/newsdata/2016/111102.html

412 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:04:37.55 0
みやももみやもも

413 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:05:07.47 0
>>410
キャプテンだった気がする

414 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:06:44.44 0
http://i.imgur.com/rjGKJNQ.jpg

415 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:09:03.34 0
これ画像見る感じだとあの動画から3年以上経ってるやつでしょ?
純粋にそういうタイプが好きなんじゃないかね

416 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:09:04.14 0
>>413
そうだったか

417 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:11:55.72 0
ライバルには誰の名前もあげてないのに頼れる人には雅ちゃんあげてるんだなももち

418 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:27:24.25 0
みやもも〜

419 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/11(金) 23:30:35.91 0
甘々なみやもも見たいな

420 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:28:55.05 0
最近デレデレだからツンデレが懐かしい

421 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:30:12.48 0
まじで最近デレデレすぎるよな
他のメンバーの視線をあまり気にしなくていいからかな

422 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:42:56.93 0
GNOにももくまとかすももゲストがあるといいのかな

423 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:46:55.41 0
それいいな
ビタスイとかでも出れるならとっくまも出れるはず

424 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:49:15.72 0
千奈美お帰り女子会をGNOでやって欲しい

425 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 00:52:44.54 0
みやももでお泊まりロケに行ってほしい
それが難しかったらBuono!3人で頼む

426 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:12:01.57 0
みやももお泊まりロケで朝起きたらなぜか千奈美がいるのやって欲しい

427 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:19:43.80 0
NZにいるはずの千奈美が起こしに来るっていうドッキリ?
それお蔵入りになりかねない

428 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:19:59.28 0
微妙に修羅場になりそうな状況にすなw

429 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:20:45.37 0
その時に万が一みやももが同じ布団で寝てたらやばいな

430 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:21:14.18 0
千奈美泣いちゃう

431 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:30:39.55 0
みやももだとGNOじゃなくDマガで金取れるな
でもハロ卒業してDマガ出した事ってたぶん無いよね
雅ちゃんのバースデーDVDは出たけど…よくわからんな

432 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:32:31.80 0
GNOデートでだーさくがDVD出してた

433 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:33:08.57 0
むしろ金取ってくれ
それで結婚資金にでもしてくれ

434 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 01:34:10.85 0
みやももでくろっきの料理教室も見たいです

435 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 03:24:37.85 0


436 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 08:01:01.98 0
みやもも

437 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 09:57:36.98 0
おはよう

438 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 12:03:28.67 0
お昼

439 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 15:14:45.64 0
Buono!のBDに舞台裏あるかなー

440 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:36:13.01 0
>>376


「桃はなに食べるの?」

頬杖をついて、雅が尋ねる。
土曜日の昼下がり。ファミレスより少しばかり洒落た洋食屋で二人、雅に向き合って座っている桃子は、メニュー表に忙しなく目を滑らせながら答えた。

「もぉは、特製オムライスのデミグラソースのセットにする! みやは?」
「…っていうかセットで食べるの?」
「うん」
「胃袋、相変わらずヤバくね…」
「えー、これでも控えめだよ? あとで映画館でポップコーン食べるし」

子供っぽくむーっと口を尖らせる桃子に雅は呆れたような顔をしているが、でもそこに突き放す冷たさはない。
それってこれが「デート」だからなのだろうか。
いつもとは少し違う雅の態度にそんなことを思うと、桃子はそれだけでドキドキしてしまって、叫びだしたいような笑い出したいようなたまらない気持ちになる。

「あたしはカルボナーラ食べる。呼ぶよ?」
「うん」

店員の呼び出しボタンを押している雅を、桃子はメニュー表で顔を隠すようにしながらそっと盗み見る。
こんな風に雅と出かけることの出来る日が来るなんて、考えたこともなかった。
正攻法じゃない。ズルい方法だから、卑怯なことだけれど。

――みやってやっぱオシャレだなぁ。
盗み見しながら、桃子はぼんやりと考える。

今日の雅は、グレーのトレーナーにストライプ柄の短いタイトスカート。それにベージュコートを羽織り、足元はロングブーツできめていた。
そして何より、びっくりしたのは髪型だった。

昨日会った時には鎖骨あたりまでのセミロングの茶髪が、今日会った時には胸の下あたりまである立派なロングヘアになっていたのだ。
本人曰く、ずっとエクステを付けてみたかったとのこと。
桃子はそれを聞いたとき、「え、今中三の記憶のままなんだよね?」と思わず口にしてしまった。自分が中学生の時には、エクステなんてぜったい知らなかった。

そんなことも合わさり、待ち合わせ場所で雅の姿を見つけた瞬間、桃子は雅のあまりの大人っぽさに、自分より年下であることを、思わず忘れてしまいそうになった。

かたや、桃子の方は薄いピンクのカットソーに白いスカート。ダッフルコートを羽織っているけど、今日は寒いから薄着しすぎたかもしれない。
まがりなりにも今日はデートなのだと考えると、私服ではあまりスカートを穿かない桃子も、思わずスカートを選んでしまっていた。
それでも、雅の隣に並んだ時に、あまりに自分が子どもっぽすぎて、釣り合わないなぁと少し悲しくなった。

441 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:39:44.90 0
>>440

店員にメニューを伝え終わった雅に、桃子は気になっていたことを口にした。

「みや、まだ記憶、全然戻らないの?」
「全く。でもテストも終わってるって聞いてるし、今のところ、そこまで困ってないかな」
「そっか…?」

記憶がないのをいいことに雅を謀っている桃子としては頷きれないところではあったが、だからといって何を言うことも出来ずに桃子は黙った。

記憶障害には色んなケースがある、らしい。
雅の記憶が戻るか否かは、桃子には分からないが、はっきりしていることが一つある。

それは、今自分がついているこの嘘がバレたら、雅にはきっと軽蔑されるということ。
グループメンバーなんていう薄い繋がりも叩ききられて、二度と口もきいてもらえないだろうということだ。
でも、それでも。

「なに? みやの顔になんかついてる?」
「ううん。いつもどおりのみや」
「なにそれ」


――それでも、今だけでいいから恋人でいたい。

元々の関係を思えば、こんな時間を雅と過ごせるのは奇跡だ。
軽めにと思って頼んだ昼食さえ全部腹に入るか分からないくらい、切なさで胸をいっぱいにしながら桃子はそう思う。


店員が来て、頼んだ料理を机に並べていく。
それが終わって店員がいなくなった後、雅が今更だけど、と話を切り出した。

442 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:40:35.96 0
うおおきた

443 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:43:24.70 0
>>441

「ところで桃、進路って、どうなってるの?」
「え? もぉは、……実は、一般で大学受験しよっかなぁって思ってるよ」
「へぇ。そうなんだ」

雅は桃子の顔をじっと見て、その視線に桃子が気付くとふいと逸らして窓の方に目をやりながら、ぽつりと聞く。

「千葉の大学?」
「ううん、東京」

本当は、受験をしなくても入れる大学もあった。けれど、桃子の方がそれを蹴ったのだ。
雅は少し驚いたような様子で振り返った。

「そうなの? 実家から通うの大変じゃない?」
「そうなんだよねぇ。まだそういうとこは考え中」

雅が本当に不思議そうに、そうなんだ、とつぶやいた。
グループに所属しながら大学に進学する先輩もいないし、たしかに桃子も不安もある。……まだ事務所の人とも話し合ってる途中だし。
でも、桃子にはアイドルとしての活動と同じくらいに、もっともっと勉強したいという思いがある。

「それに大学行ったら、お仕事の幅も、広がるかもしれないし」
「幅?」
「そう!ちっちゃい子と関わりのある仕事もしてみたいなあーって」
「ふーん」

描く未来の形を語ってみせる桃子の瞳は、希望にキラキラと輝いていた。
眩しそうに目を細めた雅は、いつもの意地悪なやつじゃない、優しい顔でそんな桃子に微笑みかけた。

「いいんじゃないの」

声は柔らかで、喜びに近いような色が乗っている。
その言葉に、桃子は目をぱちくりとした。

「みや、もぉが先週、おんなじ話した時も、全く同じこと言ったよ?」
「そりゃ、まあ、あたしだからね」
「そっか」

桃子には、目の前にいる雅は時々、記憶を失う前の雅とは、ちょっと別人みたいに感じられることがある。
今まで自分に対して、こんな優しく笑ってくれることなどなかったのもある。
……けれど、記憶が一部欠けたからと言って、やっぱり雅は雅で。

(……好きだなぁ)

お腹の下の方からじんわりとこみ上げてくる。
あたたかい気持ちをそのままに、桃子はじっと雅を見つめる。

ずっとこうして一緒にいられたらいいのに。
みやが本当に、もものことを好きになってくれたら……
贅沢ばかりが沸いてきて、桃子はそっと唇を噛みしめてその想いを飲み込んだ。

444 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:48:30.53 0
>>443


食事の後に二人で観た映画は、雅の選んだものだった。

記憶を失った主人公が、訳のわからないまま諜報機関の工作員に命を狙われたり、恋人だった女性ともう一度恋に落ちたりするというストーリー。
話がそこまで複雑ではなく、アクションが派手だったこともあり、桃子はなんとか寝落ちすることなく、最後まで見ていることができた。

(……なんでこのタイミングで記憶喪失ものを見ようと思うかなぁ。いやまあ、このタイミングだからなんだろうけれども)

桃子は、どうにもスクリーンの中の主人公についつい雅の影を重ねてしまって、見ていて無駄にそわそわした気持ちになってしまった。
彼が混乱したり、記憶がないことを嘆いたりする場面では、心が張り裂けんばかりに痛んだ。
恋人だった女性と再び恋に落ちるシーンでは、複雑極まりない心情だった。

雅はどう思っているのだろうと、そればかりが気になった。


チラリと横顔を盗み見ても、真っ直ぐスクリーンを見つめる雅からは何の感情も読み取れず、なんだか胸もお腹も痛かった。
その割には、二人で食べようと割り勘で買った一番大きいサイズのポップコーンの大半は、桃子の腹の中に納まったのだけれど。

445 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:54:41.74 0
>>444

「ポップコーンおいしかったねぇ」
「…ほんと、桃って、食べたものどこに入ってるの? その小さな体の中には、ひょっとして胃しか入ってないとか?」
「失礼な。色々入ってるわ」
「たとえば?」
「えーっと、骨とかハートとか…?」
「ハートって…」

雅が呆れたように呟いた。
映画館から連れだって、ショッピングモールの方に移動している途中だった。
そんなやりとりをしていると、桃子の言葉にふと雅が立ち止まる。

「どうしたの? み…」

つられて立ち止まった桃子の、羽織ったダッフルコートの間からするりと雅の手が潜り込んだ。
Tシャツに重ね着した薄いピンクのカットソーの上から、無表情の雅が、ぴたりとその手を桃子の胸にあてた。

「っ、!?」
「あ、ホントだ。ハートあるね」

なにが起こっているのかわからなくて固まる桃子に、雅がふわりと微笑んだ。

雅の手の感触を意識したとたん、ぶわあああ、と一気に顔が赤くなった。
心臓は、肋骨から飛び出すんじゃないかと思うくらい、激しい動悸を打っている。
雅の手からそれを隠し通すには、桃子の着ていた服は、ちょっとばかり薄すぎた。

雅は上から桃子を見下ろして、ニヤニヤと意地悪く口端をつり上げている。
完全に桃子の反応を楽しんでいて、無性に腹が立った。

「みっ…みやのバカ!!」
「はいはい」

適当に言葉を返して笑いながら、何事もなかったかのようにすっと手を引いて、雅はまたスタスタと歩き出してしまう。
桃子は羞恥で頭を沸騰させながら、頭をぶんぶん振り回し、それでも何とか立ち直ってその後を追った。

446 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 16:58:32.62 0
甘酸っぺぇ

447 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 17:00:45.45 0
まさかのスレタイ回収

448 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 17:01:19.40 0
ドキドキする

449 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 17:02:35.29 0
なんだかんだちゃんとスレタイ回収する作品が多いなw

450 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 17:04:26.52 0
雅ちゃんセクハラしすぎ///

451 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 17:27:05.37 0
くそっ!くそっ!夏焼め!またスレタイ回収しやがって!



いいぞもっとやれ!

452 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 18:22:09.82 0
ももπはみやのもの

453 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 19:10:22.04 0
最高

454 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 19:52:32.79 0
ボーン・アルティメイタム?

455 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 21:08:20.64 0
>>454
そう!なんでわかったんだw
展開に合わせるためちょっと変えたけど
映画のイメージはボーンアルティメイタムだった

456 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 21:27:42.60 0
>>447
言われるまでスレタイ回収に気付かなかった
すげー

457 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 22:30:42.93 0
みやびちゃんみやびちゃん

458 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 22:48:28.13 0
みやももはどっちが独占欲強いんだろうか
どっちでも萌えるんだが

459 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 22:53:35.93 0
独占欲のタイプが違うと思う

460 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:08:15.96 0
他の人と会ったりスキンシップしてるのを見るとイラッとするのが雅ちゃん
会ってるときに自分の話をあまり聞いてくれなかったりするとイラッとするのがももち
かなと思う

461 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:19:25.55 0
>>460
これわかるわ

462 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:24:15.02 0
でも嫉妬するわりに雅ちゃんは自分の方が友達と遊ぶしももちは雅ちゃんと居ても本とか読むタイプだと思う
自分がやるのは気にしない

463 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:27:12.10 0
雅ちゃんが男性的でももちが女性的なのか

464 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:27:42.29 0
いやこの場合はどっちも女性的じゃね?

465 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:28:30.01 0
嫉妬は甘美な結婚生活のスパイスだから良し

466 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:30:03.91 0
男なら雅ちゃんタイプすごく共感すると思う
基本小心者で自分勝手

467 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:32:31.00 0
みやももの喧嘩マジ怖そう

468 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:34:12.11 0
二人同時に怒ってることなさそうだから片方がさっさと謝って仲直りかと

469 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:35:28.76 0
子供の頃はよく喧嘩したんだっけ?

470 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:37:43.85 0
子供のころは対立してた

471 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:39:01.38 0
かわいい喧嘩だな今思うと

472 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:40:11.60 0
結婚後はむしろ意識的に喧嘩しそう
スパイスとして

473 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:46:26.42 0
意識的な喧嘩になるとももちが掌で転がしてそうだな

474 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:51:50.53 0
ももちは相手をある程度遊ばせつつじわじわ攻めるタイプ
みやびちゃんはがんがん言葉で攻めるタイプ
っぽいと予想

475 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:53:40.75 0
しかしももちも口はよく回るタイプだろうからなあ…
そう考えるとみやびちゃんの口で勝てるのだろうかという疑問が

476 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:54:58.99 0
雅ちゃんももちとプロレスしてるうちに賢くなってそう
女検事か?!と思うほど

477 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:56:16.60 0
雅ちゃんがんがん攻めててもしばしばアホの子になるから
そのつど攻守逆転してそう

478 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:56:37.49 0
実際雅ちゃん頭は回る方だからな
勝率半々くらいと予想

479 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:57:08.92 0
みやもものケンカまじで激しそうw

480 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/12(土) 23:57:34.38 0
結局言い合いが面倒くさくなって体で勝負する展開もあるかもしれん

481 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:01:59.28 0
はたから見たらそれほど滑稽な殴り合い(笑)もないだろうな
そしてそのままベッドに…

482 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:02:17.18 0
ぶっちゃけ手や足も出そうなんだよなみやもも喧嘩
ギャンギャン大騒ぎして叩いて周りも心配するくらいの喧嘩するけどその夜には仲直りエッチして翌日にはラブラブに戻り周囲は「あれ何だったんだよ」的な

483 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:03:48.37 0
ガチのキャットファイトをプレイの一環としてやってたら俺でも若干引くわw

484 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:05:12.54 0
プレイの一環ではなく喧嘩もイチャイチャも全力で挑むのがみやもも
と書いたけどももちはもう少しクールかな?

485 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:06:06.02 0
そんなももちが柄にもなく熱くなってしまうのがみやびちゃんなんじゃないか

486 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:06:25.17 0
从o゚ー゚从<あの、この前ライブの最終日に福岡だったじゃないですか、で泊まったんですよ
ノノl∂_∂'ル<うん
从o゚ー゚从<その夜に、みやと、
ノノl∂_∂'ル<ハイわたしです
从o゚ー゚从<桃と、枕投げをしてたんですよ
州*‘ -‘リ<ひゃっはっはっ
ノノl∂_∂'ル<そうなの
从o゚ー゚从<で最初の方は普通に枕投げやってたんだけど、最後の方はもう殴り合いのように
ノノl∂_∂'ル<そう!
从o゚ー゚从<もう叩きまくってて、
州*‘ -‘リ<うん
从o゚ー゚从<結構ね、ストレス発散って感じだったよね
ノノl∂_∂'ル<そう、もうねえ、ちょっとしたねえ
从o゚ー゚从<おもしろい
ノノl∂_∂'ル<女同士の殴り合いみたいになったw
州*‘ -‘リ<やーだーw
从o゚ー゚从<枕で殴り合いだよねw
ノノl∂_∂'ル<枕で殴り合いw
州*‘ -‘リ<でも確かにあたし部屋にいたんだけど、廊下からすっごいみやの声が聞こえて、
从o゚ー゚从<ははは
州*‘ -‘リ<うわぁー!とか言って
从o゚ー゚从<ね爆笑だったよね
ノノl∂_∂'ル<爆笑だったよねーホントにー
从o゚ー゚从<もう疲れたw
ノノl∂_∂'ル<疲れたーw
州*‘ -‘リ<何してんだろと思って
从o゚ー゚从<ん、でもちゃんとキレイに片付けたよね
ノノl∂_∂'ル<うんキレイに元通りにしたりとかしたんだけどー
从o゚ー゚从<元通りにしましたよ
州*‘ -‘リ<はっはっはっ
ノノl∂_∂'ル<もうね、なんかストレス発散ヤバかった
从o゚ー゚从<ヤバかったよね
州*‘ -‘リ<うけるw
从o゚ー゚从<足とか普通に掴み合いしてたよね
ノノl∂_∂'ル<そうw
州*‘ -‘リ<マジで!?
从o゚ー゚从<もうね、布団でグルグル巻いたりとか
ノノl∂_∂'ル<そう、布団でこう、あの、丸めて
从o゚ー゚从<もう春巻きのようになってたよね
ノノl∂_∂'ル<そう春巻きのように包んでー
州*‘ -‘リ<うーけーるー
ノノl∂_∂'ル<その上から枕をドンって
州*‘ -‘リ<たのしーw

487 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:06:34.66 0
口では勝てないから結局いつもベッドに押し倒しちゃう雅ちゃん

488 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:06:59.90 0
从o゚ー゚从<ねー、おもしろかったよね、桃も疲れてたよね
ノノl∂_∂'ル<ねー、たいへん、もう桃はねえ、そのとき髪の毛をポニーテールみたいにしてたんだよね
从o゚ー゚从<あ、そうそう
州*‘ -‘リ<えー
ノノl∂_∂'ル<それをー、フフ、なんかねえw
从o゚ー゚从<誰かさんがね、掴んだんだよね
ノノl∂_∂'ル<誰かさんがね、こう、掴んで
从o゚ー゚从<うちら二人じゃない違う人が掴んで
州*‘ -‘リ<えー!
ノノl∂_∂'ル<掴んでー、枕投げるみたいな
州*‘ -‘リ<はははははは
川*^∇^)||<痛っ!
州*‘ -‘リ<痛っ!えっ!?
从o゚ー゚从<ちょっと可哀相だったよね
州*‘ -‘リ<え、髪の毛を?
ノノl∂_∂'ル<髪の毛をこう、持って、上を、で逆にー、
州*‘ -‘リ<フフフフ
川*^∇^)||<待って待って待って、髪抜けちゃうよ
州*‘ -‘リ<誰?誰?誰?
ノノl∂_∂'ル<まあそれは言えないけども
从o゚ー゚从<うん言えない、
ノノl∂_∂'ル<ある人が持ってたんだよね
从o゚ー゚从<そう、持ってて、だから逆にうちら3人対1人になったよね、最後もう
ノノl∂_∂'ル<そう
州*‘ -‘リ<うけるー
从o゚ー゚从<桃助けるためにね
ノノl∂_∂'ル<うんもう大変だった
州*‘ -‘リ<なんか桃がさあ、そういうのに参加するのってさ、あんまり無いじゃん
从o゚ー゚从<無い
ノノl∂_∂'ル<桃まあホントすぐ寝ちゃったりするからね
从o゚ー゚从<寝ちゃうからさ
州*‘ -‘リ<へっへっへっ、見たかったわw
ノノl∂_∂'ル<もうホントおもしろい
从o゚ー゚从<おもしろかったね

489 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:07:24.45 0
昔のももち結構多方面に喧嘩吹っ掛けてたっぽいけど
雅ちゃんってももち以外に喧嘩しそうなメンバーいたっけ?

490 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:07:50.63 0
周囲が心配してるのに翌日には仲直りっていうのは想像つくなあw
子供の頃もそんな感じだったんじゃないかな

491 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:08:16.26 0
>>489
千奈美とか

492 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:08:31.93 0
懐かしいw
これキャプテンと千奈美のどっちがやったのかで議論あったよな

493 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:09:20.92 0
ちなみやって仲悪かったのか?

494 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:09:36.81 0
千奈美なら名前出しそうだしキャプテンと予想

495 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:09:37.76 0
>>491
千奈美って昔ももちのこと毛嫌いしてたのは知ってるけど雅ちゃんとも一触即発な感じだったのか

496 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:10:22.46 0
熊井ちゃんほぼほぼ空気で草

497 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:10:42.17 0
>>486
あ、思ってたより全然明るいケンカだったわw
でも髪引っ張られて投げられたのはちょっと怖いなw

498 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:10:52.91 0
いや仲悪くはないと思うけど
でも普通の小学生の女の子同士喧嘩したことありそうだなと思っただけ

499 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:11:34.36 0
从o゚ー゚从<うちら二人じゃない違う人が掴んで

「二人」だから梨沙子かもよ

500 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:11:39.16 0
ちなつは仲良いけど距離近すぎて喧嘩してただけだと思う

501 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:13:14.96 0
>>499
梨沙子はラジオに参加してるし初めて聞いた話みたいだから違う

502 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:14:05.13 0
当時は普通に小学生とかだったんだよなあって改めて実感したわ

503 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:14:35.41 0
>>501
いや梨沙子だったら…いやなんでもない

504 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:14:50.67 0
まあ子供だからな
でも女の子の髪引っ張るのはやめてほしいわ
誰か追求しようとは思わんが

505 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:14:57.73 0
みや「桃とかめっちゃ喧嘩したもん」
キャプ「桃気強かった(笑)」
みや「気が強すぎ。お互い気が強すぎてひたすらぶつかって」
キャプ「今でもなんか…今大人だから別に喧嘩はしないけど喧嘩売ってんのかなって思う時はあるじゃん。
最近すごい感じてるんだけど私」
みや「いやーすごいですよ。清水さんと嗣永さんのバトルは。最年長の喧嘩だなと思う」

506 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:15:32.86 0
もう過ぎた話だからな
誰かは気になるけど責めようとかそういうんではないなw

507 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:16:17.59 0
然り気無く自分も気が強かったって言ってる雅ちゃん好き

508 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:16:28.44 0
みやももの喧嘩って事情を知らない他人から見るとガチで怖いくらいヒヤヒヤするけど当人たちはプレイとして嬉々とやってそう

509 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:16:33.28 0
今なら笑い話って感じで流せるだろうな

510 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:17:39.92 0
気が強い同士が結婚となるといよいよ喧嘩プレイあるで

511 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:21:21.89 0
引退プレイという可能性

512 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:23:21.99 0
引退プレイはさすがにヲタ泣かせすぎるわw

513 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:23:28.15 0
何もかも全部プレイにすんのかい

いいぞもっとやれ

514 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:24:36.34 0
ああみえてトラブルメイカー気質の嗣永さんと平和主義者の夏焼さん

515 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 00:28:36.61 0
雅ちゃん優しいからな

516 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 01:52:51.43 0
デート帰りのみやももでヲタチックシュミレーション

近所の公園 夕暮れ

久しぶりのオフでデートした帰り道、みやともう少し一緒に居たいなって思って誘ってみた。みやはふたつ返事でOKしてくれて、でもベンチに座ってすぐに

「ちょっと待ってて」

なんて言ってどこかに行ってしまった。


秋が深まってきたこの頃、寒いなあなんて思って手に息を吹きかける。

さっきまで遊んでいた子供達も帰っていくようでなんとなく寂しくなってきて。

今日のデート楽しかったなあなんて思い出してみる。映画見て、ランチして、ショッピングして、、、

そんなことを考えていたら突然頬に温かい感触がして。

「うわっ」
「へへっ、びっくりした?」

振り返ると無邪気に笑うみや。

「もうっ、びっくりするに決まってるじゃん」
「ごめんごめん、もも寒そうにしてたから」

隣に座ってココアを渡してくれる。そんな小さな優しさに胸が温かくなるようで。
ありがとうって言ってココアを一口飲む。


それから少しお話して、気づけば夕日も沈みかけてて。

「みや、そろそろ帰ろっか」
「そうだね」

最後の一口を飲んで立ち上がる。

「もも、」

みやの方を振り向くと優しく頬に添えられる手。誘われるままに目を閉じて、、、

2人の影が重なった

517 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 02:17:06.05 0
よい🙆🏻

518 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 07:16:23.09 0
おはよう

519 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 07:52:13.75 0
イケメンでデレびちゃんとか良すぎだな

520 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 09:57:32.39 0
ノノl∂_∂'ルル ’ー’リ<おはよう!

521 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 14:08:36.30 0
今日は人少ないな
みんな握手会行ってるのか

522 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 15:37:52.74 0
いるけど静かにしてただけだぞ

523 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:25:47.81 0
>>445


映画の後はショッピングモールへ向かった。

「桃、なんか買いたいものがあるんだよね?」
「うん。もぉ、部屋にまだ家具とかあまり揃ってなくて。雑貨屋行きたい!」
「好きなとこ入りなよ。みやも適当に見るし」

今年から、弟と部屋が別になったのだ。
嬉しいような寂しいような複雑な気持ちだが、そんなこんなで雑貨を揃えたいとずっと思っていたのだ。
なんだかんだ言って付き合いよく、雅はショッピングモールに入っている雑貨屋を全部制覇するのに、文句なく付き合ってくれた。

あれにしようかこれにしようかと悩む桃子に、そっちの方がいいんじゃない? なんて雅がひとこと言うと、桃子はもうそれだけで嬉しかった。
じゃあこっちにする! と嬉々としてそれをレジに持って行ったし、そんな桃子の姿に、雅の方も満足げだった。
店をまわる度に増える買い物袋を、「邪魔でしょ」なんて言って、雅が半分引き受けて持ってくれて、そんなことされたことがなかった桃子は、その恋人っぽさにクラクラした。

雅は昨日事務所の前のところで待っていた時から、今日もずっとそうだ。
向けられる表情は柔らかくて、意地悪なことをしたってどこかに甘さがこめられている。
雅が、"恋人"相手ならこんなに振る舞いが変わる人だったことを、桃子は初めて知った。
それは新鮮で、ドキドキして、嬉しくて、確かな陶酔感をもたらした。


「えへへー、ありがとう。みや、いっぱい買えた」
「それは良かった」
「みやが選んでくれたの大切にするね」

マグカップやランチョンマットから、意味のない置物まで、今日手に入れたものに表情をゆるめて、桃子はとびっきりの笑顔を雅に向けた。
好きな人が選んでくれたものだ。嬉しいに決まっている。

「桃は色々すぐ壊しそう」
「なんで」
「落ちつきないから」
「もぉだって来年から大学生になるんだからね。立派な大人ですよ」
「中学生にしか見えないから。……じゃあ、そろそろ帰ろっか?」

雅がそう言うと、桃子は中学生呼ばわりされたことも一瞬で彼方へ消え去って、寂しい気持ちになった。
一緒にいた時間が楽しかった分だけ、別れがつらい。

524 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:30:02.89 0
>>523

けれど時計は確かにもうお開きな時間を示していて、あまり引き延ばすとお互い夕飯の時間に間に合わなくなるだろう。

「…帰るの?」
「あのねえ。そんな寂しそうな顔しないでよ。ホラ、行くよ」

桃子はこんなにも名残惜しいのに雅ときたら全然平気そうな顔で、桃子を置いてさっさと駅の方へ歩き出してしまう。
背中を追いかけながら、桃子はちょっと切なくなった。


雅が別れの時間をなんとも思わないのは、当たり前だ。
だって雅は桃子のことを恋人だと思い込んでいるだけで、本当に好きな訳じゃない。
好きなのは桃子の方だけだ。そのことを突き付けられているようで悲しかった。

「映画さ」
「え?」

唐突に振られて、桃子は1、2歩後ろを歩いていたのを、声が聞こえやすいように雅の隣に駆け足で並びなおした。
黒いモッサコートに手を突っ込んで前を見つめて歩く雅は、どこかの雑誌から抜け出してきたモデルのように格好良い。
隣を歩くだけでも意識するとちょっと緊張してしまう。

「映画、どう思った?」
「どうって…」

雅の質問に言葉を詰まらせる。

「…あんなふうに、また同じ人と恋に落ちるなんてロマンチックだな…とか」

言った後すぐに、しまった、と桃子は思った。
アクションパートの方の感想にしておけば良かった。あまり雅と、あの映画の中の恋愛について語りたくはない。
だが飛び出した言葉はひっこめることが出来ず、流してくれれば良いのに、雅は少し考えるような時間を置いた後、口を開いた。

「記憶がなくなっても、体が感情を覚えてるってこと、結構あるんだろうね」
「…みやがそんなふうに言うのって、ちょっと意外」
「今、桃を見てそう思ったの」
「もぉを?」
「だって、二年間のことは何も覚えていないのに、二年前より桃のことが……」

苦しいことを吐き出すようにそれを言って、雅が桃子の方に目を向けた。

525 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:30:36.59 0
ここ最近毎日読めて死ぬほど嬉しい

526 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:33:45.40 0
>>525
わかる

527 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:35:20.67 0
>>524


桃子はもう息が止まるかと思った。

桃子の大好きな栗色の瞳が、切なげな光を浮かべて自分を見つめている。
まるで、ホントに桃子のことが好きみたいに。

でも、でも違う。
みやはももに騙されてるだけなんだ。
本当はもものこと好きでもなんでもない。
ももに騙されて、ひょっとしたらあの映画にも充てられて、ちょっとそんなような気になっちゃってるだけなんだよ……

それは本物じゃない。


嬉しいことを言われているはずなのに首を絞められたように苦しくて、桃子は立ち止まった。
数歩先で、雅が同じように立ち止まって、桃子を振り返る。

ここはもう駅の入り口近くで人通りも多く、道の真ん中で立ち止まっている二人を、後から来た人たちが迷惑そうに避けて行く。
しかし、桃子の目にはもう、雅しか映っていなかった。

「…もぉは、記憶がなくなっても絶対、もっかいみやが好きになるよ」

それは、今桃子が雅に差し出せる唯一のホントのことだった。

 
桃子の告白に雅は瞠目して、それで桃子は自分が往来でとんでもないことを口にしていることに気付いて顔を赤くしたけれども、言った言葉自体は後悔はしていなかった。
だから、雅のことを真っ直ぐ見つめて、気持ちが届くようにとそうしていたが、雅は小さく舌打ちをすると、突然桃子の腕を掴んだ。

「わ!」
「ついて来て」

痛いくらい強く腕を掴まれて、ぐいぐい引っ張られる。
駅に入って、けれど雅が向かったのは改札でも切符売り場でもなくて、トイレのある細い路地の方だった。

「な、に?みや?」

雅の行動に頭がついていかず、足を縺れさせるようにしてただついて来た桃子は、雅が多目的トイレの扉を横にスライドさせて開くのに、目を丸くした。
中に二人で入って、雅が内側から鍵をかける。

「み」
「もも」

桃子の声を遮って、雅の常より一つ低い声が名を呼ぶ。
何かを考える前に、気づくと、桃子は雅の腕にぎゅうと抱きこまれていた。

528 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:36:57.60 0
ドキドキして死にそうなんだが?

529 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:38:20.20 0
ありがとう本当にありがとう

530 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:39:42.56 0
これバレて切ない展開になったら耐えられないレベルや

531 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:40:24.52 0
雅ちゃんの優しさにかける

532 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:40:27.70 0
>>527

今朝待ち合わせ場所で会った時、大人っぽいなぁと思った雅のコートに顔を埋めて、桃子は目を見開いて固まった。

「みやもそんなに余裕ないよ」

耳元で囁かれた言葉のかすれた語尾に、桃子は体を震わせた。

そんな、そんなことを言われたら、期待してしまう。
そんなわけないのに。雅は自分が謀っているから勘違いしているだけなのに。
――同じ気持ちが、みやの中にどこかにあるんじゃないかなんて。

少しだけ手で雅の体を押し、首をぐいと持ち上げる。
桃子が揺れる瞳で探るように雅の顔を見上げると、雅は目を眇めて桃子の頬に手を添えた。

「なに、キスしたくなった?」
「な! なってない!」

突然降って来た雅の言葉に、桃子はガツンと頭を殴られたみたいにパニックになって、雅から離れようと慌てて思いきり腕を突っぱねた。

「なんで? あたしたち恋人同士なんでしょ? いくらなんでも、一年も付き合ってたら色々してるよね?」
「い、いろいろって…」

雅の言っていることの意味が分かってしまった桃子は、瞬間的にそれを脳内で映像としてイメージした。
とたんに冷や汗が出てきて、手も首もブンブン振って否定する。

「してない! もぉはシャイだから! だからそのぉ、い、いろいろは、まだしてないの!」

ぐるぐる目を回し、何度もどもりながら叫ぶ桃子を、雅は不機嫌そうな冷めた瞳で見据えて、怪訝そうな口ぶりで言った。

「キスもしてないの?」
「き、キスは…キスくらいはしたけど……」

追い詰められた桃子には、そう答えるしか道がなかった。
さすがに一年も付き合っているという設定で、キスもしていないと言うのは無理がある……かもしれない。

「じゃあしていい?」
「なんで?」
「だってしたい。ダメ?」

再び伸びて来た雅の手が、今度はそっと桃子の小さな手を握る。

ひんやりしてて気持ちいい雅の手。
普段は大好きでいつまでも触っていられたらなと思うのに、今はそんなことを考える余裕さえない。
少し屈んで、伺いをたてるように覗きこんでくる雅に、桃子の心はぐちゃぐちゃになった。

うなずいたら駄目だ。だって、雅に対して悪すぎる。
好きでもない人とキスまでさせるなんて。


……でもしたい。
ホントは自分だってしたい。
その唇に触れてみたい。


「そんなにしたいの…?」

結局、自分から「いいよ」とは言えない桃子の口から滑り落ちたのは、そんな狡い言葉だった。
それに対する雅の返事は言葉ではなく行動で示され、桃子は雅の柔らかい唇の味を、初めて知ることになったのだった。

533 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:42:09.30 0
ちゅーしたああああああああああ

534 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:45:34.27 0
色々してるって言ったらこの場で色々することになったんだろうか

535 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:47:48.25 0
この雅ちゃんは中三でお年頃だから色々興味あるのは仕方ない
可愛いし

536 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:50:34.92 0
今さらだけどこんなに沢山のみやもも新作読める今の状況って奇跡だな

537 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:51:03.41 0
他の長編の続きも気になってる

538 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:51:51.87 0
このスレの存在に救われてる
みんなありがとう

539 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 16:53:58.56 0
そっかこの雅ちゃん中学生か
若いなあ

540 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:09:44.44 0
雅ちゃんかっけぇよ…

541 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:14:01.06 0
萌えるんだけど早めに謝らんと拗れそうなのが心配

542 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:49:37.41 0
ももちはヲタとのツーショットは遠いけどみやびちゃんとはべったり

543 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:50:25.73 0
雅ちゃんのインスタのアイコン
https://instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net/t51.2885-19/s320x320/14515802_1877224965840187_8564999330434383872_a.jpg

544 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:53:44.51 0
ボブビちゃんボブビちゃん

545 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:54:49.32 0
紙コップに熊井ちゃんが印刷されてる
熊井ちゃんバックス

546 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:55:09.24 0
熊井ちゃん熊井ちゃん

547 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 18:55:56.17 0
>>542
雅ちゃんがヲタとの接近にNGだしてるのかも…

548 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 19:42:51.67 0
記憶喪失みやもも面白い
正直記憶戻った雅ちゃんが一番怒るのはももちが正直に話さなかったせいで2人のファーストキスinトイレになったことだと思う

549 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 20:07:44.11 0
ファーストキスinトイレって文字にするとすごく間抜けだな

550 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:05:12.47 0
わろたw

551 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:43:40.33 0
>>539
高二だけど記憶は中三で止まってる

552 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:51:04.37 0
みやももみやもも

553 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:53:27.03 0
みやももの純愛を全力で応援します
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/14719115_1653596217999966_2721432029118857216_n.jpg

554 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:55:54.90 0
>>553
ほんと何回見ても微笑ましいツーショット

555 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 22:59:23.61 0
https://pbs.twimg.com/media/CxI-kk4VEAEQyFB.jpg

556 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:00:24.81 0
>>555
ハァッ…!!

557 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:01:04.56 0
これは事案

558 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:01:48.28 0
雅ちゃんってほんっっとにももちのこと好きだよね
ありがとうございます

559 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:02:38.26 0
ノノl∂_∂'ル<見学もお仕事です

560 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:04:14.13 0
ももちからしたら雅ちゃんが来るのは当たり前のことだから??という反応なんですね

561 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:10:30.55 0
ももちが呼んでても萌えたけど
勝手にきた雅ちゃんやばいなw

562 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:11:36.55 0
雅ちゃん積極的すぎないか

563 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:19:43.26 0
>>559
そうやって小林さんを言いくるめて恰もももちじゃなきてカントリーを見に来た体を装ったのか

564 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:20:29.37 0
みやびちゃんんんn

565 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:22:16.46 0
ノノl∂_∂'ル<ひかるがカントリーガールズのライブ見たいって言うから仕方なく行った

566 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:23:24.33 0
ひかるちゃんはダシにされたとか察しなさそう

567 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:24:32.57 0
雅ちゃんやばいな

568 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:26:17.16 0
それでいて二階席からヲタに声掛けちゃうんだぜ

569 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:27:13.22 0
絶対ももちが呼んだんだと思ってたわ

570 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:28:38.80 0
>>568
これも地味にやばいよな
雅ちゃんにしかできないわ

571 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:34:36.38 0
新宿ReNYでやったラベンダーのライブもグループで見に行ってたし今回も普通に見学行く予定だったと思われる
たまたま引退発表しちゃったけど

572 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:37:29.10 0
ベリメンはももちが卒業することは事前に聞いてたんじゃなかったっけ

573 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:39:34.87 0
ライブツアーのDVDにこの日の舞台裏入れてくれ〜

574 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:44:06.20 0
この日に卒業発表するのは知ってたんじゃないのか?

575 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/13(日) 23:58:21.41 0
ベリメンもブログで書いてるし事前に報告してるのは間違いないと思う
雅ちゃんならたぶんそれに合わせて見学の予定を入れてもらった可能性はあると思う

576 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:00:29.42 0
ヲタ
http://pbs.twimg.com/media/CxHNAX7UoAAJWDB.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CxHb-JNUAAAA6D_.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CxHLQ_RUQAAhJoE.jpg

みやびちゃん
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/14719115_1653596217999966_2721432029118857216_n.jpg

577 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:02:16.12 0
>>576
オチにそれはズルいよ・・・

578 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:07:07.17 0
ももちいつからこんなに椅子離すようになったの?

579 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:09:38.04 0
いつもの気が

580 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:10:26.55 0
>>576
いつも遠いと思っててごめんねももち…

581 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:11:36.51 0
ハロウィン衣装?のももちかわいいな

582 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:15:57.51 0
ベリで2ショットチェキ始まった時にももちのチェキ遠すぎワロタってスレ立ってる

583 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:17:11.80 0
そんなに昔からかよ

584 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:22:35.77 0
個人的にはももちは天から舞い降りてきたような尊い人間なのでこのくらいの距離感で充分
いやむしろ光栄だと半ば本気で思っている

585 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:24:40.82 0
わかる
ももちにはほんと接触頑張らなくていいよと言いたい
接触とかそういう最近のアイドルとは違うところで戦ってくれてる子だからかな

586 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:26:20.16 0
雅ちゃんって今チェキとか握手とかやってる?

587 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:26:42.96 0
そういうこと書かれると接触でめちゃくちゃ距離近かった雅ちゃんdisってんのかな?って気分になる

588 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:28:39.13 0
普通に近付きたいなら近付いたらいいのでは
メンバーの好きにしたらいいと思う

589 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:29:21.39 0
>>586
公式にはやってないと思うけど学園祭の物販ではかなりサービス良かったみたいだね

590 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:30:48.09 0
握手のサービス良いっていうのは近いっていうことなの?

591 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:31:21.79 0
ベリはカントリーに比べて握手とかライブハウスどさ回りとかの経験少ないだろ
そういう意味で今の状況が大変そうだなって思うし
やっぱアイドルってステージ上のイメージ強いからおそれ多いんだわ

592 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:32:02.33 0
>>589
そうなんだ
ありがとう

593 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:32:37.08 0
基本的には近ければ近いほどサービスいい(神対応)とか言われる
くっついてくれたりとか
ただみやももは性格も違うしおそらく本人たちのアイドル観も違うからここはヲタも意見が別れると思うわ
まあ喧嘩すんなよ

594 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:34:27.72 0
ももちが塩とか言われてるの見ると怒りたくなるが…
まあどっちでもいいんじゃね?
昔はももちも握手会の女王って言われてたこともあるしその子のスタイルだろ

595 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:36:29.04 0
>>589
っと書いたけどこの前のピンクレのイベでも握手してたわ

596 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:52:51.88 0
リリイベの高速握手しか行ったことないけど二人とも優しかったし塩とか思ったことは無いよ
ヘタレなのでいつも緊張して未だに慣れないが
そして握手の後は穴に入りたくなる…

597 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 00:54:19.53 0
>>596
俺もだわ
この前カントリーのライブ後の高速握手に参加したがそれだけでも穴に入りたくなった

598 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 01:05:06.59 0
みやももおやすみ

599 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 01:08:53.68 0
ノノl∂_∂'ル ル ’ー’リ < おやすみやび

600 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 02:33:50.90 0
みやももちゃん天使

601 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 02:58:47.34 0
正直高速の方がありがたい…

602 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:08:53.38 0
個別はなかなか恐れ多くていけない
何も話せず固まる未来しか見えない

603 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:39:49.20 0
遅くなりましたが、前スレ>>819の続きです
次回あたりでようやくネタ元のシーンに行き着く予定です…はやめに辿り着けるよう頑張ります

---
「まずさ、夏焼さんっていうのやめない?」

こんなにも休憩時間が待ち遠しかったことはない。普段なら寝てしまう授業も、今日は時計とにらめっこをしたおかげでばっちり起きていた。だからといって、授業の内容が頭に入っているかどうかはまた別の話。

「ぇえっ」

休憩時間になるやいなや飛んできた雅の言葉に、桃子の瞳は大きく見開かれていた。その様子はどこか漫画チックで、どことなく懐かしさを感じさせる。
ここ数日の間に、何度こんな顔を見ただろう。

「うちはさ、もものこと"もも"って呼ぶから」

好きに呼んでいいよ、と笑いかけた先で、彼女の視線は机に落とされた。
髪の毛の隙間から覗く耳が、心なしか色づいているような。

「それとも、呼びたくない?」
「ちがっ! ちが、くて」

からかうつもりで尋ねると、桃子が力いっぱい首を振る。
必死な様子に少しだけ安堵した。

「なん、て……呼んだらいいか」

勝手にあだ名をつけてきた桃子と同一人物なのかと疑いたくなるくらい、しおらしくそんなことがつぶやかれる。

「じゃあさ、みやって呼んでよ」
「……いいの?」
「決まってんじゃん」

"みーやん"と呼んでほしい。あの頃と、同じように。
こぼれ落ちそうになった欲は無理やり呑み込んだ。まずは仲良くなることから、話はそれからだ。

「ね、もも」
「あぅ、え……」

目線は彷徨って。助けを求めるように雅の瞳に注がれる。それに気づかなかったふりをして、呼んで?と促すと目線は再び困ったように逸らされた。

「……ゃ」
「ん?」
「……ぁー」

桃子の小さな両手が彼女の顔を覆う。
何をそんなに照れることがあるのか分からなかったが、雅は辛抱強くその手が開かれるのを待った。

「もーも?」

そっと、促すように。ささやかな助け舟。桃子の華奢な肩が一度だけ、大きく上下して。

「……み、や」

ほとんど息のような声で、けれどそれはしっかりと雅の耳までたどり着く。
温かいものがこみ上げて、とくとくとしたリズムで体をめぐったような気がした。
不意にあふれ出した感情が飛び出そうになって、雅は息を止める。
今、なんて言おうとした?

604 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:40:23.49 0
>>603
「あはは、よくできました」
「もう!」

浮かびかけた言葉は、見なかったことにして。誤魔化すように桃子の頭にぽんぽんと触れると、ようやく両手が解かれた。

「マジで顔真っ赤じゃん」
「それは!み、ゃ……が……」

勢いこんで吐き出された音は尻すぼみに消えていく。
あ、二回目。思ったけれど、口には出さないでおいた。
雅の言葉一つで、桃子の表情が、感情が、ころころと目まぐるしく移り変わる。
それだけのことが、なぜかくすぐったくて、柔らかな気持ちが体を満たしていくのが分かった。

「そうだ、今日のお昼――」
「みやー!」

続く言葉は、背中にどすんと追突してきた何者かによって奪われた。

「ちょっと!何すんのさ」
「夏焼雅さん、先生がお呼びですってよ」

苛立ちまぎれに体を捻ると、友人――千奈美のにやついた顔があった。
わざとらしく作った声ではあったが、千奈美の指す先には確かに人影が見え隠れしている。
どうやら、冗談やふざけ半分ではないらしい。

「は?何?」
「さーね。うちは呼んでって言われただけだし」
「あー!もう!」

後回しにもできず、仕方なく雅は桃子の元を離れる羽目になったのだった。

605 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:42:58.87 0
>>604
結局その後もタイミングは合わず、昼休みになったと思えば桃子はあっという間にどこかへ姿を消していた。

「ちょ、まじで……?」

お手洗いにでも行ったのかと思ったが、どうやらカバンごと消えてしまっているらしかった。
桃子が昼休みを教室で過ごしている印象もあまりないため、どうやら別の場所で過ごしているのだろうと結論づける。
どうしようと逡巡したのも一瞬、雅は教室を飛び出していた。
桃子の行きそうな場所なんて言われても、検討などつくはずもない。
それも、まだ通い始めて数ヶ月の校舎内。難易度は更に跳ね上がる。
急に駆け出したせいで心臓はバクバクと打ち、呼吸は浅くなって思考は簡単にばらけていった。

「ぅわっ!」

勢い余って地面の凹凸に足を取られて転びそうになったのを、腕を振り回してどうにか回避する。
そのことに少しだけ頭が冷えて、雅は一つ大きく深呼吸をした。
一人になれる場所。飲食可能な場所。
どこだ、と回り始めた思考を、微かな音が遮った。
ピアノの音だろうか、一度だけポロンと鳴らされて。

「もも……?」

自信はない、けれど予感はあった。さっと周囲に注意を向け、その音の出所を探る。
極めて細い糸をたどっていくように空気の振動をたどって歩を進めていくと、行き着いたのは古びた金属の扉だった。
その上に掲げられている教室名のプレートは分厚い埃に覆われ、文字も所々が薄くなっているのが見えた。

「音楽、練習室?」

かろうじて、そう読み取ることができた。
扉に据え付けられた頑丈そうなドアノブには見覚えがある。
いつも練習に使っているスタジオの扉にも、確か同じものが取り付けられていた。
その時、ポロンとまた音がする。やっぱりピアノの音だと確信した。
ということは、この先に誰かがいる。そう意識した瞬間、手のひらがじわりと湿り気を帯びたのが分かった。
けれど、ここまで来て後には引けない。
ええいままよ、と掴んだドアノブからは確かな手応えが返ってくる。
ぐっと体重をかけると扉は軽く軋みながら雅を室内に迎え入れた。

「……っ?!」

果たして部屋には雅が期待した通りの人がいて、そして想像した通りの丸い瞳で固まっていた。
前もこんなことあったっけ、と蘇る記憶。
また追いかけてる、と不意に思った。

606 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:43:58.01 0
>>605
「もも、探した」
「え、なんで……」

4畳ほどしかない狭い部屋に、詰め込まれたアップライトピアノが一台。
その前に桃子が座っていて、室内は本当に窮屈という言葉がぴったりだった。
唯一救いなのは、大きな窓が取り付けられていることだろうか。

「や、だって、お昼」

一緒に食べたかったから、と言いかけて、雅は自分の両手の軽さにはっとした。
そのことに気づいたのは、桃子も同じだったようで。
お昼?、ときょとんとされているのが逆に気まずい。

「えー、と……」

まさか今から教室に取りに行くわけにもいかず、雅は左右へ視線を泳がせた。
こんなの、必死すぎて笑っちゃうじゃん。
そう思っても、ツッコんでくれる人間はここには誰もいない。

「そのー、散歩?」

苦し紛れだが言い訳できた、そう思った瞬間に、雅の胃が正直に空腹を訴えた。

「あー、もも、ちょっと多めに持ってるから……その、食べる?」
「う……」

その提案は、おそらく桃子なりの最大限の優しさだったのだと思う。
ガタガタと音がする方を見れば、どこからか登場したパイプ椅子。
ほら、と促されて、今は座る以外の選択肢もなさそうだと素直に雅はそこに収まった。

「どれがいい? 焼きそばパンと、コロッケパンと、メロンパン」

ポイポイと雅の膝の上に並べられるパン達。
どれでもどうぞと差し出され、雅はありがたく焼きそばパンを手に取った。
桃子もまだ昼食を取っていなかったのか、彼女の手にはコロッケパンが収まる。
ピアノを前に、二人で並んでパンを口にする。
しばらくは、ビニールの擦れる音だけが辺りを支配した。

「あれ、そういえば」
「ん?」
「焼きそばパンって、めっちゃ競争率高いやつじゃない?」

一口齧って、気がついた。
みんながこぞって買うので、昼休憩開始数分で売り切れると噂のパンではなかったか。
確かめるようにそう聞くと、えへへ、と桃子が表情を崩す。

「そう、だからいつも休憩になったらすぐ行くの」
「あー、そういう……」

昼休憩になった途端に姿を消した桃子の行動が、ようやく頭の中で繋がりかけたところで、いやいや、とブレーキがかかる。

「え、その後は? 教室戻んないの?」
「んー、まあ戻ることもあるけど」

基本的にはここにいるかな、と呟いたその横顔に、大切な秘密を囁かれたような気になった。
理由は分からないがむず痒い心地がして、雅は手元の焼きそばパンへと視線を逃す。

607 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:44:49.30 0
>>606
「こんなとこあるの、知らなかった」
「ももだって、たまたま見つけたんだよ」

校舎内で迷って、偶然見つけたのがこの小さな個室なのだと桃子は言った。
音楽室を更にミニチュアにしたような空間ではあったが、壁にはきちんと吸音用の穴が空いている。
ピアノもきちんと調律されてはいるが、如何せん利用者が少ない。
音楽科の教師がそんなことを嘆くような状況だったため、この部屋の利用許可を得るのは簡単なことだった、らしい。

「静かで、好きなの」
「……確かに」

小規模ながらもさすが防音室といったところか、廊下からの音は一切入ってこない。
まるで、外の世界に二人だけが置いていかれてしまったような、そんな感覚だった。

「ももは、いつもここで何してるの?」

そんな空気も手伝ってか、その問いは自然とこぼれ落ちていた。

「あー……歌、ってる」

歌。
照れくさそうに、桃子の口から出た言葉。
だからピアノの音も単音だったのか、と妙なところで納得をした。いや、そんなことよりも。

「え、歌ってんの?」
「何、いけない?」
「違、そうじゃなくて」

聞かせてほしい、喉まで出かかって、けれどそれは形にならなかった。
今更ながら、あの時の自分を殴ってやりたい衝動にかられ、雅は頭を小さく揺さぶった。
どうしようもない過去の自分に、今も捕らわれたままなのだとこんなところで気づかされる。

「一人で、歌ってるの?」
「んー、誰かに聞かせたいわけじゃないし」

裏返せば、それは一人で十分という意味だった。突きつけられた言葉に、やっぱ無理、という弱音が浮かぶ。
仲良くなったって軽音部に誘うなんて無理だよ、と脳内の愛理に泣きついてみるが、想像上の愛理は良い笑顔で親指を立てるのみ。
無責任なやつめ、とここにはいない愛理にぶつけ、雅は小さく息を吐いた。

「そ、か」

力なく返事をしたが、次の策なんて浮かぶはずがない。
ぷつりと途切れた会話は宙ぶらりんのまま、どうやって繋げばいいか分からなくなった。
弱気だと言われたことが蘇る。本当に弱気だ、自分にしてはおかしなくらい。
どことなく居た堪れなくて、雅は持っていたパンに齧り付く。

608 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:45:21.49 0
>>607
「……みやは?」
「へっ? うち?」

そんな状況で、桃子の問いは不意打ちだった。思わず口の中のものをこぼしそうになるのを押さえ、雅は桃子と目を合わせる。
なぜ今、自分に話題が向いたのだろうか。

「うちは、まあ、歌うけど」

バンド、組んでて、中学校で。
片言みたいな自分の言葉が耳から脳へと伝わって、どうしてこんなにぎこちないのかも分からない。

「ロックとか?」
「あー……歌う、よ」

いよいよ桃子の真意が掴めない。
戸惑いながらそう答えると、桃子の表情が微かに和らいだように感じた。

「聞きたいって言ったら、どうする?」
「え? や、その……えぇっ?」

まさか、逆の立場に立たされるとは予想していなかった。
桃子の言葉は、そのままの意味で解釈して良いのだろうか。いや、それ以外の受け取り方はないはずだ、けれど、でも?

「や、いい、けど」

何が聞きたい?なんて、自分でもノリノリみたいな聞き方をしてしまったことは後から気づく。
桃子は心を決めていたかのように、ある曲名を口にした。
なぜそれを、という問いは挟ませてもらえず、桃子の人差し指が鍵盤を叩く。始まりの音、知ってる。

「ごめん、ももピアノ弾けないけど」
「いいよ、よゆー」

こうなったら歌ってやろうじゃん。変な意地なのかプライドなのか、最初の音でスイッチは切り替わった。
1コーラスでいいよね、と勝手に決めて、雅は息を吸う。
息が流れ出して、心拍数は一気に上がる。
妙な高揚感の中で、どうして桃子はこの曲——雅が中学校の時に歌った曲——を指定したのだろう、という疑問はぐるぐると渦巻いた。
いろんな形になって、色づいて、ぎゅっと瞼をつぶると雅は全身の感覚に神経を集中させた。
どんなステージに立つよりも。どんな観客の前で歌うよりも。きっと、緊張したと思う。

609 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 03:45:42.21 0
>>608
最後の一音。息を吐き終えた雅を、パチパチと拍手が包んだ。

「すごい、みや」
「それほどじゃないし……」

たった一人のために歌うなんて、こんなのまるで。転がりかけた思考を、ぐっと引き止める。

「ほら、そろそろ教室戻るよ」
「あ、もうそんな時間?」

パタパタと片付けをしている桃子の後ろ姿に、ふと今しかないという予感がした。

「あのさ、明日も来てい?」
「いいよー……って、えっ?!」

何気ない風を装って口にしたつもりが、桃子が大袈裟に振り向くものだから雅まで大変なことを言ってしまったような気分になった。
それでも妙な空気になるのをとどめようと、改めて同じ言葉を言い直す。
返ってきたのは、緩慢な動作ながらもしっかりとした頷き。
受け入れられたと、とらえていいのだろうか。

「あ、明日も、ここにいる、と思う」
「おっけ、わかった」

また明日、拙いながらも交わした約束。
それはとても大切で、大事で、雅の心をとくんと弾ませた。

610 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 05:57:02.11 0
きてたあああああああああ
この長編すごい楽しみにしてた
甘酸っぱさたまらん

611 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 06:24:02.24 0
更新乙です
仲良くなった2人の今後が楽しみだ
次回作も待ってます

612 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 06:32:07.04 0
続き待ってた!
かわいいなあ

613 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 07:33:36.12 0
もう一人の作者さん大丈夫かな

614 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 09:40:26.70 0
雅ちゃんのあのビジュアルにあの声質は反則だよなとよく思う惚れてまう

615 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 12:43:23.10 0
中学生のみやももパロ書いてる人だっけ

616 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 13:33:54.00 0
貴族パロも気になる

617 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:01:23.87 0
>>532

V


「桃おっはよー」
「…すーちゃん、おはよぉ」
「って桃、なんか、顔色おかしくない?」
「…うん。昨日あんま眠れなくて」

桃子はノロノロと服に手をかけながら、茉麻に返事をした。
爽やかな日曜日の朝。今日もまたレッスン。
だが、茉麻の言う通り桃子は目の下に隈があり、顔色もいつもよりさらに白かった。

昨晩はなかなか眠れなかった。こんなことは滅多にないのだが、眠ろうとしても昨日の出来事が次から次へと蘇って来て……
最後にはあれ。

あのキスに行きつくので、頭が沸騰してしまうのだ。


あの駅の多目的トイレで、桃子は生まれて初めてキスをした。
一度目は重ねるだけだったそれは、二度目には雅が唇をついばむようにして舐めてきて、三度目には深いものに変わった。
雅の舌が口腔に入り込んできて、あちこちを暴かれて、桃子はすぐにそれに夢中になった。

やり方なんて分からなかったけれど、舌を絡めて吸って、どちらのものか分からない唾液を飲んで。
長いキスの後、またぎゅっと雅に抱きしめられて、桃子は泣きそうだった。
あの時の泣きたい気持ちは、一晩越えた今もそのまま続いている。

もう駄目だぁ。

雅に抱きしめられながら、桃子はその一言を何度も思った。
あんなキスをされて、強く抱きしめられて、もう駄目だ、もう無理だ、これを知らなかった頃にはもう戻れない。

思ってしまう。最低だと分かっていても。
――みやに、記憶が戻らなければいいのに、なんて。

「桃、ちょっと休んでたほうがいいんじゃない」
「…少し寝不足なだけだから、もぉは大丈夫!」

心配そうな茉麻の背を叩いて、桃子はなんとか笑って見せた。
今はただ、何も考えずにレッスンに打ち込みたい。
この数日は雅のことで頭がいっぱいで、それは完全に自業自得ではあるのだが、桃子は煮詰まっていた。

618 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:07:00.86 0
>>617

着替えてレッスン室に入ると、先に来ていたメンバーが「おはよ」と声をかけてくる。
雅は来ていない。おとといは見学で来ていたけど、今日は来るのだろうか。
そういえば相変わらず新しい連絡先知らないままだなぁと気付いて、桃子は少しヘコんだ。

「先に来てるメンバーで、先生が来るまで振り入れするよー」

佐紀の掛け声に、桃子は慌てて準備運動もそこそこに、ダンスの振り入れを始めた。

しかし、案の定というか何というか、調子はやはり奮わない。
数分で桃子の調子を、恐らく桃子より正確に把握したのだろう佐紀は、眉を潜めて桃子に声をかける。

「桃もしかして調子悪い?」
「…ちょっとボーっとしてただけ。すぐ調子上げる!」

宣言も虚しく、桃子は集中しようとすればする程頭も体も空回った。
それでも何度も頭を空っぽにしようダンスにだけ集中しようと足掻いたが、微妙なズレは修正されることなく桃子は冴えないままだった。

「桃!集中できてないよ!」
「うっ……」

佐紀の言葉にヘコみそうになった。
しっかりしなければいけない。練習にも集中できないなんて、自分らしくない。

そう自分を叱りつけたその時、ドアのほうから聞きなれた声が飛んできた。

 
「なーんだ、先生まだ来てないじゃん」

なんで、と思うのと同時に振り返った桃子の視界に、雅がいつの間にかレッスン室に来ているのが映る。
みんなはジャージのようなラフな服装だが、雅は私服だ。
近くにいた佐紀と梨沙子が雅の方に駆けて行った。

「みや、大丈夫なの?」

心配の声をかける梨沙子に、雅は遠くからでも分かるくらいに顔を顰める。

「え、うん。そうだよ?」
「……」
「どうしたのみや…?」
「ゴメン。なんでもない」

雅は梨沙子を一度まじまじと見て、すぐに目をそらした。
梨沙子と佐紀はわけがわからないと疑問を浮かべた表情で、顔を見合わせる。

……もしかして二年前からりーちゃんが成長しててビックリしたのかな?
たしか、おとといのレッスンでは梨沙子はまだテスト期間中だったから、今日のレッスンからまた合流したのだ。

おとといのレッスンでも、雅は一人一人の顔を見て驚いている様子だった。……そういえば、記憶を失ってから最初に桃子と会ったとき、たいして変わってないと馬鹿にされたんだった。
なんか、直接ではないが成長してないと言われてるような気分になった。

619 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:09:36.57 0
>>618

桃子はぼんやりとその様子を、少し離れたところから見つめていた。
この3人が一緒にいると、どうしても桃子は会話の中に入ることを躊躇してしまう。
いつも3人一緒にいるから、きっとプライベートでもとても仲が良いのだろう。

「みや、今日は見学なの?」
「うん。まだ運動ダメみたいだから」

後から駆け寄った佐紀と梨沙子が自分のことを話しているというのに、佐紀に任せておけばいいと言わんばかりの関心のない態度で、雅はふいに視線をこちらへと寄こした。
そして、次の瞬間、なんとふらりとその場を離れて桃子の方に歩み寄って来た。
思わず桃子はぎょっとしてしまう。

「桃」
「あ…みや」

逃げることも出来ずに、うろうろと視線を彷徨わせながらうなる桃子に、雅は呆れた様子で言った。

「なんか、昔よりダンス下手になってない?」
「うっ」
「ちょっと、なんで黙ってんの」

言わなくてはならないことが沢山あるはずなのに、何一つ自分でそれを把握できないまま、ぐるぐる頭の中に回る単語を桃子は懸命に拾おうとした。

「みや、記憶…」
「まだ戻ってないよ」
「…そっか」
「それで熊井ちゃんに、何か思い出す切っ掛けになるんじゃないか、って連れて来られたんだけど」

今日は自宅で休むよう言われてたんだけどね、と雅がぼやくのを、桃子は聞いていられなかった。


友理奈の気持ちは桃子にも痛いくらい分かった。
だって友理奈には雅との大切な思い出がたくさんあるのだ。
友理奈だけでなく、みんなそうに決まってる。

大切なグループのメンバーで友達。
この二年間が失われてもそれは変わらないのだろうけど、それでもやっぱり忘れて欲しくないと、詳しい事情を知ってる友理奈がそう思うのは当然のことであった。

620 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:11:55.91 0
切ねえなあ…

621 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:12:55.55 0
>>619

Berryz工房で過ごした二年間。
汗を流して、辛いこともキツイこともあって……
でも、それと同じだけ嬉しいことも楽しいこともあって。

――それが、それが戻って欲しくない、だなんて。忘れたままでいて欲しいなんて。
昨日から自分の心を支配している本音を、改めて桃子は最低だと軽蔑したくなった。
やっぱりそんなの間違ってる。なんとかしないといけない。

「みや」
「ん?」
「後でちょっとさ、階段の方に行ってみない?」

衝動に突き動かされて、桃子は気付いたらそんなことを口にしていた。

「階段? …落ちたとこ?」
「うん」
「…なんで?」
「だって、なんか思い出すかもじゃん」
「……」
「何だったらもう一回落ちてみる…とか」
「絶対やだ。…まあ、でも、行くのはいいよ。桃もついてくるんだよね?」

含みのある最後の言葉に桃子は慌ててしまったが、そんな桃子をよそに雅は「あとでね」と言ってレッスン室の隅に行きしゃがみ込んでしまった。
そんなタイミングでダンスの先生もやってきて、きちんと話すことができなくなってしまった。

でも約束は取り付けることができたから……と自分を納得させ、桃子は集中しなきゃとかぶりを振った。
 

622 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:24:34.85 0
>>621


レッスン終了後。
みんなに「ちょっと桃と階段まで行ってみる」と雅がきちんと告げていた。

友理奈に止められるかと思ったが、桃子のそれまでの不調があまりにもあんまりだったこともあるのか、友理奈も特に何も言わなかった。
気分転換や、雅が何か思い出すきっかけになると考えたのかも知れない。

二人はそうして連れだってレッスン室を出て、階段に向かった。


「もぉはでかい荷物抱えてて、下からあがって来た人とぶつかって、バランス崩して…」
「ふーん」

桃子は何かに憑りつかれたかのように、一生懸命何が起きたのか説明した。
自分の中に邪な考えが過らないようにひたすら、雅の記憶がどうすれば戻るかを考えながら。

「なにか思い出す?」
「いや。特に何も」

階段のところに来ても踊り場に降りてみても、雅は全くなんの感慨もなさそうで、記憶の鐘を鳴らすものはないようだった。

「ここまで担架が来て、みやは担架で外まで運ばれたの」
「……」
「くまいちょーも外まで付き添ってくれて」
「……」
「えっと、あっちの方。ちょっと外にも行ってみよ」
「別にいいけどさ」

外に出て、裏の公園まで行く。
普段は人がいないのに、中学生の子たちが小さい公園の中でサッカーをしている。

昨日はここの前で、タクシーに乗り込んだんだった。
きょろりと辺りを見回して、桃子は3日前のことを思い出そうとする。

「タクシーはたしか…」
「――記憶を取り戻すことって、そんなに重要?」
「えっ」

語り始めようとする桃子の言葉を遮って、雅が言った。
驚いて振り返る桃子に、雅はひどく真剣な顔をしていた。

「たしかにダンスの振りとか、歌詞とか、覚えることはたくさんあるだろうし、
勉強も……そりゃー、ねぇ? ちょっとは、ヤバいかもしんないけど」

いや、絶対ちょっとじゃないでしょ。

「桃がいて、これからも傍にいて、色々教えてくれたらそれでいい」

桃子はその瞳が零れ落ちてしまいそうに見えるくらい、大きく見開いて雅を見上げた。
雅は静かで、穏やかな様子で、昨日あの駅の入り口で桃子を見つめて来た時と同じような切なさを含んだ視線で、桃子を見つめている。


「桃のことが好き」


――それを聞いて桃子は、絶望した。

623 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:28:31.95 0
>>622

雅の言葉に、ではない。
雅にそれを言わせた、自分の罪に絶望した。

記憶が戻らなくても桃子がいればそれでいいなんて、そんな馬鹿なことを言わせたかった訳じゃなかったのに。
雅の顔や、病院で会った雅の母の顔が浮かんだ。雅のことを本当に大切に思って、早く記憶が戻るようにと願っている人達の顔が。
それに、雅を応援してる、ファンの人たちの顔が――

「違う、みや…待って」
「なに?」
「違うの、みやはもぉのこと好きじゃない」
「も」
「好きじゃないんだよ……ごめん…ごめんね、みや」

ぎゅっと目を瞑って俯いて、拳を痛いくらい握りしめて、小さな震える声で桃子は吐き出した。
頭は真っ白だったが、もう雅との関係はこれで終わりだということだけは理解していた。

もともと、軽い気持ちでついた嘘だった。
恋心に引きずられてズルズルと先延ばしにしてしまったが、いつまでもついていられる類の嘘ではないことも、ずっと分かっていた。

「もぉたち、ホントは恋人でも何でもなかったの」
「……」
「ただの同じグループのメンバー。みやの記憶がなくなったのをいいことに、もぉ、みやのこと騙して……最低だよね。ホントにごめんなさい」
「もも」
「でも、もぉ、ホントに…」

想いに押し上げられるように、ばっと桃子が顔を上げる。
雅は桃子の告白に、驚いて息を飲んでいる。僅かに瞠目した瞳に嫌悪の色はなかったが、それも時間の問題だろう。
ぶわりと目の奥が熱くなって涙がこみ上げて来て、一気に桃子の視界を揺らした。
ただ、きちんと自分の気持ちを伝えておかなくてはならないと、桃子は懸命に言葉を紡いだ。

 
「もぉ、みやが好き」


この言葉をただ、伝えたかっただけなのに。

 
「みやのことが好きで…嘘でもいいから、ちょっとでもいいから、恋人になってみたかったの……ホントにごめんなさい!」

 

624 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:33:06.08 0
>>623

涙が零れそうになって、ぐっとこらえる。
この涙が何のためのものなのか、桃子自身にもよく分からなかった。

悪戯が見つかった子供が、怒られるのが恐ろしくて泣いているようでもあったし、
雅に突き放されて軽蔑されることが怖くて泣いているのもあるだろうし、
告白に感情が高ぶって出て来た涙のようでもあった。

必死に我慢していた涙が一粒零れ落ちる。
あわててごしごし腕で目をこすって、それ以上零れないように唇を噛みしめた。


「…桃が泣いてるの、めっずらしー…」

暫くして雅から返って来たのは、言葉こそそんな形をしていた。
桃子が予想していたような侮蔑の色は一切なく、むしろ優しくて甘やかな、桃子がこの数日で初めて知った「恋人」の声をしていた。
ぼんやりとした視界の中で、雅が優しく微笑んだ。

「バカ」
「みや…?」
「桃、あたしは……」

そうして、雅は何か言おうとした。多分、とても大切なことを。
それと同時に、桃子は気付いた。

雅の後ろから、ヒュンと風を切って勢いよく飛んでくる白球の存在に。

「あぶなっ……!」
「っ!!」

桃子が叫ぶのと、パーンッ! と、こんな時でなければ笑ってしまいそうなくらい小気味いい音を立てて、その白球が雅の後頭部に炸裂したのはほぼ同時だった。
ばたりと前に倒れてくる雅を、桃子は受け止めようとして、しかしその自分より大きな体を支えきれずに尻もちをついた。

「み、みや!! 大丈夫!?」
「す、すみません!!」

泣きそうな大声で謝罪を叫びながら、ボールを寄越した犯人らしい男の子が駆け寄って来る。
桃子はなんとか雅の体を仰向けに返して、その頬を叩いた。

「みや! みや!」

硬球とは違う柔らかい球なのに、そんなに威力があったのだろうか? 打ち所が悪かったのか?
涙も二人の状況も忘れて青ざめる桃子がその体を揺するとしかし、階段で落ちた時とは違って雅はすぐにその目を開けた。

「もも…?」
「みや! 大丈夫? 頭に…」
「桃の方こそ、大丈夫なの? 階段から…」

桃子は、心臓が止まるかと思った。
息を飲む桃子に怪訝な顔をして、それから周りを見回してそこが校庭であることを確認すると、雅は不思議そうに言った。


「あれ? みやたち階段から落ちた、よね? ここどこ? 何であたしたち外にいるの?」

625 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 18:38:50.32 0
>>624
すみません…校庭じゃなく公園です

626 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:04:49.17 0
あああ…みやももどうなる…

627 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:17:22.79 0
切ないな…
ハッピーエンドで終わってほしい

628 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:49:27.01 0
毎日みやももドキドキをありがとう

629 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:50:01.40 0
精力的に更新してくれてありがたい
毎日楽しませてもらってる

630 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:58:03.41 0
数日間の間に雅ちゃんの頭部に衝撃走りすぎな件

631 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 19:58:33.43 0
だからバカになったのか

632 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 20:00:11.21 0
雅ちゃんがさらに馬鹿になってしまうw

633 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 20:13:25.74 0
このお話しの中で熊井ちゃんってただのメンバーなのかなあ…

634 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 21:08:26.29 0
記憶喪失小説はももちが乙女だし雅ちゃんが男前で凄くいい

635 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 21:58:46.33 0
切ないな

636 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 22:20:13.62 0
今日みやももめっちゃきてて嬉しい
ありがとう

637 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:24:27.70 0
日々の喜びがあるって幸せなことだよな

638 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:40:02.78 0
ももちはモテモテだからみやびちゃんは大変だな

639 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:40:42.42 0
雅ちゃんも大概だと思うわ

640 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:47:57.97 0
二人とも女性からモテモテで浮気性だけど本命はお互いだけのみやもも下さい

641 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:54:16.00 0
山木さんもももち独占アピール

642 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:56:40.53 0
山木にはまだ早い

643 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:57:22.63 0
一目惚れしてから早14年の雅ちゃんがそんな狼藉許すはずがない

644 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:59:17.05 0
ノノl∂_∂'ル < ももはみやの

645 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/14(月) 23:59:43.86 0
独占欲強いくせに浮気性とかどうしようもないな

646 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:00:17.06 0
人たらしだからしょうがない

647 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:01:37.84 0
二人とも自覚的にたらしてる部分と無自覚でたらしてる部分とあるからなあ

648 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:06:58.02 0
ももちは現ハローでもレジェンドだからね
憧れる後輩が多いのも仕方ない

そしてここにきてのみやびちゃんのももち私物化アピール

649 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:07:11.81 0
モテるから時々他の女の子もつまみ食いするけど結局お互いが一番好きで嫉妬させてはイチャイチャ的なみやももが今自分の中でブーム
たぶん来週には純愛みやももブームがまた来る

650 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:08:38.50 0
http://i.imgur.com/Ax5u98M.gif

651 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:09:24.74 0
かわええ

652 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:10:57.84 0
自分の中のブームってあるよな
俺も一時期戦国みやももとかハマってたわ

653 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:11:06.66 0
>>650
俺このGIFめっちゃ好きなんよなんか信頼的な感じが伝わってくるのが良い

654 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:11:55.89 0
戦国自衛隊?

655 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:12:35.77 0
>>653
わかる
息合ってる感じが熱いよな

656 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:13:00.16 0
http://i.imgur.com/36ORMq8.jpg
http://i.imgur.com/ebfNVZs.jpg

657 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:13:10.55 0
プライベートではラブラブだけどステージの上ではライバルなふたり

658 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:13:15.03 0
自衛隊とは関係なくみやもも着物着てたら可愛いよなあ的な感じで妄想が膨らむ
恥ずかしいから公開しないけどそういうのって絶対皆あるだろ!

659 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:14:04.17 0
この際だから公開しよう

660 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:14:18.26 0
共有大事

661 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:15:04.82 0
>>656
愛理…

662 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:16:15.15 0
あるある

663 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:17:34.11 0
色んなパロディみやももを妄想した後に現実が軽く妄想を越えてくるからみやもも怖い

664 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:18:07.98 0
みやももは宇宙

665 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:18:36.20 0
>>656
このももちすげー楽しそう

666 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:18:55.06 0
みやももでアンリアルとかこのスレではあんまり見ないな
一時期使い魔と主人の組み合わせとか妄想するのにハマってたわ

667 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:19:22.46 0
ベリメンがホグワーツに入学したらみたいなスレ見た後に休日一日使ってみやももはどの寮入るかなとか妄想して一日潰したときの充実感

668 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:20:28.77 0
アンリアルは皆個人個々で考えてるんだろうけど共有が難しいからね

669 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:21:22.49 0
娘。小説はファンタジー系?も多かったね
ずいぶん前の話だけど

670 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:22:17.34 0
たしかに…設定の説明から始めなきゃならないからちゃんと書こうとすると長くなるしなあ

671 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:24:51.89 0
難易度高めだよね
でも仕事中にぼんやり設定考えたりするのはクッソ楽しい

672 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:25:15.82 0
>>667
あのスレ楽しかった

673 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:28:34.44 0
>>672
今読んでる
めっちゃ面白い

674 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:34:41.50 0
貴族パロはあれある意味アンリアルじゃないのか

675 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:36:38.08 0
びちゃんが軽音やってるお話もアンリアルと言えばアンリアル

676 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:45:29.49 0
たしかにそうだわ
普通にファンタジーって言えばよかったなすまん

677 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:57:41.46 0
ファンタジー系は個人サイトとかだとよく見るな
edge作者のたすけさんのやつとかが個人的にすごく好き

678 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 00:59:16.88 0
ファンタジー系は設定から逸れないようにするだけで時間かかるもんな

679 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 01:08:09.41 0
>>677
教えてもらえる?

680 :ac252226.ppp.asahi-net.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 02:29:01.17 0
日本のバブル時代のすごさ&バブル発生〜崩壊の理由をわかり易く解説
http://teslk.instamedia.jp/pho/201611141.html

681 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 06:02:10.23 0
おはよう

682 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 06:07:00.82 0
おはよう
最近毎日みやもも読めてて本当に幸せ
ありがとう作者さん

683 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 07:21:01.91 0
>>679
サイト名は書けないからアクセス方法だけ
ハコさんっていう方が管理してる個人サイトがあってそこのリンクから飛べるようになってます

684 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 10:15:48.63 0
ありがとう

685 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 14:28:12.17 0
保全しとく

686 :p53218-ipngn200301oomichi.oita.ocn.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 15:33:26.53 0
素敵な服を買ったはずなのに「私が着るとダサくなる」原因が発覚した
http://img.jum.nenem.jp/20161115/8yu7a/567518.html

687 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 18:01:59.16 0
さらに保全

688 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:05:05.01 0
話題ないときお前らほんと出てこんよな

689 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:07:47.58 0
見てはいるねん

690 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:37:46.12 0
みやもも不足
http://i.imgur.com/uWkpkqf.jpg

691 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:40:51.58 0
>>690
かわいいわ
美形

692 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:41:52.54 0
すごい可愛いけど雅ちゃんのその水着は背中の思い出が強すぎる
でもきゃわわ

693 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:51:16.51 0
http://i.imgur.com/Z2rsU0x.gif

694 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:51:51.14 0
>>693
これずっと探してた!!!!
ありがとうまじでありがとう!!!!!

695 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:53:56.15 0
ちょっと雑でサイズでかめ
http://i.imgur.com/ZXR0INF.gif

696 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:55:25.66 0
めっちゃ楽しそうだな

697 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:56:34.50 0
かわいい…
みんなかわいい

698 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 20:57:15.61 0
ももち波怖がりそうなのにめっちゃいい笑顔

699 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:06:21.36 0
雅ちゃんが隣にいるからな

700 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:07:43.96 0
おっぱいの違いすこ

701 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:08:23.21 0
>>690
これ茉麻切り取っただろ!

702 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:14:29.67 0
>>695
足バタバタしてるのって雅ちゃん?ももち?

703 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:25:14.15 0
ももちに見えるけど違うかな

704 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:26:58.72 0
保守がてら投下。短めですがちょっとエロいので注意。


---
ぴゅあなみやもも(ぴゅあじゃないver.)

アイドルはそういうの、アウトだからね。
これまでの人生で最大の勇気を振り絞り、満を持して仕掛けた初めての夜はそんな一言であえなく頓挫した。

それから数ヶ月。
粘り強く続けた交渉の結果、やっとキスまで許してもらえた。
それも、触れるだけ、お家の中だけという条件付きで。
どこまでも頑固な奴めと何度思ったか分からないが、そんな奴を好きになってしまったのだからどうしようもない。
そんなところも好きなのだから、本当にどうしようもない。

本来ならば、告白が受け入れられたこと自体、信じられないほど幸運なことだったと捉えるべきなのだと思う。
けれど、一度手に入ってしまえば、もっと先を望んでしまうのが人間というもの。
桃子はそんな心理も理解した上で、先に進むことを拒んだのかもしれない。


その日の夜は、みや、と柔らかな声が背中に触れて、ふわりとした腕に抱き寄せられた。
行為だけは頑なに拒むくせに、ベッドは同じが良いと言い出したのは桃子の方。
雅も拒みはしなかったから、結局同罪ってやつなのかもしれないけれど。
たとえば、桃子が怖い夢を見た時。うなされて起きた時。
すぐ隣に温かさがあるだけで安心するはずだから。
見え隠れする自分の下心はそんな言い訳で覆い隠し、今日も桃子と二人で一つの布団を被ったところだった。

「なに?」
「んー、なんとなく」

眠たくなったのか、甘えたくなったのか、きっと両方なのだろう。
背中から伝わるじんわりとした熱からそれを感じ取って、雅はくるりと身体を反転させる。

「おいで」

小柄な桃子は、雅の腕の中にすっぽりと収まった。いつもこうやって抱きしめる度に、ちょうどよいサイズだと感じる。
薄闇の中で、確かな温かさに安堵した。
鼻先をくすぐるのはシャンプーの匂いと仄かな甘さ。
お揃いのものを使っているはずなのに、なぜ桃子には甘さを感じるのか分からない。
誘われるままにゆるゆると髪を梳いていると、桃子がくすぐったそうに微笑んだのが伝わってきた。

「もも」
「……みや」

やり取りに意味はなく、ただただ桃子の音が欲しかった。
桃子から返ってくる声の音色に満足して、雅は小さな体を抱きすくめる。

705 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:27:51.72 0
>>704
「ちょ、苦し」

背中に回した腕の力を強めると、桃子が小さく抵抗した。
けれど、構わず雅は桃子の髪の毛に顔を埋める。
匂い立つ、誘われる、腹の底にどろりと熱いものが渦巻くのを感じた。

いつまで堪えられるだろう。
その答えは、雅自身に委ねられている。
体格差とか腕力だとかを考えれば、その気になれば欲しいものはいつでも手に入れられるのだと知っていた。
桃子も――きっと、拒みはしない。
お互いにそれを分かっていて、もたれかかり、かかられて、どちらかが傾けば今のバランスは呆気なく崩壊するだろう。
そんなことも、全部理解したうえで。

「……もも」

緩慢な動作で、桃子に覆い被さった。
桃子の視線を絡め取って、湧き上がる熱を包み隠さずさらけ出す。
どちらからともなく、目を閉じて。
唇に触れた柔らかさを離したくなくて、一度は開いた距離をまたすぐに詰めた。
もう少し、長く。深く。奥まで。

「……は、みや、まっ」

もう、流されてしまえばいいのに。
それを形にしてしまうのは、違うと知っている。今までの桃子の覚悟を、すべて壊してしまうわけにはいかないとわずかに残った理性が叫ぶ。
一方で、もう限界だと体の中で熱が暴れる。
せめぎ合って、思考なんて手放してしまえれば楽になれるのに。

706 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:28:16.76 0
>>705
「……みや、なんて顔してんの」
「?」

冷えた桃子の指先に、頬の輪郭をなぞられる。
自分が今どんな表情を浮かべているかなんて、知りようもない。

「無理してる?」
「……してないよ」

うそ、と囁く桃子を、咄嗟に否定できなかった。
ふわり、見下ろす桃子の雰囲気が柔らかくなったような気がして。
下から伸ばされる腕に包まれて、あまりにも優しい手つきに言葉を失った。

「我慢、させてごめん」
「そんなこと」
「あるよ、そんなこと、ある」

ありがとう、ごめんね、桃子の掌にゆっくりと背中を擦られて、その心地よさになぜだか泣きそうになる。
口を開けば溢れてしまいそうな想いをぐっと堪えていると、不意に桃子が手を止めた。

「みや」
「……なに?」
「待たせてばっかりで、ごめんね」
「も、いいよ」

謝罪の言葉を欲しているわけではない。
ワガママを聞いてほしいわけでもない。
もう、寝ようよ。
口を開きかけて、けれどそれは唇の添えられた桃子の指先に止められる。

「……もも?」
「ももにするのは、もうちょっと待って?」

——でも、その代わり、みやにしてあげる。

何を言われたのか頭が理解するより前に、ぐるりと反転する世界。
見上げる格好になって初めて、桃子も泣きそうだったのだと気がついた。

707 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:29:13.76 0
>>706


たった数枚の布でさえも、肌にざらついて邪魔に思えた。
もどかしい思いでいたのは桃子も同じだったのだと思う。
桃子によって器用にそれらは取り払われて、雅はただ桃子の指先から与えられる感覚を追いかけた。
至るところに柔らかな唇が降り注ぎ、その度にじわりと感度が上がっていく。
ささやかな刺激も積もれば全身を満たして、雅は酸素を欲して浅い呼吸を繰り返した。

「んっ、あ」
「ここ、すき?」

とても大事なもののように扱ってくる桃子に、返事は言葉にならないままどうにか頷きを返す。
頭のてっぺんから、お腹のあたりまで。桃子の小さくふっくらとした指先が往復して、その度に体の奥が疼いた。

「……みや、その——」

いい?とご丁寧に許可を求めてくる桃子が焦れったい。
大丈夫だからと桃子の手を掴んでそこへ、最も熱を持っているその場所へと導いた。
戸惑いがちな桃子の指先に触れられて、水音が、して。

「ぁっ……!」

下半身からぞくぞくと這い上がる何かに、雅は思わず仰け反っていた。
きっと桃子の指先は濡れている。雅自身で、濡れている。

「すごい、ね」
「いわな、くて、ぃ」

おずおずと撫でられているだけなのに、簡単に声はこぼれた。
鼓膜を揺する、自分の声、桃子の吐息、粘ついた水音。
視界に入った桃子の視線に射抜かれて、腹部をくすぐる指先に身を捩る。

「みや、かわいい」
「ぃっ、あ」

じんわりとした刺激は唐突に止んだ。それと同時に、じりじりと燻る熱を自覚する。

「もも……?」

何事かと起こそうとした上半身に、桃子の手が添えられた。
思いの外しっかりとした桃子の腕に支えられて、雅はベッドの端に足を投げ出して座る形になった。
桃子の意図が掴めないまま、ぼやけた視界に桃子の姿を映していると、不意に桃子と目が合った。

「すきだよ、みや」

きっと、その言葉が合図。
桃子の声は艶めいていて、心臓がドクンと大きく脈打った。

708 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:29:52.29 0
>>707

「ちょっと、ごめんね」
「え、あっ、そん、な、とこ……ゃっ」

桃子が、吸い寄せられるようにそこへと頭を埋めるのが見えた。
かと思えば湿ったものが押し当てられて、腰は勝手に跳ねていた。
溢れ出した液体を残らず舐め取るように、中心だけでなく周辺にも桃子の舌が這うのが分かった。

「あっ、は、んぅっ」

一定のリズムで刻まれる音に混じって、別の湿った音が聞こえた気がして雅は薄く目を開いた。

「も、も……?」
「は、みやっ、ぁ」

桃子の声には色がつき、片手でシーツを握りしめているのが見える。
問題は、もう片方の手。それが差し込まれている先を認めて、雅はぞくりと震えた。

「や、んぁ、み、やっ」

本当ならば、自分の指先で桃子を慰めてやりたかった。
それができないのならば、せめても、と。
シーツにしがみついていた桃子の手を、引き剥がして自分の指と絡ませる。
桃子が目を細めた気がした。すき、と言われた気がした。
けれど、それらを念入りに確かめている余裕はなかった。
桃子の舌先が動きを早めたのが分かる。啄んで、吸われて、なぞられて。
強くなった刺激に耐え切れず、ぎゅっと瞑った瞼の裏でチカチカと星が明滅した。
思考は次第に輪郭を失って、残ったのはシンプルな言葉。

——すき、もも。

今まで経験したことがないほどに、身体が強張って、頭の先まで快感の波に飲み込まれる。

「んっ、あ、いっ……!」

おぼろげな意識の中で、桃子の嬌声を耳にした気がして。
程なくして、指先から伝わる震えに、桃子も達したのだと知った。


二人して力の抜けた状態で、寝る態勢を整えるのにも一苦労。
ようやく向き合って横になった時には、桃子の瞼は半分以上閉じていた。
汗ばんでしっとりとした前髪を軽く指先で遊ばせてみるが、反応はない。
よっぽど、先ほどの行為で体力を消耗したらしい。

「もも、おやすみ」

額にキスを一つ、二つ。触れるだけ。
何か言おうと、桃子の口が動くのが見えた。けれど、そこから生まれた音は言葉にならないままで。
のんびりとしたテンポで頭を撫でていると、聞こえてくる呼吸は徐々に深くなる。
その寝息に耳をすませながら、雅もそっと目を閉じた。

709 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:31:20.94 0
きたあああああああああああ

710 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:35:18.37 0
ピュアなみやもも(ピュアじゃないver)という響きの面白さよ
読ませて頂きます

711 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:36:14.03 0
ちょっと?
めっちゃエロい…

712 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 21:42:00.89 0
ほんとすごいわ
表彰したいレベル

713 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:25:57.32 0
最初はキスも禁止だったとか厳しすぎる

714 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:41:00.15 0
リアルガチでみやもも書きたくなってきた

715 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:44:30.53 0
リアルガチで書いてくれ
頼む

716 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:44:33.65 0
待ってる

717 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:50:44.65 0
ショートびちゃんとももちの二人の並びが好きだった

718 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:52:21.15 0
ショートいいよな
またあれくらい切って欲しい

719 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 22:57:25.09 0
この並びな
http://i.imgur.com/kvrwaEi.jpg

720 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:24:51.30 0
2009ハイブリッドパンチ〜ロックン2のボブびちゃんもすごくいいよ!

721 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:28:40.59 0
>>702
この短いあんよはももち

722 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:29:10.71 0
コンパクト!

723 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:32:14.82 0
>>720
この頃の雅ちゃんの雰囲気ええな
ももちは眉毛普通に出してるんだな

724 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:33:01.48 0
http://i.imgur.com/xXQ2vPT.jpg

725 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:46:31.12 0
>>624


「ただいま」

桃子は疲れた体を引きずるようにして、フラフラと家の扉を開けた。
奥から母親の明るい声が響いてくる。

「お帰りなさい、遅かったわね。お母さん、ちょっと出かけてくるから、ごはん温めて食べてくれる?」
「うん、わかった」

頷いてみたものの、正直、桃子には食べ物が喉を通る気がしなかった。
いつもごはんをたくさん食べる桃子がこんなことを言ったら心配させるだけなので、言えないけれど。


雅はすべての記憶を取り戻したその代わりに、階段から落ちてこの三日のことを何も覚えていなかった。

あの後、雅の母親に連絡をして迎えに来てもらった雅は、また病院に検査に連れて行かれ、桃子はマネージャーから厳重注意を受けた。
雅の検査の結果を知らないけれど、そのまま事務所には帰って来なかった。

あの時ボールがぶつかる前、雅は何を言おうとしていたのだろう。
もう永遠に失われてしまった。
"恋人"だった雅はもういない。どこにも。最初からいなかったのだろう。

 
自室に戻り、部屋の扉を閉めて荷物を放り出して桃子はベッドにそのままダイブした。
今日は一日全く調子はあがらなかったし、それに、また雅を危険な目に合わせてしまった。
体は疲れ切っている。頭も、心も。なのに眠れる気はしなかった。

ベッドからぼうっと部屋を眺めていると、ふと机の上に置かれた紙袋が目に入った。
昨日、雑貨屋で桃子が買ったものだ。
雅に選んでもらった……

「…バチが当たったんだ」

雅はもうあれを選んだことを覚えていない。そう思うと、桃子の目には涙が滲んだ。
……二人でお昼ご飯を食べたことも、雑貨屋を巡ったことも、キスをしたことも、みやはもう覚えていないんだ。

 

726 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:49:19.36 0
>>725


どれくらいそうしていたのだろう。
不意に、放り出したままの鞄の中から携帯の着信音が鳴り響いた。
取りに行くのが億劫で、切れないかなと少し待ったけれど、かけてきた相手はしつこくてなかなか鳴り止まない。

桃子は仕方なくベッドから降りて、鞄を開けて携帯を取り出した。
そして、そこに表示されている登録されていない電話番号に眉をひそめる。
もしかしたら間違い電話かもしれない。でも会社の人だったら、これを取らないと怒られてしまう。

桃子は呼び出しに答えるかどうか逡巡したけれども、無視を続けることは出来ず、結局はおずおずと通話のボタンを押して携帯を右耳に当てた。

「……もしもし?」
『遅い!』
「う…って、…え? み、みやっ?!」

開口一番に怒られ、しょんぼりしてしまう。
しかし、一拍置いて声の主を理解した桃子は、思わず携帯を落としそうになるくらいに慌てた。

「みや!」
『桃、声うっさい』
「な、なんで? なんでもぉの番号知ってるの?」
『それはキャプテンに聞いた』
「…みや、携帯、かえたの?」
『そうなの! ちょうどいいからパパに買ってもらったんだよね……って、そうじゃない』

はー、と雅の長いため息が聞こえた。

『桃に話がある』
「……は、はなしって?」

それまでの流れから一変して落ちついた雅の声は、電話越しに乾いて聞こえて、後ろ暗いところのある桃子を怯えさせた。
そして残念ながらその桃子の怯えは間違ったものではなく、雅は平坦な、しかし有無を言わせないような口調で、桃子を奈落の底に突き落とす言葉を口にした。


『桃がみやについてた嘘についてだよ。……駅まで出て来れるよね?』

 

727 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:51:09.74 0
きたああああああああああ

728 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:52:54.60 0
桃がみやについてた嘘についてか…
ワクワク

729 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:53:18.26 0
この場面待ってた!

730 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/15(火) 23:56:56.57 0
今日は来ないのかと思ってたから嬉しい
ぴゅあみやももも読めたしいい日だったな

731 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 00:15:15.13 0
今日はここまでかな…
続きが気になりすぎる

732 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 00:37:45.19 0
ドキドキする

733 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 00:46:35.08 0
いい所で切るねー
わくわくしすぎてやばいwww

734 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 02:16:51.05 0
おやすみやび

735 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 06:22:44.44 0
おはよう

736 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 07:14:57.71 0
おはよう

737 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 11:16:14.64 0
おぱょがもものくしゃ笑顔が好きだって

738 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 11:57:41.06 0
>>609
続きです
千奈美のことも好きです

---

*  *  *

桃子としばらく一緒にいるうちに、少しずついろんなことが分かってきた。
たとえば、昼ごはんは購買で買うことが多いこと。
たとえば、暇な時は大抵本を読んでいること。
たとえば、成績はわりと優秀らしいこと。
たとえば、部活は入っていないらしいこと。
クラスの中にいる時の桃子は、とにかく静かで目立たなかった。
一方で、昼休憩や二人でいる時の会話は普通に成立するようになった。まだ、歌ってほしいなんて言えないけれど。
登下校も、たまに一緒に通うようになった。
友達っぽいじゃんと思ってはみるが、誰かに評価してもらえるわけではないので自信はない。


桃子のテンポに合わせる帰路は、いつもより緩やかに時間が過ぎる。
これでも雅にしては大分ゆっくり歩いているつもりなのだが、気を抜くと桃子を置いていってしまうこともしばしばだった。
けれど、ちょっとズレたリズムが今は心地良い。

「他の人と一緒じゃなくてよかったの?」
「いーのいーの、気にしないでよ」

二人で登校するのは初めてではないはずなのに、未だに桃子はそんな疑問をたまに口にする。
それに対して、雅はいつも同じように返す。気にしないで。
本音なのに、気を遣っているように響いたような気がして、その度に真意が伝わっているのか不安になる。
だから今日は、うちが一緒に行きたかっただけだから、と付け加えてみた。
そっと微笑みかけると、桃子の瞳がゆらり、揺れたように見えた。
些細な仕草に、表情の欠片に、雅の心は簡単に揺さぶられる。
じわり、侵食しようとする不安を振り払おうと、雅は深く息を吸った。

「あー、もも」
「ん?」

数歩だけ先を行って、そっと振り返る。
桃子がその距離を自然と詰めてくれたことに、とくん、と胸が高鳴って。単純な自分に内心苦笑した。
桃子の些細な行動は、雅の背中をふわりと押した。

「そのー、……今週末、ヒマ?」
「えっ? 何、急に」
「や、えっと、一緒に、遊び行かない?」

友達って、仲良くなるって、どういうことなのだろう。
一緒にご飯を食べて、一緒に帰って、後はどうしたらいい?
そう問いかけて、雅が導き出した答えはこれだった。

739 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 11:58:08.43 0
>>738

不自然ではないだろうか。もう誘っても良い時期だろうか。
普段だったら絶対考えないようなことまでぐるぐる悩んだ結果、一周回って悩むのがアホらしくなったのが昨晩のこと。
当たって砕けろ、夏焼雅。

「えっ! あ、あそっ?」
「ぃい、いや、だったら! ことわっ——」
「そんなこと!」

ないよ、と落とされて、なぜだか二人とも息が荒いのが可笑しくて。

「は、あは、はは」
「ちょ、もう、何」

言いたいことを言って力が抜けたのと、おかしいのとで変な笑いが漏れる。
そんな雅の様子につられてか桃子からも笑みがこぼれ、なぜか登校中に笑いあう二人という図が出来上がった。

「だって、もう、なんか」

なんだろう、分からない。
そんな風に笑っていたせいで、桃子からの「土曜日なら」というささやかな返事を聴き逃すところだった。

「あはは、え、……空いてる?」
「だから、そう言ったじゃん」

つん、と薄い唇が尖るのが見えた。
ああ、こんな顔もするんだっけなんて考えていた自分に、今日は変みたいだと改めて自覚する。

「じゃ、じゃあ! 空けといて!」
「え、う、うん」

だから、勢いよくそんなことを言ってしまったのも、桃子の手を固く握っていたのも仕方なかったのだと思う。
雅が我に返ったのは、桃子の朱に染まった頬を目に留め、周囲の状況を思い出した後だった。

740 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 11:59:17.74 0
>>739
そんなことがあったせいで、雅の頭は一日中土曜日のことでいっぱいだった。
どこに行こう、何をしよう、考えることはいくらでもある。
あちらこちらに飛んでいく思考は、外部からの雑音に引き止められた。

「ねーみや、今日めっちゃ浮かれてない?」

いきなり視界に入ってきた千奈美に、雅は小さく仰け反った。
そのまままじまじと見つめられて、訳もなく居心地の悪さを覚えた。

「え? そんなことないって」
「本当にぃ? なんかにやけてて気持ち悪いんですけど」
「だから! そんなことないって言ってんじゃん」

やんわりと否定したものの、表情を作る余裕さえなくなっていたのかもしれないと気づかされる。
他人の机に突っ伏してくる千奈美の頭を軽く叩きながら、雅は表情筋に力を入れた。

「ま、いーけどさ。そういえば土曜ヒマ?」
「土曜は無理」
「えー、付き合い悪ーい」

最近、みや付き合い悪いよ、と繰り返され、目の前に差し出される人差し指。
それをぎゅっと掴みながら、また今度ねと微笑む。そこで全ては終わるはずだった。
千奈美の余計な一言さえなければ。

「みやが最近付き合い悪いのってさぁ、嗣永さんのせい?」

後にしてみれば、千奈美の問いかけは何でもないことだったのかもしれない。
千奈美や他の面々の誘いを断ることが多くなっていたこと。
それと比例して桃子と過ごす時間が長くなっていたこと。
千奈美の発言は、それらを結びつけただけに過ぎなかったのだ、と。

「なんでももが出てくんの?」

しかし、今の雅にはそこまで考える余裕などなかった。
千奈美の口から思わぬ名前が挙がったことで、意識は完全にそちらに傾く。

「だってさー、最近めっちゃ仲良くない? 急接近って感じ」

中学校からの知り合いである千奈美が知らないのも無理はないのだが、そんな当たり前のことも今は頭に浮かばない。

「最近っていうか、小学校から知り合いだし」
「へえ、そうなんだ」

半ばムキになって言い返した言葉は、さらりと流されて。

「ま、いいけど。どっちでも」

故意に焚きつけるかのように、千奈美の顔には薄っすらとした笑いが張り付いていた。
簡単に、熱は加速させられる。

741 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 11:59:56.02 0
>>740

「何その言い方」
「なんで仲良いのかなって思っただけだよ。絶対話合わなさそうだからさー」

——読書ばっかしてて地味じゃない?
千奈美が言い終わるかどうかのうちに、ガン、と辺りに鈍い音が響き渡った。
少し遅れて雅の耳に入ったその音、気づけば千奈美を見下ろしている視界、鈍い痛みを訴える拳。
それらを順番に自覚して、雅の頭はようやく状況を認識した。

「ちょ、みや、落ち着きなよ」
「は? 落ち着いてるし」

突然机を叩いて立ち上がった人間を、落ち着いていると表現する人間なんてどこにもいない。
そんな思考は、ぐしゃりと握りつぶして放り投げた。

「ごめんって、ちょっとした興味本位?ってやつだから」

座りなよと促す言葉は無視をする。
誰のせいだと思っているのだろう、頭の奥の熱は増していくばかりで。

「……うちは少なくとも、一緒にいて楽しいと思ってる」
「みや?」

千奈美の態度も言葉も、全てが気に入らない。
だが、何よりも、桃子と話が合わないと言われたことが気に食わなかった。

「……ももは、可愛いよ」

地味とか、マジで何も分かっていない。勝手に想像して、決めつけて。
自分のことでもないのに、どうしても許せなかった。
逃げるように逸らされる千奈美の視線に、苛立ちは増幅される。

「こっち、向けってば!」
「わ、ちょ」

思考はカラカラと空回り、体だけが先走る。
胸倉を掴んでいると自覚したのは、タンマタンマと手足をじたばたさせている千奈美に気づいた後だった。

742 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 12:00:13.59 0
>>741

「みや、ストップ! うちが悪かったから、ちょっと頭冷やそうよ」

雅としても、手を出そうと思っていたわけではなかった。
握っていた力を緩め、千奈美に言われるままに腰を下ろす。
千奈美と雅に集中している教室の雰囲気が痛いほどに伝わってきて、徐々に熱が引いていくのが分かった。

「熱くなりすぎだし、目立ちすぎ」
「誰のせいだっての……」

ため息まじりに千奈美を見やると、ごめんって、と手を合わせるのが見えた。
さっきまでの千奈美はどこへ行ったのか、あまりにも別人のようで雅は肩透かしを食らったような感覚に陥る。
合わせた手をくにゃりと曲げて、下がった眉にパチパチと高速な瞬き。

「あーもう、何さ」

千奈美のコミカルな表情に思わず吹き出して、イライラしていたのが馬鹿らしくなってきた。
千奈美のことだ、本当にただの興味本位だったのだと思う。
焼きそばパン奢るから許して、と差し出された提案を、今回だけね、なんて言いながら受け取った。

「あ、ところでさあ」
「何?」

まだ何かあるのかと身を固くした雅に対し、千奈美から投げかけられた問は予想外のもの。

「土曜の予定って、嗣永さんとだったりして」
「なっ」

華麗に決まる、カウンター攻撃。
言葉に詰まった後で、しまったと思っても遅かった。

「え、マジ? 当たり?」
「何だっていいじゃん!」
「やっぱ仲良すぎだって!」
「っさい!」

はやし立てる千奈美のニヤニヤをどうにか止めさせたくて、ぶつけた言葉も効果はなかった。

ああでも、仲良すぎ、だって。
千奈美に言われたことを反芻すると、それはどこかくすぐったい響きをしていた。

743 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 12:04:30.06 0
読んでて食堂でにやけが止まらん

744 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 12:13:51.49 0
ほんとニヤニヤが止まらん

745 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 14:04:37.43 0
雅ちゃんが完全に恋する乙女じゃないか

746 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 14:07:21.58 0
千奈美にバレバレの雅ちゃんかわいい
大人な千奈美が感慨深い

747 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 18:15:50.78 0
なんかこういう青春ど真ん中的なみやももって数年ぶりな気がする

748 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 18:30:12.77 0
雅ちゃん!
キャプがももちにアピールしてるよ!

749 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 18:32:19.01 0
お姉さんず

750 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 18:34:45.55 0
くしゃ笑顔と言ったらやっぱももちの笑顔思い出すなw

751 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 18:37:57.81 0
人がくしゃっとした笑顔で笑うの好き。
ϵ( 'Θ' )϶♡

752 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:31:58.36 0
>>726

 
もう九時を過ぎる頃。
この時間帯になると、最寄駅の人通りは殆どない。
桃子はまるで絞首台に続く階段を上がるような気持ちで自転車のペダルを漕いだ。

 
雅は病院から帰ってすぐに、こちらの駅までわざわざ電車で来ているらしい。
明日どうせレッスンで会うのに、そんなに問い詰めたかったのだろうか。

……まあそうだよね。
雅がこの三日間のことを、即ち桃子の「恋人だった」という嘘や、昨日のデートのことを、どこまで把握しているのかは桃子には分からないが、電話の向こうの雅ははっきりと「桃の嘘について」と言ったのだ。
どうしてそれがバレたのかは分からないが、それはもう問題ではない。

どんな誹りを受けるのか、考えるだけで憂鬱すぎることだった。
そもそも自分がやったことなのだから、責任を取らなければという一心で、逃げ出したくなるのを奮い立たせて、雅が待っているという駅のロータリーのベンチまで、自転車を走らせた。



「お、おまたせ」
「……どーも」

外灯に柔らかく照らし出された雅の姿は、やっぱり昨日までと少し雰囲気が違った。
それは今彼女が怒っているからとかそういうことではなく、そこにいるのは"17歳の夏焼雅"で、同じグループでずっとずっと、ライバルとして競い合ってきた相手だった。
身体は全く同じで、着ているコートだって昨日と同じものなのに、不思議な話だが、確かに二年分の記憶を失った雅とは違いがある。

――やっぱり、みやの記憶は戻ってよかったんだ。
桃子はこの時心からそう思えた。

「みや、頭大丈夫だったの?」
「なんともないよ。まあ、この三日間のことは、全っ然、記憶に残ってないけど」

桃子は、傍の駐輪場に自転車をとりあえず止めて、ベンチの方に歩み寄った。
雅は端に寄っていてスペースはあるけれど、座っていいか分からずに桃子は雅の前で足を止めた。

 
「……あたしに何か、言うことがあるんじゃないの?」


長い足を持て余すように組んでいる雅は、座ってこちらを見上げてきているにも関わらず、まるで見下しているような目をしていた。

753 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:37:44.44 0
>>752


声に責めるような響きはないが、内容は死刑宣告そのものだ。
桃子はそれでもすぐに処刑を受ける覚悟が足りず、こめかみからたらりと汗を流しながら逃れる道がないかと考える。

「…階段では、庇ってくれてありがとう」
「……いや、そうじゃなくて」

雅の声が、途端に不機嫌なそれに変わる。
片目を眇めて見上げてくる雅の眉間に皺が寄ったのを見て、桃子は絞首台に上がらざるを得なくなった。

「バレてるんだよね」
「……」

無言で先を促す雅に、桃子はようやく観念した。
周りをきょろと見渡して他に人影がないことを確認すると、首を差し出すかのように頭を垂れて言った。


「ごめん。もぉ、みやが記憶をなくしてる間、みやのこと騙してた。もぉとみやは恋人だったって、嘘ついてた」


固い声でそれだけ言いきって、桃子は今すぐその場から消えたいような気分で、雅の断罪を待った。
だが、いつまで経っても雅からなんのリアクションも返って来ない。
桃子の体を突き飛ばすことも、頭を殴り飛ばすことも、罵声を浴びせてくることもしない。

不思議に思ってそろそろと桃子が顔を上げる。
すると、雅は先ほどまでと全く変わらないポーカーフェイスで、「座れば?」と自分の横を顎でしゃくって指し示した。

「し、失礼します…?」

よく分からないままに桃子が言われた通りにそこに腰を下ろすと、雅は自分の足に頬杖をついて、桃子の顔を覗きこむようにして聞いた。

「なんでそんなことしたの」
「なんでって」
「だから、何でそんな嘘ついて、あたしの恋人になりたかったわけ? 記憶がなくなったみやのこと、からかおうとでも思った?」
「違う!」

桃子は血の気の引く思いで、慌てて強い調子で否定した。
確かに自分のしたことは軽率で最低で責められて然るべきだが、それでもその根底にある想いを雅に誤解されたくなかった。

754 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:39:54.06 0
見てるよ…

755 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:40:19.65 0
見てる
心が痛いな

756 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:43:12.86 0
>>753

「じゃあどうして? どうしてそんな嘘ついたわけ?」
「それは……」
「それは?」

額にじんわりと汗が滲んでくる。
緊張で心臓が早鐘を打つ。
自分の膝と、その上に置かれている拳を映している視界が、いつもより狭い。
桃子はそれでも自分の責任を取るために、ありったけの気力を全部振り絞って言葉を喉から捻りだした。

 
「そんなの、みやが好きだからに、決まってじゃん!」


もともと嘘なんて得意じゃない桃子が、こんなことを仕出かす理由が他にあるだろうか。
こんなにも好きで仕方なくて、大学進学で今以上に忙しくなる今後を控えて、寂しい気持ちでいっぱいで、そうでなければニセモノの恋人になろうなんてそんな馬鹿なことを……
 
「うん、まぁ、そうだね。……でも桃の口から聞きたかった」

横から桃子の耳を打った雅の口調は、それまでのものと明らかに違っていた。
桃子が弾かれるようにそちらを振り返り仰ぎ見ると、雅は"恋人"だった時に初めて桃子に向けてくれたのと同じ、どこか切なさを含んだ甘ったるい眼差しで桃子のことを見つめていた。

「勘違いだったら困るし」
「え、なに? どういう意味?」

予想だにしない反応に、桃子は完全に頭が真っ白になってちょっとしたパニックに陥った。
みやの言うことの意味が分からない。
勘違い? 困る? どうしてみやは怒ったり詰ったりしてこないんだろ?

はてなマークを頭の上に幾つも浮かべて、混乱極まった表情で、桃子は雅を見上げた。
そんな桃子のその様子を、雅はちょっと意地の悪い笑顔でたっぷり堪能した後に、そっと桃子の肩に手を伸ばした。

「それはね…」

ぎゅっと抱き寄せられる。
上半身をひねった格好で雅の胸の中に閉じ込められて、桃子の頭は完全に思考を止めた。

昨日嗅いだのと同じ、雅のいい匂いが鼻をくすぐる。
ぴくりとも動かず固まっている桃子に、雅はその耳元に頬を摺り寄せるようにして、囁いた。



「こういう意味だよ」


雅の髪が頬をかすめてくすぐったかった。

 

757 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:47:58.32 0
>>756



「あたし、自分に対して手紙書いたの」
「手紙?」

長い抱擁の後、一度人が通りかかったことであわてて体を離した二人は、相変わらずベンチに座って、答え合わせのようにお互いの行動や気持ちについて話し合っていた。
唐突に訪れた展開に、桃子は正直まだ気持ちがついて来ていなくて、夢の中にいるみたいだった。

だって、軽蔑されて、絶縁宣言のひとつやふたつ貰って、ひょっとしたら一発殴られたりもするだろうと思っていたのだ。
今こうして、雅が"ニセモノの恋人"だった時にもしなかったような、――手を繋いで二人並んで座って話し合っているような状況など、考えられもしなかった。

「元の記憶が戻った時に"記憶を失ってる間の記憶"が失われるのは、過去に例があるって、映画でゆってたじゃん」
「うん」
「それに備えて」
「そうなんだ…それで、恋人の話が嘘って気づいたの?」
「まあね。正直びっくりした」
「…ごめん」

桃子は消え入りたい思いで、もう何度目になるか分からない謝罪の言葉をまた告げた。
雅の気持ちはどうであれ、雅に嘘をついて騙していた事実は変わらない。

だがそんな桃子に対して雅はさらりと、次の瞬間とんでもない爆弾発言をぶちかました。

「別にそんなに謝ることないんじゃない? だって、分かってたみたいだよ」
「へ?」
「あたしたちが恋人だっていうのは嘘だって、記憶のないみやは分かってた」
「え……えええっ!?」

桃子は叫びながらがたりと立ち上がり、「なんで!?」と叫んだ。
しかし雅が繋いだ手を離さなかったので、ベンチから離れることも出来ず、目を飛び出さんばかりにまんまるにした。

「まあ、分かるよね。家にも携帯にも、付き合ってる形跡とか、一切ないわけだし」
「みやの携帯は壊れてた!」
「データはバックアップ取ってもらってるから、復元してもらった」
「うそ…」
「ほんと。…桃は相変わらず機械に弱すぎ」

桃子はと言えば、あわあわとしながらこの三日の雅の言動を脈絡なく思い返して、雅が嘘に気付いているようなヒントがあったかを考えるのに必死で、雅のからかいの言葉に反応している余裕はなかった。

758 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:52:20.30 0
>「あたしたちが恋人だっていうのは嘘だって、記憶のないみやは分かってた」

えええええええええマジかよ気付かなかった

759 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:53:12.42 0
>>757

「そんなこと、みや一言も…」
「データ復元してみたら、桃の恋人発言は嘘だとは分かったけど、あたしにも都合が良かったんだと思う」
「都合がいい?」

とりあえず最初の衝撃から立ち直った桃子は、雅の隣に座り直した。
雅は少し気まずそうに視線を斜めの方に彷徨わせながら、口を開いた。

「正直に言うけど……あたし、Buono!始まる時にはもう、桃のことが気になってたんだよね」
「は、はああ!? はやくない?」

桃その頃まだみやのことなんとも思ってなかったのに!?
とデリカシーのない発言をかました桃子は、雅に思いっきり脇腹に肘を入れられた。
あまりの手加減のなさに、桃子はお腹をおさえながら、ひどいよみや……と呟く。

「とにかく! だから、桃の嘘はみやにも都合が良かった」
「……」
「桃がどういうつもりなのか確信が持てなかったから、とりあえずは桃の嘘に調子を合わせて、それでイケそうだったら機会を見て告るつもりだったんだよ」
「な…」

結局、自分は雅の手のひらの上でころころ転がされて、気持ちを推し量られていた訳だ。
しかも、中学三年生の雅に。

少し、いや、実際のところ、この事実は桃子をかなり悔しがらせた。
騙している罪悪感であれほど思い悩んだのに、嘘はバレバレで、むしろ自分のほうが騙されていたなんて信じられない。

「もぉがどれだけ悩んだと思って…」
「まあ、それは、嘘をついた桃の自業自得じゃない?」
「うっ…」

それを突かれると痛い。
おっしゃる通りですと黙り込む桃子に、雅はふて腐れた様子で今日ここで話し始めてから、初めて文句を口にした。

760 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:53:25.14 0
じゃあファーストキスinトイレで構わなかったのかみやびちゃん

761 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:54:43.27 0
正直全然予想と違ってて面白い
絶対熊井ちゃんと付き合ってるんだと思って悲観してたのにw

762 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:55:36.73 0
良かったよおおお!

763 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 20:58:30.43 0
>>759

「あたしは腹が立つよ」
「え」
「だって、みやたちキスもしたんでしょ? みやは一個も覚えてないんだよ? せっかく桃のファーストキス貰ったっていうのにさ」
「…もぉ、ファーストキスだなんて言ってない」
「はあ? 違うの?」

不機嫌マックスの威圧顔になった雅に、思わず桃子は縮こまった。

「いえ、違いません…」
「なんか別人に持ってかれたみたいで腹立つ……」
「ん?」

じっと見つめられて、居心地の悪さに桃子はもぞもぞと体を少し引いた。
雅が、それを許さないというかのように、繋いだ手を握る力をぎゅっと強める。

「今、もっかい、しとこっか?」

雅の言葉に、桃子がパチリとまばたきをひとつ。

「…それって、き、キスを? 今!?」

いくら夜で人通りがほぼないと言ったって、天下の往来で、駅のロータリーのベンチだ。
こっそり手を繋ぐくらいならともかくとして、どこに人の目があるか分かったものじゃない。

「もぉたちアイドルなんだよ?」

これがもし、もしバレたら大変なことになる。
さっきから人目も憚らずイチャイチャしてたのは、……まあ置いておくとして。
ぎょっとして、思わず周りを見渡す桃子に雅は言った。


「だってしたい。ダメ?」


どこかで聞いたことのある台詞に、桃子は思わず息を飲んだ。
途端に、桃子の胸になにかが溢れてくる。

あの時は、――昨日は、駄目だって言わなきゃいけないって思っているのに、でも言いたくなくて、揺れる思いに胸が苦しかった。
二人はまだニセモノの恋人で、桃子は雅の気持ちを知らなくて、雅は二年分も記憶を失っていて、だから素直な気持ちを伝えることが出来なかったけれど。

桃子は、自分を熱く切なげに見つめてくる雅の瞳を、同じだけの熱を籠めて見つめ返す。
ああ、やっぱり好きだ。みや大好き。慣れない嘘までついてでも手に入れたくて仕方なかった、みやだ。

「……もぉもしたい」

こみ上げてくる喜びに身を任せて、桃子は思い切って雅に抱き付いて、顔を上げてぎゅっと目を瞑った。
雅がちょっと笑う声がして、文句を言おうかと桃子は思ったけれど、そうする前に雅の唇がちゃんと降って来たので、それは諦める。


数秒押し付けるだけで離れていった唇に、桃子がそうっと目を開けた。
雅は昨日も一昨日も見せたことがないような、幸せいっぱいの照れた笑顔で「桃が好きだよ」と初めてきちんと言葉にしてくれた。
桃子は一気に頬が赤くなるのを感じながら、「もぉも好き!」と返して、またぎゅうと抱き付いた。
そこで初めてああ、なんだ、ももとみやは両想いだったんだなぁと、ホントに納得することができた。

 
そんなふうにして。
この日、桃子は雅の"ニセモノの恋人"から本物の恋人になったのだった。

764 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:00:00.96 0
やったぜ!!!!!!

765 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:01:51.55 0
ちょっと雅ちゃん!
覚えてないことよりトイレは!?

766 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:02:00.65 0
ハッピーエンドになりそうで本当によかった
安心したしめちゃめちゃときめいた

767 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:02:22.29 0
>>763


『記憶を取り戻したmiyaへ。


頭をぶつけたりした記憶喪失は、治ると「記憶喪失中の記憶」をぜんぶ忘れてしまうことがあるらしいので、自分あてに書いておきます。

階段から落ちたことが原因で記憶障害になった今のあたしが持っている記憶は、中学三年の1月までのものだけ。
病院で目が覚めた時にはびっくりしたけど、弟やママとパパがすごく良くしてくれたので、なんとか立ち直ることができました。
彼らにはよく感謝しておくように。

そして、桃のこと。
桃のことはすごく気になる存在。

腹が立つことも多いけど、悔しいけどメチャクチャ好き。
だから、あたしが階段から落ちた原因が「桃をかばったから」って聞いた時には妙に納得した。あたしは二年もの間、桃のことが好きなままだったんだなと思った。
だから、病室に現れた桃が「桃たちは一年前から付き合ってる」って言い出した時には、記憶がない間のあたしがすごいことをしたんだってビックリしたよ!

まあ結局、それは嘘だとすぐにわかったんだけどね。
パパに携帯のデータを復元してもらったら、桃と恋人のようなやりとりしている様子は全然ない。
そのくせに桃からのくだらないメールは保存して別フォルダに入れてあったり、告白みたいな文を打ちかけのまま下書きのフォルダにため込んでいたりしていて呆れた。
やっぱり、あたしが二年間片思いを拗らせたままだったって気づいた。

とにかく、それで桃の恋人発言は嘘だとはわかったわけ。
でも、その理由ははっきりしてなかった。いつものイジワルの仕返しにあたしをからかおうとしているのか、もしかしたら桃もあたしのことを特別に想ってくれているのか、それともほかに何かあるのかわかんなかった。
だからひとまず、桃の嘘に付き合って様子を見てみることにしたんだ。

今日はデートにも行ってみたよ。
結果としては、今、もう明日にでも桃に告白するつもり。
桃があたしのことを好きだって言葉はウソに見えないし、今日はデートの最後にはキスもした。
忘れたら勿体ないから書いておくけど、初めてだったみたいで、あとぎゅっと目を瞑ってキス待ちしてる顔が超かわいかった!

いつこれを読むのか、今のあたしにはわからないけど、この幸せな状況について、よく頭に入れてこれからの行動を決めるように。
次に記憶をなくす時には、携帯のデータを見て、ガッカリするようなことがないようにしてね。』

 

768 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:03:56.22 0
みやびちゃん可愛すぎて死にそうなんだけどこの気持ちどう共有したらいいのか

769 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:05:11.73 0
>>767


白い便箋に並んだ文字は、確かに自分のものだ。
書いた記憶は全く残っていないのだが。

雅は、机の上に出してあったそれをぴらりと指でつまんで眺めた。
自分に対してもところどころ嫌味を吐いているのはなんでなんだろ。
多分、桃子とデートやらキスやらして、舞い上がってハイにでもなっていたのかもしれない。
覚えてないから、今はただ腹が立つけど。

ふと、ポケットに入れていた携帯が震えて雅を呼ぶ。
取り出して画面の表示を見た雅の口元が、ふわりと綻んだ。

「……桃? 今家に着いたよ。…うん。………そうだね、そうしよう。……知らないよ、覚えてないし。……はいはい。………みやも好きだよ、バイバイ」

素直に愛の言葉を返せば、電話の向こうで桃子が絶句している。
雅は恋人のその初々しい可愛らしい反応に笑いながら、自分宛に書かれた手紙、もう役目を終えたそれをびりびりと引き裂いた。
桃に明日、ツンデレはどうしたの? とからかわれるんだろうなあと苦笑した。

今度のオフにはデートに行きたい。雅にとっては初めてのデートだ。
この三日間の記憶がないのはちょっと……いやかなり悔しいけど、でも取り返しのつかないものってわけでもない。

これから、たくさん、思い出を桃と積み重ねていけばいいのだ。
そうして今度は、階段から落ちようがボールが後頭部を直撃しようが、二度とそれを忘れない。
幸せを奥歯の方で噛みしめて、雅は思う。



ようやく本物の恋人になれたのだから、二人の恋はここから始まるのだ。

 

 
おわり

770 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:06:17.05 0
全俺が泣いた
よかったあああああ

771 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:06:45.68 0
終わっちゃったのすごい寂しい

772 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:07:05.04 0
自分に嫉妬する雅ちゃんワロス

773 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:08:07.66 0
いい話だったなあ
結局熊井ちゃん関係なくて考えすぎだったわ

774 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:08:18.45 0
>>771
わかる

775 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:08:30.56 0
最後までドキドキしたよ
ありがとう

776 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:09:19.38 0
何もビリビリに破かなくてもw

777 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:09:34.81 0
とても良かった本当に良かったありがとう

778 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:10:47.87 0
中編のつもりが意外と長引いてしまいましたが、記憶喪失みやもも完結です。
最後駆け足気味だったり雅ちゃんのコートが途中で色変わりしてたりして申し訳ない…

このみやももの雅ちゃんがちょっと甘えん坊のキス魔なので、外でキスしようとするたびに、
「え…ここでするの?」
「うん。ダメ?」
「えーっと、ダメっていうか…せめてトイレいこ」
「は?」
っていう流れになって、意味のわからなさに困惑してそうだなとレス見て思いましたw
トイレでファーストキス、という事実を雅ちゃんが知るかどうかはご想像にお任せします!

今書きはじめてるのが形になりそうだったら、また投稿させていただきたいです。
お付き合いくださり、ありがとうございました。

779 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:12:24.64 0
目を瞑ったキス待ち顔が可愛いと教えられてちゃんと確認する雅ちゃん

780 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:13:08.69 0
コートの色変わってたの?気付かなかった

781 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:14:31.17 0
割りとマジで今まで読んだみやももの中でも上位に好きな小説だったから寂しい
新作も楽しみにしてます

782 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:14:45.63 0
雅ちゃんが賢い…

783 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:15:38.48 0
俺らのご想像に任せずにファーストキスinトイレ暴露話の短編書いてくれよ!
と言いたいけど本当に毎日ありがとうございました
すごく楽しかった

784 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:16:39.54 0
みやびちゃんあんなに漢字書けないよねw
そんなことどうでもいいくらい良い話でした
ここしばらくの楽しみが一つ終わってしまった

785 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:17:00.91 0
>>782
たしかにwww

786 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:18:33.43 0
序盤はももちが可愛くてきゅんきゅんしてたんだが後半は雅ちゃんの可愛さに萌え死んだわ
ほんと素敵な話をありがとう

787 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:18:42.19 0
ほんと寂しくなる
でも他の連載長編もあるのって幸せだよな
雅ちゃん軽音の話もそろそろデートしてくれそうだし

788 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:19:30.93 0
新作もめちゃくちゃ楽しみにしてます!
お疲れ様です

789 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:19:39.54 0
雅ちゃんが嘘に気付いてるってわかってた人いる?俺全然気付かなかったんだが

790 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:21:15.17 0
新作も楽しみだしファーストキスinトイレも気になる
こんなに良いみやももがたくさん読めてるなんて幸せ

791 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:21:43.44 0
>>773
俺も雅ちゃんと熊井ちゃん絶対付き合ってるとか思って心配してた

792 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:22:23.43 0
>>789
今思えばももちの反応楽しんでるなーとか
雅ちゃんが意地の悪い顔でみたいな表現が多かったなーと思うけど
わからんかったわwオチは完全に予想外でやられた

793 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:22:51.34 0
な!付き合ってると思うよな!?だって熊井ちゃんやたら意味深にみやびちゃんと一緒にいたじゃん!
ほんと思わせ振りな熊井ちゃんだよ

794 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:23:06.00 0
嘘に気付いてたとすると熊井ちゃん関連ですごく切ない展開になると思ってた

795 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:24:42.40 0
長編だったら他のベリメンも絡んだ話になってたのかなって思ったり…
って我儘はいかんなw

796 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:25:28.55 0
雅ちゃんは多分ももちの事を元々好きなんだろうなとは思ってたが、嘘に気づいてたのは分からなかったな
むしろ実は記憶喪失は途中で治ってたんじゃないかと思ってた

797 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:27:17.13 0
デレびちゃん可愛すぎ

798 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:30:44.09 0
>>796
自分もそっちだった

799 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:31:06.46 0
今北
絶対切ない系だと思っててビクビクしてたけどハッピーエンドで安心したわw
この二人の後日談めちゃくちゃ気になります
そしていつかフライデーされそうだなこのみやももw

800 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:43:17.84 0
毎日更新してくれてありがとう
いつも仕事終わりに更新きてるかな?とドキドキしながらスレチェックしてたから寂しくなるわw

801 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 21:45:08.85 0
最高でした
次のお話も期待してます!

802 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 22:02:28.66 0
過去の自分に嫉妬する雅ちゃんかわええww
めっちゃ面白かったです!
みやもも最高

803 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 22:53:31.70 0
雅ちゃんが顎をしゃくってってとこの表現で思わず口から笑いが漏れたわ

804 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:03:02.70 0
記憶喪失みやもも名作でした
毎日読めて幸せだった
近いうちにあと3回くらいは読み返すつもり

805 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:03:50.49 0
wikiに纏めてくれてる人もありがとう
読み直すのに重宝してる

806 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:13:33.48 0
wikiもうまとめられてんのか
いつもありがとう

807 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:16:25.79 0
ほんといい作品だった
俺も週末読み返すわ

808 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:21:01.10 0
こんなに漢字を書けるわけがないと思いつつ雅ちゃんの手紙可愛すぎたわw
トイレのことも書いとけば良かったのにw

809 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/16(水) 23:44:54.72 0
完結お疲れ様です!
二人とも可愛くてきゅんきゅんだったよ
毎日更新してくれてありがとう
更新を楽しみに待つこの感覚が懐かしいよ

810 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 00:35:13.55 0
こんな作品待つことが楽しみだったの何年ぶりだろうか
ありがとう作者さん

811 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 00:37:25.47 0
面白かった
雅ちゃんとももちが将来、ファーストキスの場所は?って聞かれた時に
「多目的トイレ」と「駅のベンチ」って別々の答えを言う可能性あるよなこれww

812 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 01:44:37.91 0
トイレでファーストキスこだわるねw
みやももヲタは乙女チックな人が多いのかな

813 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 02:00:31.83 0
作者のみなさん感謝です
ネタがあるならどうぞ出しちゃってください
みやももがまだ表にあるうちに

814 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 05:52:41.16 0
おはよう

815 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 07:13:32.91 0
ノノl∂_∂'ル ル ’ー’リ < はいおはよう

816 :ac254087.ppp.asahi-net.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 08:50:28.84 0
世界の美意識はこんなに違った。女性の"完璧なプロポーション"は?(比較画像)
http://uiobn.faithere.jp/20161117852/1458523687433587.html

817 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 13:34:12.78 0
みやもも

818 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 13:47:38.12 0
ROCKエロティック見返したんだが改めて雅ちゃんのデコルテ綺麗だなって

819 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 14:07:49.84 0
ももちは雅ちゃんの鎖骨が好き

820 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 15:19:21.75 0
もしロクエロでみやももの絡みがあったら俺ら発狂してたな

821 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 15:37:57.83 0
俺は日々ショタももちと雅ちゃんで絡ませて想像してるよ

822 :p3177-ipbf606souka.saitama.ocn.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 16:40:20.61 0
めっちゃ怒られているのがテレビで放送されてしまった
http://dayly.hiprinter.com/1479367550/20161118_23932.html

823 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 16:50:56.06 0
ショタちが未亡人びちゃんの鎖骨ツーーッてするんだな

824 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 16:56:17.14 0
その後かぷっといっちゃうのかな

825 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 18:19:26.63 0
ル ’‐’リ<みや、チューして
ノノl∂_∂'ル<今カメラ回ってるけどいいの?
ル ’‐’リ<どうせファンの人だって喜ぶから大丈夫だって
ノノl∂_∂'ル<しょうがないなあ、ほら目瞑って

http://i.imgur.com/wtvH3TV.jpg

826 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 19:43:19.89 0
雅ちゃん既に感覚麻痺してそうなやり取りだなw

827 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 19:59:59.50 0
http://i.imgur.com/2uUVYUu.jpg

828 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:21:54.92 0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1065003.png_p0UqEsryToheVPOuMpC1/www.dotup.org1065003.png
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1065008.png_4uvagsYbLKfr21fxFub8/www.dotup.org1065008.png

829 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:22:53.86 0
愛理を救ってあげたい

830 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:23:47.48 0
みやももにおける愛理の存在について議論しようぜ

831 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:23:49.65 0
愛理は愛理でこの状況を楽しんでるっぽいからいいだろw

832 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:25:08.72 0
愛理がいることでみやももはもっと面白いものになっていると俺は思う

833 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:25:12.82 0
愛理はみやももに興奮してフガフガしてればいいのよ

834 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:27:18.85 0
ある種の引き立て役てきな

835 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:27:24.21 0
みやももでもツンみやの時はももちの当て馬に愛理がいるからおこぼれで美味しい思いしてて悪くはない

836 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:27:41.45 0
>>828
2枚目切なすぎィ

837 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:28:32.05 0
夏焼つよしくんグヘヘ…みたいになってたときあったな

838 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:28:49.14 0
妹的な感じで入ってきても可愛いし三角関係的になっても楽しい
愛理万能説

839 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:29:23.89 0
ボノゲーかw

840 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:30:39.78 0
いいなー2人今日ラブラブでとか言ったりすーさんにミカンの皮を食べさせてるところは涙出る

841 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:31:38.93 0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1065022.png_n7Vr0WuURx0H2sX5um3e/www.dotup.org1065022.png

842 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:32:28.68 0
このスレ完走しそう

843 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:46:03.19 0
二人とも年下には甘いし愛でたがる
愛理はステージでは別だけどキャラ的には妹として面白可愛がられるとこに落ち着くしかない
みやももアレだし

844 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 20:54:05.93 0
ボーリングのやつとか愛理がすごいことになっててかわいい

845 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 21:05:43.66 0
やばい愛理に対してのみやももの反応
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1065069.jpg_9M6aMJW0bYPs4WQUH743/www.dotup.org1065069.jpg

846 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 21:44:27.67 0
>>841
ももちが愛理の胸を触るセクハラ

847 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:11:09.97 0
そこは胸ではなく腋では

848 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:34:16.71 0
みやもも幼馴染とか従兄妹とか高校の先輩後輩とか色々考えてたなあ
形にする前に活停を食らったのだった

849 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:39:20.63 0
それはきついな…
今こそ設定だけでも吐き出しとこうぜ

850 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:39:25.76 0
形にするなら今のうちしかないよほんとに

851 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:40:51.86 0
このスレあってよかった

852 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:43:00.17 0
今のうちしかないということもないが

853 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:47:20.31 0
今だけじゃないか、言い換えるよ
ももちが芸能活動をしてるうちに

854 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:47:30.36 0
みやももじゃないけどロクエロスレで書いていたものも途中のままだ
メモとか全部処分したから思い出したら書きたいね

とりあえず幼馴染だったら
ももちが小柄だからみやびちゃんがお姉さんぶりそうだなと考えてた
ももちは小1までは一人っ子みたいなものだからお隣のみやびちゃんと姉妹みたいに育つ感じで

855 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:47:38.36 0
むしろいつでも出来るだろ

856 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:50:36.97 0
いつでもできるしいつでも読みたい

857 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:52:02.62 0
http://i.imgbox.com/vZ70FGzf.png
ももが好きだって

858 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:54:57.37 0
これは間違いなく私信だよ…

859 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:55:22.97 0
#眉毛がすき

なぜ唐突に眉毛…??

860 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:56:30.17 0
絶妙なアホっぽさが実にみやびちゃん

861 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:58:32.73 0
モモは一歩譲って単にスタンプが好きなだけだとしてクマは?ってなるとモモも怪しい
そして唐突な眉毛はなに?
キャプテンのももちへのアピールに対抗してるの?

862 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 22:58:43.14 0
どう考えても桃子の眉毛が好きっていう私信

863 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:00:08.11 0
眉毛はクマにあるみたいだ
http://mouda.asia/file/parts/I0002613/5efe571d1355b5768fc4bb740c731517.png

864 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:01:55.72 0
雅ちゃんのセンスが絶妙にアホかわいい

865 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:10:34.17 0
周知の通りももちは自分のものだけど熊井ちゃんも自分のものだとアピールする欲張り雅ちゃん

866 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:10:44.83 0
なるほどベリメンでももちの好きなところお題で山手線ゲームでも始めたのかと思ってしまった

867 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:12:45.37 0
キャプテンのブログといい最近のももち狙われすぎじゃないか

868 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:19:09.47 0
雅ちゃん自身がコメントに対して眉毛はクマにあるの🐻って言ってるな

869 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:30:39.71 0
それにしてもなんで唐突にモモとクマなんだ

870 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:52:35.64 0
唐突に投下してみます
ちょっと試験的な書き方になっちゃったので読みにくかったらごめんなさい
山木さんの一人称難しすぎて迷走しました


みなさん、こんにちは。
私、山木梨沙っていいます。
東京都出身で——って、今はそんなことはどーだっていいの、です。
現在、私は非常に困った状況に置かれているわけで。
みなさんに分かりやすく説明するなら、楽屋の前で壁に貼り付いてる状態とでも言うんでしょうか。
メンバーにさよならを言って帰路についたのが1時間ほど前のこと。
でも、今日は楽屋に忘れ物をしてしまったんですよ。
大学で使うの教科書なんかはさすがに明日ってわけにもいかないので、泣く泣く戻ってきたというわけです。

節電だかで電気の落とされた薄暗い廊下。
そこに伸びる一筋の光で、楽屋にまだ人が残っているのだと分かりました。
そこまではいいんです。
たしか、ももち先輩はもう少し書き物が残ってるからって楽屋に残ったんですから。
でも、私が中に入ることを躊躇ったのは別の理由。

「……さ、……で」

ももち先輩しかいないはずの楽屋から、なぜか話し声が聞こえてくるんです。
いや、声自体はももち先輩なんですよ、だから最初は電話でもしてるのかと思いました。
でも、明らかに物音が二人分で、それはつまり、楽屋にはももち先輩と別の誰かがいるってことになりますよね。
頑張って耳を澄ましてみたんですが、話の内容は全く分かりません。
たまにテンションが高くなったももち先輩の声が高めに上ずって耳に入ってきますが、それ以外の手がかりはつかめないまま。
そんな状況で「ハァイ!」とか言いながら突っ込んでいける人なんていませんよ。
あ、やなみんとかだったらあるいは、と思わないでもないですが、残念ながらここにはいないのです。
つまり、帰宅するには部屋に入って忘れ物をゲットする必要があるわけですが、この山木があの空間に入っていかなければならないわけで……。

「もぅっ! ……てっ!」

おっと?! 意を決して握ろうとしていたドアノブから、ついつい手を離してしまいました。
さっきの声、ももち先輩ですよね?
なんというか……やたらと甘い声じゃないですか?
メディア向けの高めに作られた声を聞いたことはありますけど、それとはちょっと違うような感じ。上手く言えないですけど。
うーん、これは、少し悪いことをしている気にもなりますが、ちょっと覗かせてもらってもいいですよね?
ももち先輩の相手が誰かってことだけ分かれば、部屋にも入って行きやすくなりますし、ね?
誰に言い訳してるのか分からなくなってきましたが、ドアの僅かな隙間からチラッと覗いてみることにしましょう。

隙間から得られる視野は狭くて、確認できたのは楽屋のソファの一部のみ。
そこに座ってるのがももち先輩だということは見えたんですが、肝心のお相手が見えません。
うーん、困りました。
ももち先輩の視線は完全に私からは見えない場所へと注がれていて、そこに話し相手がいるってことは分かるんですが。
そんな中で、私の耳に飛び込んでくるパイプ椅子が軋む音。
やばいという焦りと、もしかしたらという期待。
天秤にかけたらどっちが勝つかなんて分かりきってますよね。

「……っ?!」

私とももち先輩の間に割り込んでくる人影は、私と同じくらいの背丈で、モッズコートを羽織っていて、栗色のショートカットで、男の、人……?
隠れる寸前、その人を見上げるももち先輩は今までにないくらいふやけた顔で、さすがの私でもその後何が起こるのかを予感しました。
ももち先輩の前で立ったまま、その人は少し身を屈めて。
遮られた先の想像がいやに生々しくて、かっと全身の体温が上がるのが分かりました。
この山木、最も見てはならないものを目撃してしまったのではないでしょうか。
これは、忘れ物とか言ってる場合じゃないです。
無理! 入れるわけがない!
ドクドクと脈打つ全身を引きずって、それでも何とか家には帰りましたけど。
ああ、夢だったら良いのに……そんなことを思いながら、気づけば眠りに落ちていたのでした。

871 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:53:06.83 0
スレ開いた瞬間に投下来てた

872 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:53:08.58 0
>>870


次の日、目を覚ますと教科書たちは確かに部屋にはなくて、昨日見た光景は確かに現実でした。
その日は大学があったわけですが、驚くほど身が入らなかったわけです。
なのでまあ、教科書があってもなくても結果は同じだったと言いますか。
それ以上に、ももち先輩の——その、キ、キスシーン(仮)のショックが、大きすぎたんですよ。
その後も、仕事で一緒になることはあったんですが、どうにも目が合わせられなくて。
いつもは楽屋でも、ももち先輩の隣が定位置になりつつあったんですが、今日はどうしても座れませんでした。
鏡の前で頬杖をついて、グルグルと思考が巡って。
そりゃ、自然とため息も漏れるってもんです。

「梨沙ちゃん?」
「え? ぉわっ」

気づけば、こちらを心配そうに覗きこむちぃの視線。
この山木、考え事に集中しすぎていたようです。

「なんか体調悪い?」
「べべ別に、何も?」
「いやいや、何もって感じじゃないじゃん」

ええ、ごもっとも。
耳の奥に残ってる自分の声は明らかに白々しくて、仮に私が逆の立場でも同じツッコミをしたことでしょう。
さすがにちぃに相談するわけにはいかないような。
でも、自分の中に留めておくには限界なような。
ね?って視線だけで促されて、それでもやっぱり躊躇う気持ちは消えないわけですよ。

「うーん……じゃあさ! お仕事終わったらご飯行こ?」

別に無理に話さなくてもいいし、との提案。
一人でいても考え込んでしまいそうだし、私はそれをありがたく受けることにしたのでした。

873 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:53:52.64 0
>>872

急遽決まったご飯会、お店は任せるとのことだったので、イタリアンに。
うん、女子力高めですね。
手頃なお値段なのに味が良くて、何よりちょっとラフな雰囲気が肩肘張らなくてお気に入りなんです。
ちぃも満足してくれたようで、ちょっとほっとしました。
美味しい料理に、飲み物。
テンションも自然と上がるってもので、普段より饒舌に二人でしゃべり倒して。
帰宅時間はあっという間にやってきていたのでした。

「はあ、楽しかったあ」
「ふふ、よかった。梨沙ちゃん元気になったみたい」

ちぃの一言に、なぜこんな展開になったのかが急に蘇ってきました。
これ、切り出すにもめちゃくちゃ勇気のいる話題ですよね。
だって、あのももち先輩が楽屋で男の人と、そのー、ゴニョゴニョしてたなんてスキャンダル中のスキャンダル。
目の前のちぃに、それを共有するかどうかでもやっぱり、一人で抱えるには大きすぎるというか持て余すのが本音なわけで。

「あー、ちぃ、さん」
「えっ?」

帰り支度をして立ち上がろうとしていたちぃに、ちょいちょいと手招きをして、近寄ってきた耳元にそっと尋ねてみました。

——ももち先輩が、男の人と一緒だったらどうする?

ひゃっと妙な声が漏れて、ちぃの耳が面白いほど真っ赤に染まるのが見えました。

「おおおお、おと、男の人……?!」
「しー、声」

はっと両手で口を押さえるちぃ。やっぱりここはちょっとまずいかな。
ってことで、とりあえずお店を出ることにしましょう。

874 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:54:38.96 0
>>873

二人で道を歩きながら、声のボリュームは最小に。
雑踏の中なら紛れちゃって聞こえないような気もしましたが、ここは念には念ってやつです。

「――なんで梨沙ちゃんはあんなこと聞いたの?」
「えーと……」

話題を切り出すのには成功したわけですが、ここからどうしましょう。

「この前、忘れ物して取りに帰ったんだけど、」

ももち先輩が、楽屋で男の人と一緒にいて。
明らかにスーツではなかったし、思えば怪しいところだらけで、説明をしながら自分でもドキドキしてきました。

「それで、その……」

あああ! これ以上は! これ以上は無理ですよ!
だって、そんな、私の口からキキキ、キス、なんて言えないですし!
なんて、そんな私の胸中など素知らぬ様子で、ちぃは腕を組んで何か考え込んでいるみたいです。
まあ、何も考えてない可能性もありますけど。

「……それってさあ、茶髪の人?」
「うん」
「モッズコートって、緑でふわふわしたのがついてるやつだっけ」
「ま、まあ……そうかなあ」

ふわふわってあれですよね、首元に付いてるファーのことですよね、きっと。
確認のようなちぃの口調。もしかして、心当たりがあるとか?

「あ、やー、その。梨沙ちゃんが見た人とは違うかもしれないんだけど……」

875 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:55:09.50 0
>>874

心当たりなら、あるかもって。
まさかすぎて、なんて言ったらいいか分からないんですけども。
ちぃも、まさか……き、き、きっすを目撃した……?
でも、そんなことがあろうもんなら、私は絶対に気づいてますよ。

「ちぃ、それ、本当?」
「あ、うん……でも、違うかなあ」

どっちなの!
じりじりとしている私をよそに、人差し指を唇に押し当てて長考モード。
やがてちぃが口にしたことは、ある意味で全然予想外でした。

「えっとねえ、それたぶん、夏焼さんだと思うよ」
「……は」

ナツヤキサン?
……って、私は一人しか知らないんですけど。
あんなに髪、短くなかったような。
ていうかその前に。そのお方は女性じゃなかったでしたっけ。

「え、それって、あの」
「そうそう、あの」

どうも、ちぃの思っている人と、私の脳内に浮かんでいる人は同じと考えて良いようです。
そこまでは、良しとしましょう。

「いや、え? 本当に……?」
「ホントホント、今度ももち先輩に聞いてみたらいいと思う!」

ごくごく簡単なことみたいな顔であっさり言うけど、それがどういう意味か分かってる?
大丈夫だよって力強い声が聞こえるけど、それってただの無責任と表裏一体じゃないの?
けれど、ちぃが根拠のない大丈夫を繰り返すので、そんなに言うならと私もその"大丈夫"を信じてみることにしたのでした。

876 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:55:46.93 0
>>875


そんなことがあって、次の日。
次の日って、心の準備できてないよって思いましたが、ちぃは待ってくれません。
大丈夫だからって、もう何回聞いたことでしょうか。

「二人ともまだ帰らないのー?」
「あ、はい、えっと」

書き物はもう終えちゃっていて、やることって実はないんですよね。
大学の課題が、とか適当なことを言っちゃおうかな……少し困ってちぃと目を合わせると、その目が時計を伺うのが見えました。
そろそろ? それとも、タイムリミット?
その行動の意味を捉えあぐねていると、背後で静かに響く金属音。

「もも、おつかれ――って、あれ?」
「あ、みや。おつかれ」

ドアの向こうから、ひょいと現れたのは、果たして確かにその人だったのでした。
くりっとした瞳に、さらりと明るい栗毛色の前髪が流れて。
その髪の短さも、羽織っているコートも、記憶とぴったり一致します。やっぱりあの日、私が見たのは。

「夏焼、さん……」
「お、二人ともおつかれー。こんな時間まで残ってんのめずらしーね」

固まっている私の服をちょいちょいと引いて、ちぃの顔がほらね、と言ってくるのが見えました。
認めましょう、ちぃの言う通りだと。
ただ、私が記憶してる限りでは最近の夏焼さんってこんなじゃなかったような気がするんですが。

「あの……その、髪」
「あ、そうだった」

梨沙ちゃんは初めてだっけ、と言われるところを見ると、ちぃは知っていたみたいですね。
つまり、夏焼さんのいつもの髪型はエクステによるもので、普段の状態は今、目の前にいる夏焼さんだと。

「でも、なんでエクステなんて……」
「んー、エクステの方がいろんなアレンジできるから?」

なるほど、理由はまあ理解できました。
と、いうことは。今回の件って、単純に私が空回ってただけ——?
そのことに気づいたのと、ちぃがお二人にニヤニヤしながら告げ口をしようとしたのがほぼ同時。

「聞いてくださいよ! 梨沙ちゃんてば、夏焼さんのこと、」
「ちょっ!」
「えー? なになに?」
「ちぃ、やめ、んむぅ——?!」

ちぃの言うことをかき消そうと声を張ろうとしたところを、ももち先輩に阻止されました。
小さいくせに——失礼、可愛らしいサイズの掌に口を塞がれて、ももち先輩に促されるままに、ちぃが私の勘違いを語るのを見ていることしかできませんでした。

877 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:56:14.39 0
山木さんには是非覗いて詳細を描写してほしかった

878 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:56:20.92 0
>>876

「え、ちょっと、本当にー?」
「マジで?」

かと思えば、ももち先輩と夏焼さんが同時に吹き出して、なんでしょう、これは。
じわじわと……じわじわと恥ずかしいやつじゃないですか?!

「も、もうやめてください……」

頬が熱くて、今ほど穴があったら入りたいという言葉が適切な状況もないと思います。
それでも笑いの波は去ってくれる気配がないので、しばらく笑われるほかありませんでした。
ちぃ、恨みますよ。

「もー、梨沙ちゃんはおっちょこちょいだなぁ」

ももち先輩の手がぺしぺしと頭に当たってきて、ようやく波が引いてくれたことを感じました。
よかったと言うべきか否かは微妙ですけど、ももち先輩の言葉で空気が少しだけほどけたのは確かです。

「ま、そういうことだから」

誤解も解けてよかったね、と夏焼さんからはウインクをいただいて。

「じゃ、帰ろっか」
「うんっ」

事は済んだと言わんばかりに、くるりと踵を返す夏焼さん。
もう勘違いしないでねー、とか何とか言いながら、軽いノリのももち先輩が隣に並んで。
つかのま、お二人が視線を交わしたような気がしました。
それは、もしかして幻だったのかと思うほどには一瞬の出来事で、次の瞬間にはお疲れ様ー、という挨拶を残してお二人の姿は消えていたのでした。

「ね、大丈夫だったでしょ?」
「まあ、そう、だけど……」

なんでしょう、このモヤモヤは。あ、そういえば。

「知ってたんなら言ってよ」
「いやあ、ちょっと梨沙ちゃんの反応見てみたくって」

聞けば、ちぃはちぃでGNOの収録の後に突然現れた、ショートカットの夏焼さんに驚かされたのだとか。
さっきまで一緒に収録してた人の髪の長さがいきなり変わってたら、そりゃ驚きますよね。

「私たちも帰ろっか」

まあ、何にせよ、スキャンダルとかじゃなくて安心しました。
そりゃまあ、めちゃくちゃ恥ずかしかったですけど。
すべて私の勘違いだったわけで、つまりは、最悪の事態とかではなかったわけで、そうなると何よりも安堵の気持ちが大きいんです。
明日からはまた、ももち先輩のお隣にちゃんと座れそうで、本当よかった!


めでたし、めでたし。

879 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:57:58.32 0
あー山木さんの勘違いでよかったー(棒)

880 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/17(木) 23:58:47.54 0
みやももったら事務所でイチャイチャしたらダメだって言ったじゃないか!

881 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:00:13.95 0
>>878

川∂_)∂リ.。oO(ん? あれ?)
川;∂_)∂リ.。oO(何か…大事なことを忘れているような…)

----
やまっき一人称わからなさすぎて迷走しました
また出直してきます

楽屋の中で何が起きていたのかはご想像にお任せします

882 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:02:41.86 0
ありがとう
カントリーやPINK CRES.とみやももの絡みが好きだからすごく嬉しかった
この後帰って喧嘩するんだろうなw

883 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:03:04.36 0
ニヤニヤしてまう!

884 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:05:09.40 0
>>879
ほんとだよもしかして雅ちゃんとももちがキッスしてたのかと思ったわ

885 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:10:46.88 0
山木さん自分と同じ背格好の人を男だと思わないと思う

886 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:10:51.85 0
>>857
もも…?眉毛…??(困惑)

887 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:12:54.60 0
みやももおやすみ

888 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:14:12.76 0
おやすみやび

889 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:17:08.01 0
>>881
乙乙
山木さんがおっちょこちょいでヨカッター

890 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:18:17.45 0
もー、梨沙ちゃんはおっちょこちょいだなぁ

891 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:20:05.55 0
前にみやももの絡み好きって言ってたのも山木さんだっけ?

892 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:21:08.56 0
今日も小説読めるなんて幸せだった
表と裏の中間のみやもも見てるみたいでいい
もっと裏を見たくなってしまう

893 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:21:49.67 0
>>891
まなかん

894 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:22:12.16 0
毎日きてた記憶喪失みやもも終わっちゃって寂しかったけど寝る前に投下見れてしあわせ

895 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:22:30.30 0
>>891
まなかんじゃないかな
ブログに書いてた

896 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:23:10.26 0
みんなクオリティ高杉

897 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:24:40.49 0
あれ、まなかんだっけか
ありがとう

898 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:25:48.53 0
http://ameblo.jp/countrygirls/entry-12065797840.html

まなか個人的には、
夏焼さんとももち先輩のおしゃべりが
とっても面白くて(´。・v・。`)

見ていてほんわかしちゃいます*

899 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:25:49.47 0
>>885
ちゅっちゅしてたら相手は男性かな?と思うだろ(ピュア)

900 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:27:30.63 0
投下ありがとう
第三者視点のみやももは新鮮で楽しかった
山木さんはみやもものお付き合いにも理解ありそうだよね
後輩でヤバいのはふくちゃんか

901 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:28:11.98 0
このスレも完走できそうで嬉しい

902 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:30:18.23 0
カントリーでは母ちゃんしなきゃいけないから中々気を使うだろう
その点みやびちゃんは年近いから恋バナもできる

903 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:31:07.81 0
山木さんはきっと相手が女の子なら納得してくれるよ!

904 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:31:37.33 0
>>901
やっぱり毎日小説あると盛り上がるよね

905 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:32:16.68 0
山木さんもももち好きだから大変だねみやびちゃん

906 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:32:48.71 0
キスシーン(仮)って絶対山木さん帰った後にそれ以上のことしたよね…

907 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:34:25.53 0
山木さん口軽いなww

908 :ac253153.ppp.asahi-net.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:35:16.21 0
世界の美意識はこんなに違った。女性の”完璧なプロポーション”は 画像
http://inlook.zzux.com/ryosuke-tamura/used_clothes_b_201611199062.html

909 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:35:41.99 0
みやびちゃんみやびちゃん

910 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:35:55.40 0
>「二人ともまだ帰らないのー?」
早く二人を帰して何したかったのかな?

911 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:37:33.37 0
>>910
萌えた

912 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 00:37:41.60 0
山木さんさゆえりヲタらしいから
みやももなら全然セーフ

913 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 01:47:48.79 0
ん?ということはももちと雅ちゃんは普通におしゃべりしてたってことでいいんだよな?

914 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 05:25:30.62 0


915 :i121-112-20-58.s41.a043.ap.plala.or.jp@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 07:06:51.45 0
http://daily.privateimport.jp/newsdata/2016/20161114.jpg

916 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 07:38:11.36 0
ノノl∂_∂'ル < みんなおはよー

917 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 09:25:09.73 0
おはよう

918 :p53239-ipngn200301oomichi.oita.ocn.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 11:33:03.75 0
世界の美意識はこんなに違った。女性の”完璧なプロポーション”は 画像
http://inlook.zzux.com/ryosuke-tamura/used_clothes_b_201611199062.html

919 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 13:21:25.66 0
>>913
まあカップルなら普通のおしゃべりの一環としてチューくらいするしね

920 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:34:15.16 0
仕事終わりー

921 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:38:23.60 0
>>878
蛇足感は満載ですが桃子視点も実は書いてたので投下します
これで本当におしまいです


みやほど、分かりやすい人もなかなかいないよね。
無言でスマホをいじってるみやを眺めながら、しみじみとそう思った。

今日も帰りは迎えに来てくれるっていうから待ってたのに、やってきたみやはちょっと不機嫌だった。
不機嫌っていうか、どっちかというと拗ねてるってやつかな。
原因は何となく察しがついてる。
今朝はね、いつもの「いってきます」のちゅーがちゃんとできなかったんだよね。
ももはももで、ちょっと集合時間早めだったし。みやはみやで、夜は飲み会とかで帰りが遅かったし。
だからまあ、ももが起きなきゃいけない時間にみやが爆睡してたのは仕方ないことなの。
ももとしては、ちゃんとしたつもり……なんだけど、みやに言わせれば「覚えてないのはしてないのと一緒」だって。

そんな拗ねてるモードの夏焼さんは、楽屋に入ってくるなりももから少し離れたパイプ椅子に腰を下ろした。
いつもだったらももの隣に入りこんでくるくせに。
つまらなさそうにスマホの画面を見つめたまま、みやからは何も言ってくれそうにない。
もう片方の手は所在なさげに、持っていたペットボトルをいじっている。
本当、頑固で意地っ張り。おまけに意地の張り方がちっちゃい子と大差ないし。

「ねー、みや?」

こうなったらももから働きかけるしかないかって投げかけてみた言葉は、受け取られることなく床に落ちた。
さすがにちょっと傷つくんですけど?
頑なな態度にイラッときて、嫌味の一つでも言おうとしたところで、みやがぽつりと呟いた。

「……今日のこと、話してよ」
「え?」
「今日、あったこと」

みやの真意を測りかねていると、早くって急かされる。
そんな時でもみやの視線はスマホに落ちたままで、わけ分かんないけど言われるままに話題を探した。
お仕事はもちろん楽しかったし、休憩時間に舞ちゃんと結ちゃんが真剣に考え込んでいた話とか、やなみんのマシンガントークの内容とか——。

その時、みやの肩がわずかに揺れた気がして、あれっと思った。
もしかして、いやもしかしなくても、ウケてる?
ちょっと嬉しくなって、カラカラカラ、と頭の回転数が増したのを感じた。
口を押さえて、肩を震わせるみや。
視線は合わないままだけど、その反応が嬉しくてももの話す熱も上がっていく。
それでさ、その時の知沙希ちゃんの耳が真っ赤で、とか。
梨沙ちゃんがそれに対してツッコんで、とか。
吹き出しそうになったのを、何とか抑えようとするみやが見えた。
なんかもう、声を出さないことに意地になってるみたい。
そっちがその気ならこっちだってって思った矢先、ペキャ、と間抜けな音が響く。
床に転がるペットボトルが見えた。
勢い余って、みやが落としたらしいと分かった。
不意に、空気が途切れて。

922 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:38:52.19 0
>>921

すっと持ち上げた視界の先で、かちり、と合わさる、視線。
みやの瞳。
すきだよ、って熱さをもった視線。行為の最中に、真剣に言う時みたいな。
そんなの、ずるい。
眉毛だけを器用に動かして、それで、って催促されたような気がした。
ああもう、いいよ。根比べはももの負けでいい。

「……もぅ! こっちきてっ!」

よくできましたとでも言うように、みやが目を細めて。
その顔すきだなって、それだけでとくとくと心臓のテンポは速まる。
ぎ、とパイプ椅子が音を立てて、みやの視線はずっとももに集中していて、さっきと真逆。
みやに見下ろされて、ゆっくりと詰められる距離に耐え切れなくて目を閉じた。
柔らかい感触が唇にひとつ、額にひとつ、ほっぺにもひとつ。
そのままゆっくりと移動して、耳元にみやの吐息を感じた。
温かいものが耳朶に触れて、ぺろりと舐められただけでお腹の奥が疼く。

「さーて、帰ろっか?」

かと思えば、あっさりみやの体温は離れてしまった。
何事もなかったかのような、キラキラのアイドル全開スマイルが今は憎らしい。
なぜだか今日はみやが悔しいほどに余裕で、でもそんなところも言ってしまえば大好きで、ただただハマってちゃったなあって自覚させられる。

「もも?」
「……ずるい」
「何が?」

いつもだったら、誰か来るかもとか言ってもお構いなしに……その、最後までしてくれるのに。

「もも、帰る——」

よ、ってみやの語尾を掬い取るように口付けた。
首に両手を回して、もう一回と触れさせて、みやの下唇に軽く噛み付く。
積極的だねってにやつくみやの顔に、ほっぺたが熱を持った。

「……だって、みやが」
「誰かに聞かれたらどうすんの?」

ごくごく正論だけれど、今それ、要らないもん。
頬を膨らませると、ごめんごめんって軽いノリのままに唇を奪われた。

「声、我慢ね」
「……っ」

頷いてみたけど、正直自信はない。
ま、いいか、聞かれても。
そんなことを言いながら、みやの指が触れてくる。
手加減してくれるつもり、ないみたい。
理解したけど、流されないように。
みやの背中にぎゅっとしがみついて、ももはそっと瞑目した。

923 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:41:37.74 0
蛇足どころかメインですやん

924 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:47:56.44 0
>>922
終わり
あとは脳内補完してください

925 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 16:48:59.37 0
キスシーン(仮)どころではなかったw

926 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:03:59.25 0
いいとこで終わらないで!!!!

927 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:06:16.53 0
いってきますのちゅーワロタ
みやもも一緒に住んだらやりそう
二人ともそういうの好きっぽい

928 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:06:52.13 0
みやももただいま

929 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:11:12.04 0
ノノl∂_∂'ル < おかえりー

930 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:12:50.19 0
ル ’ー’リ<おつかれさまっ

931 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:20:05.12 0
世界の美意識はこんなに違った。女性の”完璧なプロポーション”は 画像
http://inlook.zzux.com/ryosuke-tamura/used_clothes_b_201611199062.html

932 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:23:27.78 0
給料日前だけどBuono!のBD店頭予約してきたよみやもも

933 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:27:34.76 0
みやももシーンカットされていませんように…

934 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:34:54.36 0
http://i.imgur.com/gPNRHck.gif

935 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 17:40:49.74 0
Buono!存続のためにもみんなBDDVD買おうな

936 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 18:02:15.85 0
めっちゃ良いところで終わってワロタ
書いてくれてありがとう

937 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 18:19:31.04 0
狼落ちてた?

938 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 18:20:44.62 0
落ちてたかも
さっきアクセスできなかった

939 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 18:59:19.90 0
>>935
おう
俺もまだ諦めちゃいないぜ

940 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 19:38:26.03 0
Blu-rayはここがどういうアングルになってるか
http://video.twimg.com/ext_tw_video/787550137958604800/pu/vid/1280x720/1DIRB1KwWQFobWny.mp4

941 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 20:18:34.33 0
>>940
ちょうどももちと雅ちゃんのパートだし見やすくしてほしいよな

942 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 21:16:13.69 0
スクリーンに映ってる方のアップの映像で欲しいな顔近いし萌えるわ

943 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 21:21:43.86 0
わかる
目の前で見れたヲタ羨ましい

944 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 21:56:07.00 0
>>943
だよな俺はアリーナ上手側で良く見えなかったからBDに期待してる

945 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:19:06.98 0
俺このとき双眼鏡で給食係を見ててそんな光景があること自体知らなかった

946 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:25:35.08 0
ももちガン見スタイルだがなんとか肉眼で見ようとしてたから気付かなかった
素直にスクリーンを追っていれば

947 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:26:42.51 0
武道館はスクリーン見るかメンバー見るかで何回も悩んだわ

948 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:29:21.09 0
行った人羨ましすぎる

949 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:31:42.76 0
ここの人たちでDVD観賞会とかやりたい

950 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 22:32:24.68 0
ももちと雅ちゃんガン見してたはずなのにこのシーン覚えてないわ

951 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 23:02:06.81 0
主にみやももシーンばかりに反応しまくる鑑賞会になるわけだな

952 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 23:17:54.76 0
愛理…って哀れむこともあるだろうよ

953 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/18(金) 23:38:25.75 0
州´^ v ^)

954 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 00:38:36.72 0
アリーナ2列目で楽しかったけどその場面とは逆側だったから気づきもしなかった

955 :om126212168067.14.openmobile.ne.jp@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 00:59:48.04 0
早く見たいね

956 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 05:32:00.41 0


957 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 08:31:06.68 0
みやもも

958 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 11:39:19.17 0
みやびちゃんみやびちゃん

959 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 15:40:52.21 0
今日中に完走するかな

960 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 18:29:05.09 0
すみません貴族パロ書いてた者ですがちょっと設定上で大きな矛盾が見つかって
それを埋めるために設定を根本から組み立て直してるので次の投下の目途が立たない状態です
代わりに別の中編を明日くらいからちょこっと投下する予定ですごめんなさい

961 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 18:55:16.53 0
今日も可愛い子供たちのアイドル、
ももち先生はピンクのエプロンがトレードマークの幼稚園の先生。
子供が大好きで選んだこのお仕事は大変だけど
子供のかわいさでそんなことは気にならない。
ある子供からは、ちょこっと舐めた態度をとられることもあるけど、
それはそれだけ親しみやすい先生ということ。
と開き直って今日もお仕事へ。

「「ねー、ももーあそぼー」」
「ももち先生でしょ!もう!」

休み時間になるといつも、ももち先生に
ちょっかいを出しに来るみやびちゃんとちーちゃん。
みやは5才だというのに茶髪でちょっぴり生意気。でも根はいい子。
ももち先生が受け持つもも組のかわいいかわいい園児なのだ。
「みやってももち先生のことが好きでしょ?」と
からかって一度聞いたことがあるけど
顔を真っ赤にしたみやに「違うもん!」と
腕を噛まれたのはいい思い出だ。
その話は置いといて、
おとなりのクラスのさきちゃん先生が受け持つれもん組のちーちゃんと仲良しなのはいいが、
2人して舐めた態度をとるのはどうしたものか。
とはいえ懐かれるのは嫌ではない。

「じゃあももが犬ね。ちーはママやる!」
「じゃあみやはパパ!」

いやいや、ままごとだとしてもパパママ犬って…。
犬いる?ねえももち先生いる?という問いかけもむなしく
おままごとは休み時間が終わるまで続いた。

962 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 18:55:58.69 0
>>961
ある日、そんな仲良しなちーちゃんとみやびちゃんが喧嘩をしたらしい。
さきちゃん先生に呼ばれて喧嘩現場に急いで行く。

「みやに腕噛まれたぁあああああ」

泣きながらさきちゃん先生に抱きついてるちーちゃん。
ももち先生の後ろには隠れてるみや。

「なんでちーちゃんのこと噛んだの?」
「・・・」
「こーら。黙ってちゃ分からないでしょ?怒らないから。なんで噛んだの?」
「・・・」
「理由言わないなら今日からももち先生はみやと遊んであげないよ?」

その一言を聞いてずっとちーちゃんを睨んでたみやの目がみるみるうちに潤んでくる。
これは泣いちゃうなと思って慰めようとした時にはもう遅い。
涙をボロボロ流して泣いてる園児が2名できあがってしまった。

「ぅ…うわぁあああああん」
「わかった、わかった。遊ばないっていうのは嘘だから喧嘩の理由教えて。ね?」
「ヒック…ヒック…。だってちーがもものこと短足ってゆうんだもん。あとねあとね、ばばちって…ヒック」

みやが話し出した喧嘩の理由を聞いて吹き出すさきちゃん先生。
ちょっと待ってよ。子供同士の喧嘩で貶されてるももちの気持ち考えてよ。

「だからみやがちーの腕噛んだの…。だってだってさきちゃん先生も短足だし、
おばーちゃんなのに!ちーはもものこといじめるんだもん!」

まだ続くみやから話される喧嘩の理由。
思わぬ巻き込み事故で深い傷を負ったさきちゃん先生を見て、
申し訳ないけど吹き出してしまう。
ごめんね、うちのクラスの子が無神経で。と心の中で謝る。
でもねももち先生のことを悪く言われたことに怒ったみたいでやっぱりいい子なの。かわいいでしょ?
まあ元を辿れば、みやがももちのことをばばちって言い出した記憶があるけど、そこは置いておこう。

「だからって噛むのはダメでしょ!分かった?」
「わかった…」
「じゃあちーちゃんに謝れる?」
「ちーごめんね」
「いいよ。もう噛まないなら一緒に遊んだげる」

子供の喧嘩はかわいいもので謝ったあとはもう2人で遊んでいる。
こういうのを見るとやっぱり子供っていいもんだなあと実感するのだ。

「いやあ子供の純真さは時に大人を傷付けるね…」
「ごめんねうちのクラスの子が。みやは良い子なんだけどね」
「私たち2人ともすごい勢いで貶されてたよね…」
「そうだねえ。まあでも子供って可愛いからさ!
さきちゃん先生元気にがんばりましょ!」

-------------------------------------------------------------------------------------

「という夢を見たんだけど、どう?園児プレイも良さそうじゃない?」
「やだよ!バカ」

おしまい

963 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 19:17:24.08 0
>>960
あまり気に病むことはないと思うぞ
書いてくれるだけでもありがたい
ゆっくり待つよ

964 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 19:18:48.06 0
みやびちゃん腕かみ過ぎワロタ

965 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 19:58:49.93 0
地味に悪口言われてる佐紀ちゃんにウケた

966 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 20:59:10.59 0
>>960
ゆっくり待ってるからじっくり仕上げてくれ
中編も楽しみにしてる

967 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 21:24:12.89 0
なんかめっちゃほのぼのとしたwww

968 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 21:33:30.72 0
こういうみやもも斬新だなあと思ったら夢オチで笑った
いいじゃん園児プレイ!

969 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 21:37:07.85 0
雅ちゃん幼児化のパターンは見たことあるけど逆って見たことない気がする

970 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 21:56:18.47 0
貴族パロの方はゆっくりで大丈夫ですよ
そういえばおぱょは自分も足短いからももちを短足でいじらないって言ってたなw

971 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/19(土) 22:13:27.26 0
また深夜に次スレになりそうな予感

972 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 00:12:42.54 0
園児みやちゃん純真でかわいいな
雅ちゃんて大人になっても根っこの純真さは変わらない感じがする

973 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 00:21:57.60 0
この年までずっとセーラームーンになりたいと思い続けてたわけだしな
反抗期も無く今もパパママと仲良しだし良い子
弟とは激しい喧嘩もしてたけどw

974 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 00:24:07.25 0
v ・)

975 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 00:26:33.99 0
どうした愛理

976 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 00:35:09.36 0
州´^ v ^)

977 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:16:42.85 0
突発媚薬ネタ
みやももエロです


---
少しだけ傾けてみると、"それ"はの手の中でキラキラと光った。
薄紫色の、透明な液体。
ぱっと見は薄い色のマニキュアか何かみたいで、とてもじゃないけどいかがわしいものには見えない。
まさかこれが薬だなんて、きっと誰も信じないと思う。

これをみやにくれたのは、妙な雰囲気のおばさ――じゃない、お姉さんだった。
長めの茶髪をアップにして、いわゆるギャルみたいな感じのその人は、エレガントなんちゃら、とか名乗っていた気がする。

「悩んでる顔だね」

下校中、そんな風に声をかけられたら、普通は逃げると思う。そうしろって学校とかでも言われるし。
でも何だかその時は、逃げる気にならなかった。
悩んでることは確かだったし、何よりその人に親近感を覚えて、ついつい足を止めてしまった。

「これを使いなさい」
「……? 何これ」

エレガントなんちゃらさんが差し出したのは、小瓶に入った薄紫色の液体。
綺麗だなって思っていると、その人は驚きの言葉を口にした。

「それね、魔法の薬」
「は?」

戸惑うみやをよそに、その人は勝手に説明を始める。
何でも、この薬を飲んだ人のタイエキを、一時的にビヤクとやらにしてしまう薬なんだとか。
よく分からなくて首を傾げていると、とにかく、と前置きをされて。

「あなたの唾液やらが、気持ちよくなる薬に変わるのです」
「……え」

意味ありげに微笑まれて、何もかも見透かされてるような気持ちになった。
どうして。どうして、みやの悩みが分かったんだろう。
お代はいらないからと押しつけられたそれを捨てるに捨てられなくて、その小瓶は今みやの手の中に収まっている。
——試してみる?
——でも、怖い。
何度かそのやり取りをくり返して、ちらりと時計を見ると裕に1時間は経っていた。
どうしよう、もうそろそろ、ももが来る時間になってしまう。
そう、もも。みやが悩んでいる原因は、もものこと。

978 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:17:20.41 0
>>977
全ての発端は、数日前の夜のこと。
ふわふわと夢を見ていたみやは、不規則な呼吸のリズムに揺り起こされた。
まだ覚醒しきってない頭でも、苦しそうだってことくらいは認識できて。
まさか、と目を開けようとしたところで、耳に入ったももの声にみやは固まった。
それはすごく甘い声で、確かにみやの名前を呼んでいて、そして、起きないでって祈るように繰り返されていて。
さすがのみやでも、ももが何をしているのか察しがつく。
そしてももの願い通り、何も知らなかったことにした。聞かなかったことにした。
だけど、その出来事は、ずっとみやの中に引っかかったままだった。

付き合い始めて、お互いの家にお泊まりすることも増えて、その、そういうことをする回数も増えて。
最初は興味本位な部分も大きかったけれど、すぐにうちらはのめり込んでいった。
けれど、大きな問題が一つ。
ももはそういうのがすごく上手い。それこそ、どこで覚えてきたのって勘繰りたくなるくらいには。
対してみやは、未だに、その……ももを、最後まで連れて行ってあげられてないんだと思う。
思う、っていうのは、ももが絶対にそういうことを言わないからなんだけど。
一応、行為の切れ目は作ってくれるけれど、それを言い出すのはももの方から。
ありがとうって言われて、優しいキスをくれて、どうしていいか分からないままにおやすみを交わす。
いつもはそのまま寝てしまうから、知らなかったんだ。
ももが、一人でしてるなんて。


「……どうしよう」

小瓶の中の液体が、誘うようにゆらめいた。
本当に効くのかどうか分かんないけど、試してみる価値はあると思う。
何より、ももに最後までしてあげたい。いつも、みやがしてもらってるみたいに。
それに、ほら。
これって、みやには効くけどももに飲ませるわけじゃないし。
最悪、みやの体がどうにかなるだけだし。
そう考えたら、ちょっとだけ勇気が湧いてきた気がした。
軽い音を立てて、携帯電話が着信を告げる。
もうすぐつくよってももからの知らせを受けて、みやはついにその薬を手に取った。

979 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:18:26.09 0
>>978


今日はみやが先にしたいって言ったら、ももは少しだけ驚いたようだった。
でも、いいよって言いながら、ふわって笑ってくれて、少しだけほっとした。
まずは、恐る恐る触れるだけのキス。何度か角度を変えて触れ合って、丁寧にももの口の中へと入り込んだ。
あの人の言ってたこと、本当なのかな。分かんないけど、いつもよりも念入りにももの口内を唾液で浸す。

「は、んぅ」

息苦しいのか、隙間からももの吐息が漏れるのが聞こえた。
ここまではいつも通り……だと思う。
効き目があるのかどうかって、どこまでやったら分かるんだろう。
ちょっと不安になって再びももの中に侵入しようとしたら、顔を背けられてしまった。

「……もも?」
「ごめ、ちょ、っと、まって」

よく見れば、ほっぺがいつもより赤い気がする。呼吸がいつもより早い気がする。
もしかして。本当に?

「ももー、みや、続きしたい」
「なんか、今日のみーやん……」

強気?って聞かれて、そんな風に見えるんだってしみじみ実感する。
薬が効くかどうかはともかくとして、ちょっとだけそれに自信をもらっているのは本当のこと。

「ね、もも」

片手でももの顔をこっちに向けさせて、キスを再開させた。
ほっぺの裏側を舌先で撫でると、ももの背中が大きく反る。

「ふ、ぁ、んんっ」

反応してくれるのが嬉しくて。そんなももが可愛くて。
溢れ出る感情に乗って、ももの口の中を味わうように舌先を遊ばせると、ももの体は面白いほどに跳ねた。
やっぱりいつも、こんなに反応大きくないよね。本当に効くのかな、あれ。

「みー、や、んっ、あぁっ」

ももの小さな手が、みやの頭をがっちりと抱き抱えてきた。
髪の毛に差し込まれた指先が、刺激に耐えるみたいにくしゃくしゃとみやの髪型を変えていく。

「もも、きもちい?」
「な、んか、ヘン……んゃっ」

ももの返答を待たずに、下着の上から胸を撫でる。ねえ、こっちはまだ舐めてないよ?

980 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:19:30.11 0
>>979
「ヘン? どんな感じで?」
「わか、な、っ、いっ」

単純な一つ一つにいちいち震える体が愛おしくて、堪らない、と思った。
もどかしい気持ちになりながら、上半身をはだけさせる。
いつもなら少し間を置くけれど、今日は待ってられなかった。
晒された胸の先端にいきなり吸い付くと、ももの口から声にならない声が漏れ出た。

「もも、すき」
「ぁっ、ん、もぉ、も、すき」

先っぽを指先で摘んで、弾いて、その間にも懸命に返事してくれるもも。
思わず唇へと舞い戻って、立て続けに数回、キスを送った。
そのままずるずると下がっていって、胸への愛撫を再開させる。
すでに硬くなってる先端を丹念に舐めて、その度に指先で塗り込んで。

「ね、みや、ん、なんか、やっぱ、ヘン……っ」

いつもと違う感覚に、ももが困惑してるのが伝わってきた。
ヘンって言うけど、気持ちいいのかな。どうなんだろう。
知りたくて、耳元に尋ねてみる。

「どう、ヘン?」
「胸、が、ぁっ、ジ、ンジン、する」

ジンジンか、そんな感覚なんだね。
ももにしてもらってる時でも、たぶんそこまで感じたことないから本当に敏感になってるみたい。
そのことに満足して、もういいよねって問いかけるとこくこくと頷かれた。
履いていたスカートに手をかけて、手伝うように浮いた腰に嬉しさは増していく。もどかしくて、下着もさっさと取り去った。

「……ちょ、もも」
「見ない、で」
「や、でも」

これは……さすがに、感動を覚えるレベル。濡れてるどころか、滴ってる。
早く脱がしてあげればよかった。下着もたぶん、洗わないと履けないと思うもん。

「……すごい」
「ゃ、だっ」

思ったままを口にすると、やめてって言うようにももの手がそこを覆い隠す。
して欲しいくせに、隠さないでよ。そう思ったけど、今日のうちには武器があるから。

「あ……っ?!」

あえてももの指先をぺろりと舐めてみた。人差し指、中指、その間。
じっくりと、指と指の間まで余すところなく濡らしていくと、ももの手がぎゅって握られた。
耐えてるのかな、可愛い。親指の横の柔らかな部分に噛み付く。

「ぁんっ、やっ」

強い刺激に引っ込められるももの手は追いかけず、ガードが薄くなっていたももの膝へと手を伸ばした。

981 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:20:56.16 0
>>980

「だ、ぁっ、め」

ダメって言われても、ももだって辛いでしょ?
そんな言葉は口にせず、入り口を緩く上下に撫でる。
すると、ももの腰がゆるゆると動き始めた。
みやの指を追いかけて、欲しい欲しいって言うみたいに。
こんなに切羽詰まったもも、初めて見る。
感動にも似た気持ちを覚えながら、うちはちらりとももを伺った。
いいかな、舐めても。
いつもなら、許可をもらうけど、今日はたぶんももだって余裕ないからね。いいよね。

「あぁっ、みやっ、んんっ」

舌先を押し当てただけなのに、ももの体が大きくしなる。
液体を塗り広げるように舌全体で舐め上げると、それだめってももからの言葉。
悪いけど、全然だめって言われてるように見えないよ、もも。

「み、やんっ、ぁ、う」
「ふぁ、に?」
「そこ、で、しゃべっ、なっ」

呼んだのそっちじゃん。
ももが何かを訴えるようにこっちを見つめてくるけど、あえて気づかないふり。
そろそろいいかなって舌先をぎゅっと押しこんだ。

「ぁっ、なん、かっ、やばっあぁっ」

その瞬間。
ももの体がびくびくと激しく震えて、みやの頭は太ももに挟まれる。
すごい力、痛いよって文句を言おうとしたら、ももの体からくたりと力が抜けたのが分かった。

「……もも?」

もしかして、もう? え、速すぎじゃない?
まだ、ちょっと挿れただけなのに。

「はぁ、あ、みー、やん……」

力の抜け切った状態で、ももの腕が伸びてくる。
素直にそれに従って腕の中に収まると、弱々しい力で抱きしめられた。

「もも、大丈夫?」
「だいじょ、ぶ、だけ、ど」

何か変なの使った?って尋ねる瞳は強い色。
その目には、弱い。
やばい、察されてる。
どうしようって少し迷ったけど、もう一回ちょっとキツ目に問いただされて。
結局、みやは本当のことを喋っていた。

982 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:21:13.40 0
>>981

「……あきれた。それで、その人のこと信じちゃったの?」

みーやんはバカだねえって心底あきれた表情。
ももの言う通りで、反論できない。どうせ、バカですよ。
でも半分くらいは、もものためだったのに。
ちょっと拗ねた気持ちになったけど、ゆるりと髪を梳くももの指先がそれを引き止める。

「あのね、もぉが言いたいのはそういうんじゃないの」
「じゃ、何?」
「本当は、毒薬だったりしたらどうするの?」

確かに、そうだけど。

「でも……もぉのこと、想ってくれてたのはとっても嬉しい」

ももはずるいと思う。
そんなに穏やかな表情で笑いかけられたら、どうすることもできやしない。

「もぉはね、みーやんに触られてたらそれだけで気持ちいいんだから」
「……イけなくても?」
「それって、そんなに大きな問題じゃないよ」

——みーやんが見つめてくれるだけで、みーやんが触ってくれるだけで、愛されてるなあって気持ちに満たされて、そういうのがももにとってはすごく大事なの。

きっと、本当は分かってた。……みやだって、そうだから。
あ、泣きそうって思った時には、つぅ、と肌を伝う水滴の感触があった。
慌てて誤魔化そうとしたけど、遅かった。
ももが、ふわりと微笑んだのが分かった。次いで、ももにそれを舐め取られる。

「……ありがと、もも」
「ん。分かればよろしい」

ところで、と、言葉が途切れて。
ももの腕に、ぐいっと引き寄せられるのを感じた。
若干の驚きと共に身を任せていたら、みやが押し倒してるような形にさせられていて。

「……どう、したの」
「あの、ね、みーやん」

——ごめん、まだ、足りないみたい。

ももの視線にあてられて、その熱っぽさにくらりと眩暈を覚えた。

「いいよ、いっぱいしてあげる」

ももの頬をやんわりと撫でて、唇へと吸い寄せられるようにキスをして。
このまま、夜が終わらなければいいのにって思った。


おしまい。

983 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:23:37.58 0
長さによってはレスしたらスレ終わっちゃうかなと思って黙ってた
ありがとうすごく良かった
ナイスエロ

984 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:27:17.43 0
涙も媚薬じゃん体力的に雅ちゃんが先にダウンしそうじゃん
ラブラブ感もあって良かったです乙

985 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:27:46.75 0
ほんとナイスエロだ
雅ちゃんらしい健気さもあるしかわいい
エレガントミーヤさんGJ

986 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:32:08.38 0
本編もナイスエロなんだけど雅ちゃんが寝てる横で一人遊びしてるももちがなんかこう、グッときた
新たな扉開きそうなレベル

987 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:35:21.04 0
エレガントミーヤさん乙
しかし体液が媚薬に変わるってエロすぎだろ

988 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 01:41:25.29 0
下校中って書いてあるし学生みやももかな
気にしなくてもこれから上達するさみやびちゃん!

989 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 02:06:50.15 0
>>986
わかる

990 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 07:01:00.36 0
起きたらエロいのきてた

991 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 08:43:57.88 0
みやももおはよう

992 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 08:52:23.30 0
州´^ v ^)エロみやもも最高やわ〜

993 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:04:09.10 0
なぜ愛理

994 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:05:36.31 0
次スレどうする
今たてたら手伝える人いる?

995 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:07:04.20 0
いけるぞ

996 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:17:08.37 0
次スレ

雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ 8 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1479600939/

997 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:24:00.76 0
次スレありがとう

998 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:35:16.68 0
次スレ乙です

999 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:37:33.31 0
埋めよう

1000 :名無し募集中。。。@無断転載は禁止:2016/11/20(日) 09:37:41.60 0
埋めましょ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 11日 8時間 53分 43秒

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

308 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)